TOEICのリスニング対策にツーフィンガー法が超有効でした!

Pocket

こちらの本を読んで知った「ツーフィンガー法」というテクニックが、TOEICのテストで大変有効だったのでシェアします!

概要としては、リスニングテストのPart3、Part4において、1つのトークから連続出題される3問のうち、2問の回答を指に覚えさせるというものです。

具体的なやり方

私はこれを応用して、スリーフィンガー法にしてやってみました。もし連続3問の解答が(C)(B)(D)だと思ったなら、次のようにします。

1.~~~~~~?

(A)~~~
(B)~~~
(C)~~~(中指でCを押さえる)
(D)~~~

2.~~~~~~?

(A)~~~
(B)~~~(人差し指でBを押さえる)
(C)~~~
(D)~~~

3.~~~~~~?

(A)~~~
(B)~~~
(C)~~~
(D)~~~(親指でDを押さえる)

問題文の読み上げが終わったら、指を見ながら即座に解答用紙に答えをマークします。

そしてすぐに次の設問を確認します。こうすることで、次に読み上げられるトークの中で何が話題にされているのかを事前に知る余裕ができます。

今までは問題1問ごとに解答用紙のマークを塗りつぶしていたため、次の設問の内容を確認する余裕がほとんどありませんでした。

しかし、ツーフィンガー法(スリーフィンガー法)を実施することで、全ての設問で事前に次の問題文のチェックをすることができ、余裕を持って回答することができました!

リスニングテストではすぐにマークを塗らず、レ点にする

合わせておさえておきたいテクニックとして、Part3、Part4ではマークをすぐに塗りつぶさず、レ点だけにしておくというものがあります。

こうすることで問題に集中する時間を少しでも多く稼げます。

レ点部分の解答は、リーディングテスト中に塗りつぶします。Part3、Part4の解答を全て塗りつぶしても2分程度でした。

リーディングテスト75分中の2分を使うことになりますが、リスニングテストの正答率が高まるのなら良い投資です。

その他にもいろいろと役に立ったテクニックがあるのですが、それはまた別の記事で紹介します!

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント 停止中