「今日の気分」を1ヶ月間、点数で評価してみてわかったこと

Pocket

12月から、一日の終りにTaskChute2で記録した行動記録を振り返りながら、「今日の気分」に点数をつけるという試みをしていました。

「特に何も無し」を3点として、「最高!」を5点、「いい感じ」を4点、「微妙」を2点、「最悪」を1点としています。

気分をなるべく定量的に表すために上記の目安を設けて評価していますが、実際にはだいたい感覚的に点数をつけています。

なぜ「今日の気分」を評価してみようと思ったのか?

私は時折、すごく落ち込んだ気分になってしまうときがあります。

落ち込んだ気分になってしまう状態は周期的に起こっていると以前から予想していたため、その周期を突き止めることが第一の目的でした。

また、単純にこの実験が楽しそうに思えたのも理由の一つです。

1ヶ月間ちょっと記録してみた結果とわかったこと

「4」がつく日は思いの外多い

記録をつけていなかった日を除くと、32日間点数をつけることができました。

平均点は「4.1」でした。この点数に関しては特に驚きませんでしたが、記録を続けている間は「思いの外、4点がつく日って多いんだな」と驚いたものです。

「5」をつけても理由は忘れている

5点がついた日は6回ありました。これは思ったより多いと感じました。これに関して驚いたのは、「最高!」と思った日が6回もあったにも関わらず、「最高と思った理由」を忘れている日が多いことです。

私はTaskChute2やGoogleカレンダーなどの記録を振り返ることでその理由を思い返すことができましたが、もし何も記録を残していなかったなら、良い思い出がほとんどなかった1ヶ月だと記憶していたことでしょう。

落ち込む周期はわかったのか?

今のところわかっていません。この1ヶ月では、「1」をつけたのは1回だけ、「2」をつけたのは0回だったからです。

これについてはもう少し記録を取り続ける必要がありそうです。

この習慣は私の夢を測定するツールになるかもしれない

私は「人生を常に楽しく生きる」ことを夢としています。

そのためにいろんなことを試したり、自分の中の不安や課題と向き合う日々を過ごしているのですが、「夢は叶い続けているのか?」という視点にたったとき、「今日の気分に点数をつける」という習慣はとても相性が良いように思えます。

早い話、毎日「4」以上の点数がついているなら、私の夢は叶い続けていると思えるからです。

そういった面でも、今後もこの習慣を続けていきたいと思っています。

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント 停止中