Twitterのフォローを外す基準をまとめてみた

Pocket

2月16日に「いつ眺めても楽しい世界」をつくるため、Twitterのフォローを思い切って整理しますという記事を書いてから、少しずつTwitterのフォローを整理し始めています。

2月17日の今、スタートの853人から17人減って、836人となっています。

今日は現在のフォローを外す基準について、自分の整理を兼ねて紹介します。

「今」の自分が見たいツイートがほとんどない

タイムラインを眺めていて、なんとなく違和感を感じたアカウントがあったら、まずはそのアカウントのツイート画面を見に行きます。

ざっと画面をスクロールしてみて、興味を惹かれるツイートがないようであれば、フォローを外すようにしています。

この場合以前の記事でも言いましたが、そのアカウントが悪いわけではありません。

単に「今」の私にとってピンとくるアカウントではなかったというだけです。

数秒で連続してツイートしている

主にBOTやニュース系のアカウントであることが多いです。

ツイートの中身が本当に好みが合っている場合は外していませんが、ほんの数秒の間に、5~10程度のツイートを投下しているアカウントを見つけたら基本的にフォローを外すようにしてみました。

ほとんど興味のないツイートが連続してタイムラインに流れてくることを避けたいと思ったためです。

ほとんどのツイートが批判

批判すること自体を毛嫌いしているわけではありませんが、アカウントのツイート一覧を見た時にほとんど批判で埋まっているアカウントについてはフォローを外すようにしました。

このようなアカウントは単に批判が多いだけでなく、言葉遣いも私の好みに合わないことが多く、できるだけそういったツイートを目にしたくないと思った結果です。

今のところのフォローを外す判断基準は以上の通りとなりました。今後も進展がありましたら報告記事を書いていきます!

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント 停止中