[LoL]良い/悪い/普通のADCの6つの違い(翻訳記事)

Pocket

LoLの様々なTIPS動画を投稿しているYoutuberかつEUのダイヤ1プレイヤーであるPhylolの動画の翻訳記事です。


6 differences between a GOOD, AVERAGE & BAD AD CARRY – League of Legends

日本のADCのみなさんの参考になれば幸いです!

1.ダメージトレード
2.レーンコントロール
3.チームファイト
4.チームファイトに負けたとき
5.戦闘中のオートアタック
6.アイテムビルド

1.ダメージトレード

悪いADC

・しない。

普通のADC

・相手のスキルがクールダウンのときにスキルで行う。(相手のダメージスキルやブリッツのQがクールダウンのときなど)

良いADC

・相手のスキルがクールダウンのときにAAとミニオンを活用して行う。

2.レーンコントロール

悪いADC

・考えない。

普通のADC

・流れに任せる。
・有利をとれるときにプッシュする(主に相手のCS妨害を目的とする)

良いADC

・状況に応じてプッシュとフリーズを使い分けられる。

3.チームファイト

悪いADC

ターゲット:誰でもいい。もしくは相手のキャリーを狙いに行く。
位置取り:ターゲットを狙うのに忙しくて考えられない。
戦闘前:ただ待っている。

普通のADC

ターゲット:一番近い敵を狙う。
位置取り:ターゲットしている敵に依存する。
戦闘前:安全最優先で後ろで待つ。

良いADC

ターゲット:安全に撃てる敵を狙う。死なないと計算できれば奥の敵も狙う余裕がある。
位置取り:周囲の敵全て(視界外も含む)を考慮して考える。
戦闘前:優位をとるためにPoke、AAを仕掛ける。

4.チームファイトに負けたとき

悪いADC

・死ぬ。もしくはただ逃げる。

普通のADC

・なるべく逃げながらAAをするが、自分が狙われたら逃げる。

良いADC

・逃げながら常にKite(引き撃ち)する。

5.戦闘中のオートアタック

悪いADC

・立ったまま行う。

普通のADC

・必要に応じて移動しながら行う。

良いADC

・常に移動しながら行う。
・何が起こるか予測しながら移動する。

6.アイテムビルド

悪いADC

・いつも同じビルドにする。

普通のADC

・状況に応じてビルドの順番を変えたり、ビルドを変えたりする。

良いADC

・ゲーム開始10~15分の間に、ビルドの完成形を思い描けている。

こちらの記事もいかがですか?

[LoL]SoloQの掟25ヶ条がおもしろすぎるから翻訳してみた

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント 停止中