カテゴリー : モノログ

私のairpenの使い方-Evernoteとの連携が便利-

Pocket

airpen MINIを使ってるんで、購入を考えてる人の参考になれば。
まずairpenはどのぐらい読み取ってくれるのか
ということで改めて試してみました。まずはノートにゆっくり文字を書いてみる。
airpenで実際にかいてみた1-1
これを読み取った結果がこれです。
airpenで実際にかいてみた2
最後の「!」以外は全部読み取れてますね~
じゃあ次は出来る限り早く書いてみます。
airpenで実際にかいてみた1-2
airpenで実際にかいてみた3
これも最後の「!」以外は読み取れてますね…これは予想外でした。
ということで、多少下手な字でもairpenは読み取ってくれることがわかりました。
Evernoteとの連携(アップロード)
けっこう楽です。airpenで筆記した後、airpenのデータを専用ソフトで吸いだすと、まず筆記画像が出てきます。これを「文字認識」させてテキストが打ち出されます。
(※吸いだした際に同時に文字認識するようにも設定できます。私はそうしてます。)
あとは上の画像にもうつっている「Evernote」アイコンをクリックすれば、自動でEvernoteにノートを作成し、画像をアップロードしてくれます。ちなみに、このとき作成されるノートのタイトルは「ファイル名.拡張子」になります。
[airpen]×[Evernote]私の使い方
どんなときにairpenを使うのか
私はノートにメモをとるときにairpenを使用しています。紙に書いたメモはそのままスキャンすればいいですが、ノートは連続スキャンできないからです。ノートにメモをとる状況は、
・ミーティング
・箇条書きで頭の中を整理したいとき
などです。
airpenの「データ」と「残った紙」の使い分け
ちなみに筆記している最中に「メモ書き」を残すときは、「普通の赤ボールペン」で紙に書き、airpenには記録しないようにしています。これは、airpenのデータは「Evernote向けの記録」、残った紙は「レビュー材料」として使い分けているからです。
※メモ書き=GTDでいうところの「次にやるべきこと」などを思いついたら書く。
テキストを付与してEvernoteの検索精度を高める
airpenの文字認識で打ち出されたテキストは、ほとんどそのままEvernoteのノートにコピペします。認識の際に生じた誤字が多少あっても気にしません。要は「画像内検索」に「テキスト検索」を付与することで、Evernoteの検索精度が高まればそれでいいからです。
airpenを使う際の注意点
小さいメモなどには使えない
RHODIAような小さいメモなどに筆記する場合には基本的に使えません。その理由は以下のとおり。
・airpenの起動は3秒かかる。
・airpenは紙の各端から内側に2cmのデッドゾーン(認識しづらい)がある。
紙が不安定な状態で書かない
平らな机やバインダーの上など、しっかり安定しているところで書かないと「自分が不安になる」からです。実際はそこまできっちりしていなくても読み取ってくれるのではないかと思いますが、不安を感じながら筆記すると集中できませんので…
まとめ
・Evernoteとの連携はとても便利
筆記した文字がデータに残る&テキスト化ってなんか便利そう!という考えで購入すると持て余す危険がありますが、使い方をきちんと意識すればかなり便利なツールです。

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

[airpen]第1回 使用レポート

Pocket

先週の出張でairpenを積極的に使ってみたので、その結果をレポートしてみます。
(1)手書きとパソコン出力のいいとこ取り
airpenを使って筆記すれば、筆記と同時に文字のテキスト化が行われますし、手書きで文章をまとめることで頭の中も整理しやすいです。図の追加や行間のメモ書きも容易です。まさに手書きとパソコン出力のいいとこ取り。
(2)筆記記録の精度はばっちり
ばっちりでした。文字だけじゃなく、図を書き足したり、一度電源を切ってからまた書き足しても、紙に書いた内容と同じように記録されています。
(3)OCRの精度はぼちぼち
これは私の文字がそんなに上手でないことも関係していると思うのですが、誤認識がまぁまぁあります。特に、専門用語や数字が多い文章だったり、箇条書きのような断片的な文章だと誤認識が多いような気がします。きちんとした文法で書いてあげればそれなりに精度が高いです。あとで少し修正してやればOKな範囲。
あと気をつけないといけないのは、紙に対して少し斜めに文章を書き連ねていたりすると、違う行の文章が混ざってしまうことがある点です。きちんと横一列に文章を書いてあげないとだめですね。
(4)Evernoteとの連携は良好
データ編集用ソフトに「Evernoteにアップロード」ボタンがあるのでそれなりに快適です。OCRした文字は直接アップロードできないっぽいのだけ不便です。一度WordかNotepadに出力し、それをEvernoteにコピペしてます。
また使っているうちに何か気がついたらレポートしていきます。

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

airpen MINI+Uをプレゼントされました

Pocket

嫁が誕生日プレゼントにぺんてるの「airpen MINI+U」をくれました!
早速使ってみたんですが、文字認識率がなかなか高い!
さらに、手書き文章をワンクリックでEvernoteにアップロードしてくれるのもとても良い。
(※アップロード時のファイル形式はオプションで設定できます。)
これがあれば、A4用紙への手書きのメモ書きや、
ノートにとったメモをパソコンに打ち込む手間から開放される…
これはいいものだ。
ところで、Evernoteとの連携について少し気になった点があります。
デフォルトではなぜかEvernoteが認識されなかったんですが、
オプションのアプリケーション連携のタブを見てこれを発見。
airpen設定1
指定フォルダが「Evernote3.5」になってますね。
私の使用環境では「Evernote」なので修正しました。
airpen設定2
これでairpenと象さんのワンクリック連携が可能になりました~
ちなみに私はpdf形式でアップロードするようにしました。
txt形式を指定してもEvernote上のノートに自動記入されないようなので、
ノートには文字認識で出力されたテキストを自分でコピペする必要があるようです。
今後使ってみていろいろ気がついた点などがあればまた報告します~

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」