やりたいこと(夢)は人に語る方が成就しやすい

Pocket

b20150907

ザ・コーチ」にも「世界一ふざけた夢の叶え方」にもこの話が出てきました。「ユダヤ人大富豪の教え」の本田健さんの著書でもこのような話は出てきます。

このように、記事タイトルの内容はいくつかの成功本に共通して書かれていることですが、よくよく考えるほど、シンプルなのによくできている事象だと関心します。

まず、人に語るということは、その内容が人に伝わるように具体的なイメージや客観的な表現に置き換える必要があります。この過程で、自分のやりたいことについてますます理解が深まり、実現できそうだと感じることができます。

また、大きな夢や理想について熱心に語る人はすごく魅力的に見えます。そんな人であれば、応援してあげたいという感情が自然に湧き出てきます。ファン、サポーターが増えれば、それだけ夢が実現する可能性が高まるでしょう。

誰かが話す夢や理想の話というのはおもしろいです。それが意外であるほど興味を惹かれます。なぜそれをやりたいのか?それをやりたい理由は何なのか?いったいどうやって実現させるつもりなのか?誰かに夢を語ってもらうことは最高の娯楽です。楽しい時間を共有できた人であれば、ますます応援したくなります。

夢の話は聞く人を刺激し、もしかすると夢を語られた人のほうが先にやりたいことを成就させるかもしれません。すると、夢を語った側もまた刺激され、夢を実現させるためのやる気が湧き出るでしょう。

もしあなたにやりたいことがあるのなら、人に話してみるときっと前に進むはずです。

photo credit: Juan Aburto via photopin (license)

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント 停止中