bitcoin

BTC暴落時のメモと今後の見通し:2017年末~2018年2月

ビットコイン暴落時のことを忘れないようにちょっとメモを。

↑ビットフライヤーBTC現物の3日足チャートです。

まず12月に100万を超えたあたりでびっくりでしたね。当時、9月から10月頃は、「年末に70~80万に届けばいいよね」と話していたぐらいだったので、このあたりから少し違和感を覚え始めました。

200万を超えたあたりで、さすがにこんな価格がつくのはおかしいと冷静になりはじめ、130万まで暴落した後、170万円でビットコインを売りました。

240万前後をピークに下落しはじめるものの、大きく下落したときはだいたい「出来高」がとても小さく、買い板が薄いところに無理やり売り崩しを行った形跡が散見されました。そのため、ウォール街、または機関投資家による売り浴びせ→狼狽売りを誘ったという見方もチラホラ。

実際に、3回ほど値段が落ちたときには、出来高が異様に薄い。

また、ビットフライヤーのBTC-FXの価格乖離が20%を超えたことにより、価格乖離を是正する処置をとる旨のツイートがビットフライヤーから定期的に出され、その度にビットコインの価格が10-20万下落する現象が見られたことから「加納砲」「YUZO砲」などのスラングが生まれる。

※ちなみに2017年末にこのツイートをきっかけとした(?)大量売りに巻き込まれ、ロスカットしたのは忘れられない思い出です。笑

最高値から230万から130万に一度下落した後、その後、3回の大きな下落が起きるが、その度にみんなが「ここが底」と楽観視していた。3回の下落時の下値は100万、78万、64万と、過去の調整下げの値段とほぼ一致。

果たして、自分たちは今この図のどこにいるのだろうか?

ビットコインのマイニング原価は、およそ1BTCあたり30~60万と言われている。そのため、1BTCが60万を切れば、新規参入したマイナーはかなり苦しい状況に追い込まれるだろう。

古参のマイナーであれば、1BTCのマイニング原価が10~20万と言われているため、1BTC30万程度までは耐えられるだろうが、もしここで20万を切るような事態があれば、BTCの送金が停止、そして価値を失い、BTCの陥落により暗号通貨市場そのものが消滅する可能性もある。

ただ、暗号通貨(仮想通貨)という新しい収入源を見つけた各国政府は、これを利用してうまく儲けたいだろうと考えるので、いろんな規制をつくりながらも、完全に市場を潰すようなことはしないと自分は思っています。

直近では、ゴールドマンサックスが出資しているCircle社がpoloniexを買収したり、しかもその際に米国証券取引委員会(SEC)とCircle社が裏で交渉していたと情報リークがあり、SECが仮想通貨市場に対して柔軟な姿勢を見せ始めたとも考えられます。

古いニュースではありますが、ゴールドマンサックスが仮想通貨のトレード部門、取引仲介部門、情報売買部門をつくる動きもあるようですし、今後どうなっていくのか楽しみです。

関連記事

  1. BitZeny

    仮想通貨コツコツ投資法(2)BitZeny(ZNY)のソロマイニングを行う

    追記)ソロマイニング3ヶ月ほどやりましたが、掘れるときは一気に60ZN…

  2. bitcoin

    住信SBIネット銀行からcoincheckへの日本円入金にかかる時間

    自分用のメモです。個人の住信SBIネット銀行口座から、coinchec…

  3. bitcoin

    あなたはビットコインの原価を知っていますか?

    最近、あるオフ会でビットコイン(BTC)の原価の話をさせてもらう機会が…

  4. bitcoin

    BTC-FX市況予想11月21日-本日もチキンレース開催中

    引き続き、本日も上げトレンド目線ではありますが、そろそろ下落調整が…

  5. COMSA

    COMSAのトークンセールって何ですか?(ホワイトペーパーを解読してみたよ)

    前回の記事:COMSAって何ですか?(ホワイトペーパーを解読してみたよ…

  6. bitcoin

    BTC-FX市況予想11月22日-短期下げトレンド、長期上げトレンド

    本日は今のところ短期下げトレンド目線です。ただし、4時…

SPONSORED LINK




はま




化学系、会社員、文筆家、趣味で深層心理学のカウンセラーをやったりもしています。

詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。

Amazonのほしいものリストを公開中です。

はまへの支援物資リスト

PAGE TOP