漫画

32歳、うつ休職中サラリーマン、生きるために漫画を描くことにしました。

突然ですが、32歳にしてマンガを描くことに決めました。

目的は、口頭や文章以外のアウトプット手段として、「マンガで伝える」を習得したいことと、うつ病で日常生活もままならず、趣味のゲームもめっきりやる気がなくなってしまったので、新しい生きる理由が欲しかったのです。

なぜマンガを描きたいという気持ちに至ったのかと言うと、大きく2つの要因があります。

1.とよ田みのる先生の影響


何気なくとよ田みのる先生が、マンガを書き始めたのは25歳からというツイートをしていて衝撃を受けました。


そうしたら、たまたまとよ田みのる先生が私のツイートに言及していただいたばかりか、デビューに至っては30歳だったという話を聞いて、本当に、すごく勇気づけられました。

過去にも「バクマン。」を読んで、マンガを描くということに強く興味を持ったこともあったのですが、そのときはすでに一日中仕事をする生活に悪い意味ではまりこんでしまっていたので、本気描こうという気になれませんでした。

2.日本橋ヨヲコ先生の影響

日本橋ヨヲコ先生の「少女ファイト」にガツンとやられました。その後、「G戦場ヘブンズドア」も読みました。

本当に偶然で、1,2巻無料購入ならとりあえず買っておくかーと軽い気持ちで買っておいて、思い出したころに読み始めたら、その日のうちに13巻まで全部購入して読んでしまいました。1回だけじゃなくて、何度も最初から読みました。

マンガというのは、おもしろく見せるためのセオリーがあります、これを語るととたんに作品がおもしろくなくなってしまう可能性があるので詳しくは語りませんが、そのセオリーを満たした上で、日本橋ヨヲコ先生が伝えたい「不器用な生き方をしている人に知ってほしいことがある」というメッセージががんがん伝わってきたことに加え、僕自身のこれまでの生き方が主人公の「大石練」とダブってしまって、もろに感情移入してボロボロ涙が出てしまいました。

「おもしろいなー!」じゃなくて、「このマンガ、すごい」と思わされたのはすごく久々です。

3.液タブ購入しました

ということで、今日からマンガを描きますとTwitterで宣言。嫁と相談し、iPadProでデジタル絵の感触を試させてもらった結果、いきなりですが、液タブとCLIP STUDIO PAINTを購入することに決めました。

何事も、熱中できそうな新しいことを見つけたら、できるだけ一番いい環境を揃えて始めるのが僕のやり方です。サーフィンのときもそうでした。道具や環境を言い訳にしたくないから、現時点で手を出せる最高の道具、環境でスタートしたいんです。

幸い、商業マンガ家の友人や、絵描きの友人はたくさんいるので、みんなも貪欲に利用させてもらうつもりです。

うつ病のときに何か新しいことを始めるのはご法度とされていますけど、ぼくは今とにかく生きる理由が欲しい。何から手を付けていいのか正直わからない部分が多すぎますが、ぼくはスタートアップの要領の良さには自信があるので、なんとかなると思います。あと、僕は作品を公開することにあまり羞恥心がない・・・はず。

将来的なことは全くわからないけど、ぼくがマンガ家になっていく過程、どこにいきつくのか、それをみなさんにも楽しんでもらえたらと思います。

購入したものなど

今なら1巻、2巻が0円で「購入」できます。お試し版ではないです。このセールはもう2,3日で終わりそうとのこと。

少女ファイトの中で出て来るあるマンガ家の若き頃を描いた作品です。少女ファイトを読んでから読むと、味わい深いです。(逆の順番も然り)

Wacom MobileStadio Pro 13(こちらはタブレットPC)と迷ったのですが、持ち運びをできるという利点だけで+6~7万円を出す価値を見いだせなかったので、Cinteq Pro 13にしました。一応、商業マンガ家の方などにも相談して、「まずはCinteq Pro 13でデジタル絵に慣れなさい。」とアドバイスをいただいたのでそうしました。

明日、液タブが届くので楽しみです。そしたらCLIP STUDIO PAINTを購入します!合計で多分15万円ぐらいの出費になりますので、いろいろと心配してくださる人が多かったのですが、大手企業で10年以上仕事しかしてなかった人間なので、当分、金銭面での不安はありません(笑)

将来的に金銭面の不安が全く無いかと言われたら嘘になりますが、最長で2年2ヶ月休職できますし、今回に関してはかなり重度のうつ病であることを身内も理解してくれているため、金銭的な援助もいろいろと受けています。だから多分、僕が死ななければなんとかなります。

うつ病で毎日不安定な日々を過ごしていることは相変わらずなので、どういうったペースで上達して、どこで挫折するかわかりませんが、この先どうなるのかわからないことが不安ではなくワクワクであるという状態が、うつ病の今非常にうれしいです。無理せず、がんばります!

関連記事

  1. うつ病

    うつになってしまった人の気晴らしにおすすめしたいアニメ5作品

    ぼくは2016年12月に抑うつ性神経症で休職してから、生まれて初めてた…

  2. 漫画

    トレース第2回目は「うしおととら」の獣の槍にチャレンジしてみました。

    初めてトレースしてみました。書き上がったイラストを公開します。…

  3. 書籍紹介

    誰が読んでもおもしろい小説は「なぜ序盤で読者を引き寄せられるのか?」

    今、ライトノベル寄りの小説を書いています。そこで最近のライトノ…

  4. 漫画

    漫画のコマ割りってどうやるの?セオリーとか調べてみた。

    32歳、うつ休職中サラリーマン、生きるために漫画を描くことにしました。…

  5. 書籍紹介

    マンガ「四月は君の嘘」全巻読了4回目の感想

    マンガ「四月は君の嘘」全巻読了4回目。四月は君の嘘(1) (月…

  6. 漫画

    プロ漫画家のペン入れをリアルタイムで見て超感動した話

    クリスタ(CLIP STUDIO PAINT)の使い方がわからない部分…

SPONSORED LINK




はま中しょうご




化学研究者、ビジネス書作家、セミナー講師、セラピスト修行中、聴覚障害者、抑うつ性神経症患者でもある。

モットーは「現実はいつも甘くて美しい」。

詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。仕事に悩める会社員へ。

Amazonのほしいものリストを公開中です。

はまへの支援物資リスト

ブログで紹介したもの など


仮想通貨口座はbitflyerbitbankcoincheckを主に使用中。 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

↓私も購読中の1分で読める仮想通貨速報(LINE@) CoinPicks
こちらの画像からLINE@の登録リンクに飛べます。

↓私が毎日使っているタスク管理ツールです。 TaskChute
高機能の有料版と、体験用の無料版があります。

↓私も参加している有料オンラインサロンです。 LifeEngine
諦めきれない夢を追う同志が集い、日々語らっています。毎月講師を読んでのオンライン学習や、月末のオフライン定例会、不定期で合宿なども行っています。参加者の自発イベントでの交流も活発です。メンバー約60名。
PAGE TOP