グラブル

【グラブル】古戦場Ex+でのチャンク集めにトレハンを入れる意味はあるか?

結論から言うと「あります」。ただし、高速でチャンクを集めたい人にはあまり関係ないです。

トレハン、ドロップ率アップを入れることで「チャンク」「栄光の証」「SR武器」「SSR召喚石」「SSR武器」などが出る確率が増えます。

次の画像を使って詳細を説明します。

このドロップ画像は、Ex+を自発し、3位になったときのドロップ画像です。
ドロップ率アップに関係する条件としては、風見鶏Lv3、3凸兎、無凸カグヤ、トレハン9です。

赤枠で囲っている部分は、ほぼ確定でドロップする箱です。
青枠で囲っている部分は、自発報酬の赤箱です。
緑枠で囲っている部分は、順位報酬の箱です。
黄枠で囲っている部分が、確率によって出現する箱、つまりトレハンなどによるドロップ率アップの影響を受ける箱です。

チャンク集めを重視する場合

トレハンを入れたり、カグヤなどの召喚石を装備して火力が下がることにより、討伐時間が著しく伸びる場合は、ドロップ率アップの努力をするより、素直に高速で討伐するか、2位を狙う方が効率が良いです。

過去の有志の検証結果では、チャンク収集の効率は2位>MVP≒3位と判明していますので、可能であれば2位、それが無理ならMVPか3位を狙って高速周回するのが良いです。

もちろん、ドロップ率アップによって確率で出現する箱のドロップ率が増えるので、ドロップ率アップの工夫をしても高速でEx+を周回できる場合は、獲得できるチャンクの数が少し増えます。

栄光の証、SR武器、SSR召喚石なども欲しい場合

チャンクの他に、栄光の証、SR武器、SSR召喚石、SSR武器などを収集したい場合には、トレハンを入れる意味はあります。

ただし、SSR武器の出現確率はとても低いので、主に栄光の証やSR武器(餌用)を集めたい場合や、たまに出るSSR召喚石を砕いて虹色石やエレメントを集めたい場合に有効です。


↑トレハンアップで栄光の証がもらえるとうれしい。


↑確率箱、順位箱、自発箱でチャンクが出た場合こうなります。


↑確率箱(金)からSR武器、順位箱からアークエンジェル武器。


↑このように、Ex+からSSR武器も稀に出ます。トレハンを入れるとSSR武器のドロップ率が増えます。

参考

関連記事

【グラブル】古戦場初心者用まとめ(予選編)
【グラブル】古戦場初心者用まとめ(本戦編)
【グラブル】本戦グループB出場を狙う団の貢献度目安(2017年4月)

関連記事

  1. グラブル

    【グラブル】フェンリル討滅戦・フィンブル用トレジャー数計算シートを作ったよ

    いつも通り、目標とするトレジャー数をすぐ計算できるよう、Goo…

  2. HLマルチ攻略

    【グラブル】アポロンHL攻略用スプレッドシート

    団内でアポロンHLを連戦するためのスプレッドシートを作りました…

  3. HLマルチ攻略

    【グラブル】ナタクHL攻略用スプレッドシート

    団内でナタクHLを連戦するためのスプレッドシートを作りました。…

  4. グラブル

    【グラブル】Webブラウザ版のサイドメニュー領域を消す方法

    ↑グラブルのWebブラウザ版の画面右側に表示されるサイドメニュー(…

  5. グラブル

    【グラブル】四大天司ラファエルExの攻略方法(立ち回りなど、具体例有り)

    何かとやっかいな特殊行動持ちの四大天司ですが、今回はラファエル(風属性…

  6. グラブル

    【グラブル】古戦場初心者用まとめ(本戦編)

    初めて古戦場に参加する人を対象とした記事です。今回は本戦での準…

SPONSORED LINK




はま中しょうご




人間セラピスト。会社員兼作家。作業効率化、タスク管理、時間管理のプロでもあります。
モットーは「現実はいつも甘くて美しい」。詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。仕事に悩める会社員へ。

会社員のための究極のタスク管理 「君ならまかせて安心」と言われる仕事術/浜中省吾

Amazonのほしい物リストを公開中です。超感謝します。

贈り主にはまが毎日感謝するリスト

ブログで紹介したもの など


仮想通貨の口座はcoincheckを使用しています。 ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

↓私が毎日使っているタスク管理ツールです。 TaskChute
高機能の有料版と、体験用の無料版があります。

↓私も参加している有料オンラインサロンです。 LifeEngine
諦めきれない夢を追う同志が集い、日々語らっています。毎月講師を読んでのオンライン学習や、月末のオフライン定例会、不定期で合宿なども行っています。参加者の自発イベントでの交流も活発です。メンバー約60名。
PAGE TOP