【失敗体験談】小さなお子さんをお持ちの方々へ

Pocket

中学校卒業のときに記念にもらった目覚まし時計(しかも私達の卒業とともに廃校)。

以来10年以上私の朝を支えてくれた目覚まし時計。

友達以上恋人未満の女の子との思い出もつまった目覚まし時計。

それを娘に無残にも分解され、落書きまでされて、修復不可能にされてしまったのが私です。


子供の手の届かないところに保管することと、目覚まし時計を普段使いすることの両立は、少し難しいことだったのであります。

ガラクタとなってしまった残骸を未練がましく持っていましたが、このたび手放そうと思います!

結論

・大事なものは、できるだけ子供の手の届かないところに。
・子供と親で価値観は違う。(親子どころか大人同士でも当たり前ですが)
・思い出のモノを手放すときは、写真をとってバイバイする。

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。