複数の趣味を持つと心が折れにくくなる

Pocket

現在思い切りペニーボードにはまっているHamaです。

子供と公園に行く際のお供にペニーボードを購入しました!
2日目でペニーボードのプッシュができるようになりました!

ペニーボードを毎日少しでも練習することを楽しみに過ごすようになった結果、最近かなり下がり気味だった自分の精神状態が上向きになってきました。

そこで改めて感じたのが、複数の趣味(リフレッシュ手段)を持つ大切さです。

1つだけの趣味は「しがみつき」を助長しかねない

「しがみつき」というのは、「自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れを取る技術」の中で紹介されている状態で、過度の疲労やストレスから逃げようとする結果、特定の行動を行うことに執着し続ける状態です。

例えば、毎日仕事が忙しくて疲れているのに、憂さ晴らしに夜遅くまでネットサーフィンやゲームなどをせずにはいられないといった状態も「しがみつき」の一種と言えるでしょう。

仕事に「しがみつく」人もいますが、多くの場合は趣味や娯楽が「しがみつき」の対象となりやすく、特に趣味が1つしかない場合は「しがみつき」を助長しやすくなります。

「しがみつき」は疲労やストレスの悪循環を強めてしまうのですが、本人は「それをやめたら心の逃げ道が無くなる」と思っているためなかなか止められません。

そこで有効なのが「複数の趣味を持つこと」なのです。

性質の異なる趣味を持つと効果的

特に、「ランニング」と「マンガを読む」などのように、「体を動かす趣味」「静かに行う趣味」をあわせ持つと良いと言われています。

今回の私の場合、「体を動かす趣味」が不足していたため、「ペニーボード」がぴったり合ったということです。

最近うまく気分転換ができないとお悩みの方は、複数の趣味を持つことも検討してみはいかがでしょうか?

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント 停止中