はまの2015年に読んでおもしろかったマンガ10 #manga2015

Pocket

連載開始時期などを問わず、単に2015年に読んでおもしろかったマンガを挙げていきます。

ハッシュタグ「#manga2015」にて、おすすめのマンガを挙げていただける方も大歓迎ですよ!

1.ドリフターズ

戦争ものや歴史ものが好きな人ならたまらない!死んだはずの英雄が異世界へ飛ばされて大決戦!

主人公は島津豊久!メインキャラに織田信長、那須与一!主人公率いるエルフ軍&ドワーフ軍 vs 異世界の人間軍という戦いから、英雄同士の戦いまで何でもあり!

現在の登場キャラクターの例としては、ハンニバル、土方歳三、ジャンヌ・ダルク、安倍晴明、山口多聞、ラスプーチン、明智光秀、源義経ともう何でもありですね!ラスボスの黒王は多分キ○スト様じゃないかと思います…

2.謝男

やや下品な描写が多いため、人に勧めるには少し難ありの作品ですが、土下座を武器に話が進んでいくという異色すぎるマンガです。

プロの「お願い屋」である主人公が高校教師となり、様々な心の問題を抱える生徒たちに「お願い」することで心の問題を解決していくストーリーです。

作者は刃牙シリーズで有名な板垣恵介先生なので、感情的なシーンや、超常現象シーンは流石のものでした。

3.甘々と稲妻

シゴタノ!の記事で紹介したことがあるので、そのまま紹介文を引用してきますね!

2014年版『このマンガがすごい!』オトコ編で8位を獲得した料理マンガです。

妻に先立たれた若いパパと幼い娘、偶然出会った女子高生の3人が休日に集まって料理をするという内容ですが、ハートフル&ちょっぴり泣けるストーリーに引き込まれます。

私のように小さい娘さんがいるお父さんだったら高確率でグッとくる内容のはずです!もちろん料理のレシピもあり、うちの妻が参考にしています!

via いつもはすぐできる仕事にとりかかれないときにおすすめの方法 | シゴタノ!

4.バーナード嬢曰く

こちらもシゴタノ!の記事で紹介したことがあるので、そのまま紹介文を引用してきますね!

いかにラクして読書家っぽく振る舞うか?をテーマにしている主人公のバーナード嬢と、ライト読書家、ガチ読書家、図書委員が「読書」に関する独特の笑いの世界を繰り広げます。

個人的には、2巻の中で「…映画の中で『老人と海/ヘミングウェイ』を読んでいる人に『魚、釣れた?』って聞くやりとりが粋だよね」という話の流れで、『走れメロス』を読んでいる人に「メロス、激怒した?」と聞くバーナード嬢がツボでした。

村上春樹さんの作品や、アドラー心理学本の「嫌われる勇気」なども題材になっていますよ~
via 上司から曖昧な指示をもらったときの対処法 | シゴタノ!

5.きのう何食べた?

一応料理マンガなのですが、物語のメインキャラクターはゲイカップルという点が異色かもしれません。

主人公は50歳弁護士(男)、その恋人が48歳美容師(男)、この二人の同棲生活+人間ドラマの合間に安くても丁寧でおいしい料理が出てくるマンガです。

ゲイネタも多いですが、性的な表現は一切ないので安心して読めますよ~

6.くーねるまるた

こちらも料理マンガですが、いかにお金をかけずに料理や食事を楽しむか?というテーマです。

主人公の「マルタ」の設定が、日本好きで文学系で金髪グラマーな外国人女子、しかも貧乏だけど天真爛漫。あざとい、あざとすぎる…!

こんなこと言ってますが、物語は普通にほのぼのしてていいですよ。

7.乙嫁語り

19世紀頃の中央ユーラシアを舞台とした遊牧民族の日常を描いたマンガで、とにかく絵がきれいです!

20歳の主人公アミルが、12歳の少年カルルクのところに嫁ぐところから物語が始まるため、この二人の関係が進展していく様子も楽しみのポイントです。

主人公たちをメインとしたストーリーだけでなく、個性的なサブキャラクターをメインにしたストーリーも多く、いろんな視点から19世紀の中央ユーラシアを楽しむことができます。

8.FLIP-FLAP

ラブロマで有名な「とよ田みのる」先生によるピンボールを題材としたラブコメマンガです。

しかし、ラブコメよりも、ピンボールのような「ただ好きなこと」をひたすら極めることに意味はあるのか?という問いに対しての答えがこのマンガの魅力だと思います。

趣味に打ち込むことに気後れしてしまう人にぜひ読んで欲しいマンガです。

9.山賊ダイアリー

猟期の間は猟師、休猟期はマンガ家という暮らしをされている作者によるエッセイマンガです。銃で撃つ猟だけでなく、罠を使った猟や、たまに釣りのネタなんかもあります。

猟の話だけでなく、獲った獲物を食べる話も充実していて楽しいです!シカやイノシシといったメジャーどころだけでなく、カラスなんかも食べちゃってますよ(笑)

10.ヴィンランド・サガ

連載期間で言うと実はかなり長いマンガであり、以前から読んでいたマンガではあるのですが、2015年中の展開がさらにおもしろくてここに挙げました。

最初は北欧ヴァイキングの世界にどっぷりと浸かった血生臭い戦いのストーリーが進んでいくのですが、それがここ最近の物語の伏線になっているとは思っていませんでした!

目の前で父親が自分をかばって殺された幼少期、父親の仇の元で傭兵として殺戮に明け暮れた少年期、過去に自分が犯した罪に葛藤する青年期を通じて主人公が変化していく様子に惹きつけられます。

あなたのおすすめも教えてください!

いかがでしたか?本当は、最初は20冊のマンガを挙げていたのですが厳選して10冊としました!

あなたも2015年に読んだおすすめのマンガがあればぜひ教えたいただきたいです!その際はTwitterにてハッシュタグ#manga2015をつけていただければ幸いです!

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント 停止中