セラピスト

マンガ名言の考察「お前がそう思うならそうなんだろう、お前ん中ではな」

※わずかにネタバレ注意


via 少女ファイト(1) (イブニングコミックス)

「お前がそう思うならそうなんだろう、お前ん中ではな」

ネット上の煽り文句としてもよく使われるこの言葉、これは日本橋ヨヲコさんのバレーマンガ「少女ファイト1巻」の中で出てくる言葉です。

この言葉がなぜ人の心を掴むのかというと、「事実は事実であり、その解釈は各個人の主観に委ねられる」という物事の本質を突いているからだと考えます。

背景としては、メインヒロインの大石練が精神を病み、自分の姉が死んだ原因を、当時姉とコンビを組んでいたセッターが姉にボールを集め過ぎたために、姉がヒザを痛め、交通事故を避けきれず死んだのだと主張し、それに対して幼馴染の式島滋がこのセリフを発します。

(事故時の事実は物語が進むにつれて明かされます。ただ、メインヒロインだけが事実を知らされていなかったというストーリーなので、この場合ではメインヒロインを責めることはできません。)

「ザ・ワーク 人生を変える4つの質問」などの著者で知られるバイロン・ケイティも、「私たちの心を乱すのは、現実に起きていることではなく、起きていることに対する考えである」と言います。

事実を事実として受け入れず、誤った解釈をするために、私達は心の葛藤を抱え、ネガティブな感情に飲み込まれてしまうのです。

少女ファイトという作品について

少女ファイトの中では、他にも自己啓発書などでよく紹介される考え方などが、キャラクターの個性、ストーリー展開とうまく組み合わせて登場してきます。(アドラー心理学の嫌われる勇気とか)

私は、日本橋ヨヲコさんはマンガの読者達に対し、「思春期または人生における生き辛さについてどう向き合うか?」をマンガを通じて伝えたいのではないかなと、深読みしながら少女ファイトを愛読しています(笑)

関連書籍

関連記事

  1. セラピスト

    事実は事実であり、その解釈は各個人の主観に委ねられる

    「ザ・ワーク 人生を変える4つの質問」などの著者で知られるバイロン・ケ…

  2. 書籍紹介

    コーチングについて2冊の本から学びをスタートしました

    先日、大下千恵さん(@yawn_c)とお会いした際に、「燃え尽きのよう…

  3. Blog運営

    個人ブロガーは「知るべし、書くべし、休むべし」

    インベスターZという投資を題材とした漫画の中で、相場の格言として以下の…

  4. 書籍紹介

    仕事は得意な部下に任せよう!「部下を持ったら必ず読む「任せ方」の教科書/出口治明」

    ライフネット生命の代表取締役会長兼CEOの出口治明さんの本です…

  5. 書籍紹介

    Facebookを楽しむコツは○○の写真をとること!食事でも風景でも家族でもなかった!

    「Facebookって、何がおもしろいのかわからない」「リア充の人…

SPONSORED LINK




はま中しょうご




セラピスト。32歳からの人生の生き直し1年生。一児の父、化学研究者、ビジネス書作家、セミナー講師、聴覚障害者、抑うつ性神経症患者でもある。

セラピストとして多くの人達の人生のサポーターをしています。モットーは「現実はいつも甘くて美しい」。

詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。仕事に悩める会社員へ。

Amazonのほしいものリストを公開中です。

はまへの支援物資リスト

ブログで紹介したもの など


仮想通貨口座はbitflyercoincheckを主に使用中。 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

↓私も購読中の1分で読める仮想通貨速報(LINE@) CoinPicks
こちらの画像からLINE@の登録リンクに飛べます。

↓私が毎日使っているタスク管理ツールです。 TaskChute
高機能の有料版と、体験用の無料版があります。

↓私も参加している有料オンラインサロンです。 LifeEngine
諦めきれない夢を追う同志が集い、日々語らっています。毎月講師を読んでのオンライン学習や、月末のオフライン定例会、不定期で合宿なども行っています。参加者の自発イベントでの交流も活発です。メンバー約60名。
PAGE TOP