Amazonでロキソニンを購入してみた。購入数制限があるんだね。

Pocket

AmazonでロキソニンSが購入できるようになったと聞いたので、早速購入してみました。

さて、ロキソニンSは、「ロキソニンS」「ロキソニンSプラス」「ロキソニンSプレミアム」と3種類あるので、まずは何が違うのか調べてみました。

3種類のロキソニンSの違いについて

こちらのサイトの記事がとても丁寧に解説されていました。
3種類のロキソニンの成分を比較して違いを考察してみた


via 3種類のロキソニンの成分を比較して違いを考察してみた

↑記事から成分表をお借りしてきました。さて、詳細は元の記事を参照いただければと思うのですが、ざっくりと説明すると次の通りです。

ロキソニンS:医療用ロキソニンと同じ。
ロキソニンSプラス:胃を守る成分として酸化マグネシウム配合。
ロキソニンプレミアム:補助鎮痛成分を追加。1回2錠なので価格が高い。

どのロキソニンSがいいのか?

私は、先程紹介した記事を読みながら、価格と効果を見比べて「ロキソニンS」にしました。

判断の決め手となった文章をいくつか引用します。

そもそもロキソニンSは胃への負担は軽いのが特徴なので胃薬が絶対に必要ということはありません。それでも心配な人向けに胃薬を微量配合しています。
via 3種類のロキソニンの成分を比較して違いを考察してみた

金色のパッケージがプレミアム感をかもしだしていますが、成分的には大したもの追加になっていません。そして、なによりも高い。気をつけてもらいたいのが1回2錠でロキソニンSと同じ量のロキソプロフェンになるので錠数で単純比較すると単価にだまされてしまいます。
(中略)
ロキソニンが効かないからパワーアップしたプレミアムにして見ようと考える方は多いと思いますが、鎮静成分とカフェイン追加して劇的に効くようになるかというと微妙なとこだと思います。
via 3種類のロキソニンの成分を比較して違いを考察してみた

実際にAmazonで購入してみた

ロキソニンで検索し、お目当てのロキソニンSを購入しようとしたものの、「1-Click購入不可」とのことだったので、カートに入れて次に進みました。

↑年齢、性別、用途などを入力していきます。

↑次に進んだページで、薬の説明を受けます。

↑一番最後までスクロールし、「お薬の説明を理解しました。薬剤師への質問もありません。」を選択し、次に進むをクリックします(本当に問題がない場合ですよ)。

せっかくなんで、2パッケージを購入しようかなと思い、数量変更をしようとしたのですが、1パッケージしか購入させてもらえませんでした。1パッケージで購入を確定させた後にもう一度チャレンジしましたが、数量が強制的に0になってしまい、購入不可能でした。

この購入数制限が、1日なのか、1週間なのか、1ヶ月なのかはよくわかりませんでした。わかる方がいらっしゃったら教えていただけるとありがたいです。

しかし、こうやって頭痛薬などがインターネットで購入できるようになったのは本当に助かりますね。なお、領収書はきちんと保管しておくほうがいいです。確定申告の際に医療費控除を申告する人は必要になりますので。

追記:注文した夜にAmazonファーマシーの薬剤師さんから購入許可のメールが届き、翌日に発送。翌々日にポストにロキソニンSが紙袋に梱包されて投函されていました。

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント 停止中