television

考え方

テレビをこまめに消すことは必要か?

television

これは豊かさとお金の話です。

私は普段、できるだけ無駄な消費(浪費)を減らしたいと思っています。

ですから、テレビは必要ないときにはすぐに消しています。しかし、最近は子供がそこにいるときは例外になってきました。

(photo credit: William Hook via photopin cc

子供にとってのテレビ、大人にとってのテレビ

「テレビ~テレビ~」

子供がテレビをつけてと言うので、テレビをつけてあげます。しかし、ほとんどの場合すぐに別のおもちゃで遊びだします

「もう見ないのかな?」と思って消すと怒りだします。

どうやら、うちの子供にとっては、「テレビ=ついている雰囲気を楽しむもの」のようです。

私は「テレビ=みるもの」という固定観念でしだったから、「見ていない→無駄→消したい」と思ってしまいます。

しかしうちの子にとってはそうではないのです。それに、テレビを見ることにお金がかかることも知らないし、まだ理解できる歳でもないです。

我が家にとっての豊かさとは?

それなら、家族の「豊かさ」のためにテレビをつけておくのは、悪いお金の使い方ではないと思いました。

些細なお金の問題で子供の感情を害し、結果的に家族の感情をも害するぐらいなら、テレビをつけていてみんなの機嫌が良いという状態の方が望ましいと考えたのです。

これは投資とまではいかなくても、豊かさのための「消費」であって、浪費ではないと思います。

まとめ

ということで、私は子供が望むときはテレビをこまめに消さないことにしました。

もちろん、子供が大きくなったらきちんと説明するつもりですけどね。

あなたの家にとっての豊かさとは何ですか?そして、そのためにどのぐらいお金を使っても良いと思えますか?

関連記事

  1. タスク管理

    はまの24時間の時間割

    タスク管理や時間管理についての講演の際に「24時間の過ごし方」について…

  2. 育児

    子供に言わないようにしている言葉

    結論から言うと、「他人に言ってほしくない言葉」は娘に対して使わないよう…

  3. モノログ

    子供にLEGOを与えたら、父ちゃんも子供と遊ぶのが楽しくなった件

    私の母が、2歳半の娘のクリスマスプレゼントとしてLEGOの基本セットを…

  4. 考え方

    家事をゲーム形式で取り組んでみるアイデア

    最近、ライフエンジンのメンバーといっしょに、マジックキャッスルというス…

  5. bitcoin

    【2017年まとめ】会社に行かなくなったらお金や時間への価値観が激変した話

    2017年は自分にとって、お金と時間の価値について考えさせられる1年で…

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • m
    • 2014年 4月 17日

    子供にテレビをこまめに消すように言ったり、親が消したりするのは電気代が無駄だからというのは大きな理由ではないと思いますし、家族の機嫌を害さないのが豊かさだというのは
    少し単純すぎる論理だと思います。

SPONSORED LINK




はま中しょうご




化学研究者、ビジネス書作家、セミナー講師、セラピスト修行中、聴覚障害者、抑うつ性神経症患者でもある。

モットーは「現実はいつも甘くて美しい」。

詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。仕事に悩める会社員へ。

Amazonのほしいものリストを公開中です。

はまへの支援物資リスト

ブログで紹介したもの など


仮想通貨口座はbitflyerbitbankcoincheckを主に使用中。 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

↓私も購読中の1分で読める仮想通貨速報(LINE@) CoinPicks
こちらの画像からLINE@の登録リンクに飛べます。

↓私が毎日使っているタスク管理ツールです。 TaskChute
高機能の有料版と、体験用の無料版があります。

↓私も参加している有料オンラインサロンです。 LifeEngine
諦めきれない夢を追う同志が集い、日々語らっています。毎月講師を読んでのオンライン学習や、月末のオフライン定例会、不定期で合宿なども行っています。参加者の自発イベントでの交流も活発です。メンバー約60名。
PAGE TOP