ライフオーガナイズ

【失敗体験談】小さなお子さんをお持ちの方々へ

中学校卒業のときに記念にもらった目覚まし時計(しかも私達の卒業とともに廃校)。

以来10年以上私の朝を支えてくれた目覚まし時計。

友達以上恋人未満の女の子との思い出もつまった目覚まし時計。

それを娘に無残にも分解され、落書きまでされて、修復不可能にされてしまったのが私です。


子供の手の届かないところに保管することと、目覚まし時計を普段使いすることの両立は、少し難しいことだったのであります。

ガラクタとなってしまった残骸を未練がましく持っていましたが、このたび手放そうと思います!

結論

・大事なものは、できるだけ子供の手の届かないところに。
・子供と親で価値観は違う。(親子どころか大人同士でも当たり前ですが)
・思い出のモノを手放すときは、写真をとってバイバイする。

関連記事

  1. 育児

    ママ、がんばらなくていいよ。ぼくのおむつはぼくがはずすから。

    結論から言います。お母さん、子供のおむつは無理に外さなくていい…

  2. 記念

    化メ研2011年12月の振り返り

    ちょっと遅れてしまいましたが、2011年の12月の振り返りを行います!…

  3. 記念

    ブログをやっていてよかったと必ず思う日

    1月17日は私の誕生日でした。今年も50人を超える方々からお祝…

  4. 記念

    ブログを移転しました!

    みなさんお久しぶりです!1週間更新を止めている間にブログを書き…

  5. 育児

    泣いてる子供にはYes、Noの質問をしてあげてほしい理由

    泣いている子供に対し、多くの人は「どうしたの?」「なんで泣いてるの?」…

SPONSORED LINK




はま




化学系、会社員、文筆家、趣味で深層心理学のカウンセラーをやったりもしています。

詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。

Amazonのほしいものリストを公開中です。

はまへの支援物資リスト

PAGE TOP