カテゴリー : モノログ

[Android]機種変更してまたいれたアプリ33

Pocket

先代のMEDIASの調子が悪くなったため、数日前に新しいMEDIASに交換してもらいました。その際に引き続きインストールした便利なアプリたちを紹介します。
最優先でインストールしたアプリ10
1.Evernote
もはや説明不要の超便利アプリ。一番先にインストールしてノートの同期を始めたいですね。ウィジェットを使えばこのアプリだけでFasteverっぽく使えます。
2.No Lock
環境設定をしている間、毎回ロック画面を解除するのは面倒ですよね。
3.AiWiFi
スマートフォンでとった写真を各種クラウドサービスに自動送信してくれる神アプリ。私はこれを使って、写真をDropboxとEvernoteに二重バックアップしています。AndroidはSDカードのデータが突然消失することがよくあるので、こうしたバックアップが重要です。
4.Foursquare
お出かけが楽しくなるアプリ。チェックイン抜けがあると悔しいので、すぐにインストールしました。
5.GoランチャーEX
ホーム画面のサイズ編集機能のほか、独自ショートカット作成機能、アプリ使用履歴の確認、メモリ解放などの便利機能が多数備えられているランチャーアプリです。@piyohiko0117さんに教えてもらってからずっと使ってます!
6.GoLauncher EX Notification
Gmailの新着メール数をGmailのアイコンに表示するためのエクステンションです。最近不具合でうまく表示されないことがあるのですが、とても便利なアプリです。
7.gReader
Googleリーダーとの連携が容易なのがとてもうれしい。UIだけを比べれば他にもっといいリーダーアプリはありますが、機能面ではやはりこのアプリが1番だと思っています。
8.Tweetdeck
カラム表示がうれしいツイッタークライアント。公式RTも見逃さずキャッチしてくれますし、FacebookとTwitterのタイムラインをいっしょに見ることもできてとにかく便利。Twiccaなども試してみましたが、閲覧のしやすさではやはりTweetdeckが一番だと思います。
9.モバイルSuica
データセンターにいつまでも端末情報を預けておくわけにいきませんので、すぐにインストールして回収しました。
10.ジョルテ
Googleカレンダーとの連携がうれしいスケジュール管理ソフト。ウィジェットも充実していてとにかく便利です。
Android マーケット
また使いたいと思ったのでインストールしたアプリ23
11.AmazonJP
買い物をするとき、Amazonで買ったほうが安いのか、店頭で買うほうが安いのかを即座に知るために使います。Amazonの方が安いならアプリからそのまま買っちゃいます。操作性もGood!
12.AndExplore
ファイルエクスプローラーアプリです。使用頻度は低めですが、たまにSDカードの中をファイルエクスプローラー形式でのぞきたいときがあるので、そのときに使います。
13.BLOCCO
「月~金の8:00になったら自動でマナーモードON」をするために入れています。これに限らず、特定のスイッチに対して何か動作をするという設定が自由にできるのが魅力のアプリです。
14.ChatWork
ChatWork上で進めているプロジェクトがいくつかあります。出先でプロジェクトの進捗を確認するためにいれています。
15.Dropbox
スマートフォンとPCのデータのやりとりを円滑にするために入れています。
16.Facebook
出先でFacebookを確認するために入れています。
17.Ice Galaxy
Coolなライブ壁紙です。消費電力も気にならない程度でGood。
19.iKnow!
有料英語勉強サイトの公式アプリです。すきま時間に場所を選ばず英語が勉強できるところがうれしいです。
20.iPaper
Instapaperへの記事登録と、記事の閲覧・編集が可能なアプリです。出先での暇つぶしに重宝しています。
Android マーケット
21.MirenBrowser
スマートフォン用のタブブラウザです。とにかく動作が軽快です!
22.Nonストレス軽快メール
ワンタップで新規メール作成画面を高速で立ち上げるメールソフトです。書いたメールはSPモードメールとして送信されます。
23.SilentBoot
電源ON時の効果音を鳴らなくするアプリです。地味ですが出先で便利。
24.QuickPic
使いやすいビューワーアプリです。写真閲覧はずっとこれです。
25.Skitch
写メールを送るとき、写真に注釈をつけるために使っています。便利です。
26.Smart Battery Monitor
ステータス画面に電池残量のアイコンを表示するシンプルなアプリです。残量が%で表示されるのが便利です。
27.Smart Rotator
画面のローテーションを行う/行わないをアプリごとに設定できるという便利なアプリです。これがあれば寝転がっての操作も快適になります。
28.SportyPal Pro
ランニング時の経路とタイムを記録するために入れています。
29.Tumblife
ホーム画面から1タップでTumblrのダッシュボードにこんにちは!LikeとReblogのみに特化しているので、動作もすごく軽快でお気に入りです。ひたすらLikeとReblogをしていたい人にはまじでおすすめです。
30.乗換案内(ジョルダン)
東京方面に出かけるときに重宝してます。アプリを一度終了させても、次に立ち上げたときには前回の検索結果が表示される点が地味に便利。
31.PostEver
布団の中で思い付いたことをだらだらとメモするために使っています。単発の思いつきはEvernote公式アプリのウィジェットで事足ります。
32.QRコードスキャナー
ないとどうにもならないので!
33.ShrinkPipe
画像のサイズ(解像度)を小さくしてくれるアプリです。ガラケーの方に写メールを送るときに使用しています。そのまま写真を送ってしまうと相手側のパケ代がえらいことになるので…
Android マーケット

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

意外に簡単&安い!ブロガー名刺の自作にチャレンジしました!

Pocket

かん吉さん(@kankichi)のこちらの記事を参考に、私もブロガー名刺を自作してみました。

名刺を自分で作る方法

自作を思い立った理由

業者にお願いするとなると、デザインをどうするか悩んでしまうんですよね。

でも、悩み続けていつまでも名刺がないよりは、拙くても名刺がある方がオフ会でのコミュニケーションは円滑になるはずです!

ということで伝えたい情報を羅列した名刺をとりあえずつくることにしました。

使用したもの

・コクヨの名刺作成ソフト「合わせ名人」(無料)
・エレコムの名刺用印刷紙
・家庭用インクジェットプリンター(ブラザー)

実際に作ってみました

p0920-1.jpg
出来上がった名刺がこれ!表が上の画像の通りで、裏にはリアルの名前などを印刷しました。

専用ソフトを使えば意外に簡単

合わせ名人はPowerPointでスライドをつくる要領で名刺をつくれますので、思ったより簡単でした。テキストボックスを配置して、画像をはりつけて、作成時間は15分ぐらい?

エレコムの印刷紙を使いましたが、KOKUYOの印刷紙型番LBP-VC10を指定することで問題なく作成できました。(余白の寸法などが全く一緒であることを確認済みです。)

自作名刺はけっこう安い

用紙代が530円/120枚=約4.5円/枚
印刷コストが40~50円/10枚=4~5円/1枚(両面フルカラー)

名刺1枚あたり9~10円、100枚作っても1000円以内で済む計算になりますね~

名刺を台紙から剥がす手間はありますが、慣れれば2分で10枚をはがせるので許容範囲だと思いました。

名刺に印刷した情報

表側

ハンドルネーム、Twitterのアイコン、ブログ名、Twitterアカウント、キーワード

裏側

氏名、メールアドレス、Facebookアカウント、キーワード

としてみました。

使用した印刷紙

近所のホームセンターで買ったエレコムの名刺用印刷紙です。

名刺の切り取り形態は、マイクロミシンよりもクリアカットがおすすめです。ミシンだと名刺の端っこのザラザラ感がどうしても残ってしまうのですが、クリアカットであればそれがありません。

しばらくは自作で行こうと思います

安いですし、何よりも手直しが簡単なので、しばらくは自作ブロガー名刺で行こうと思います!まだ名刺をもっていないブロガーさんはぜひ試してみてはいかがでしょうか~

関連記事

【使ってみた】クリーニングペーパーでプリンタ・スキャナの紙送りが好調に! | はまラボ
→両面印刷を何度も行なっていると、紙送りのローラーがインクで汚れて不調になってしまうのですが、クリーニングペーパーで解消できました。

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

防水スマホはお風呂で使えないしストラップもつけられない

Pocket

1.ストラップを付けられない。

ストラップは防水じゃないことが多いですよね。

2.実はお風呂でうまく使えない

実際にお風呂の中で使おうとしたら、水滴がタッチパネルの操作を邪魔するのでうまく使えませんでした…

防水ケータイのときなら問題なかったんですけどね。

3.お風呂でケータイやスマホが使える利点

お風呂で浮かんでは消えるあのグッドアイデアをもれなくキャッチできる快感を味わうとたまらないですよ!

また、お風呂の中だと気持ちがポジティブなので、ちょっとした用事やメールがすぐに済ませられるのもとてもいいです。

今日のワンちゃん


via addelburgh

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

私のairpenの使い方-Evernoteとの連携が便利-

Pocket

airpen MINIを使ってるんで、購入を考えてる人の参考になれば。
まずairpenはどのぐらい読み取ってくれるのか
ということで改めて試してみました。まずはノートにゆっくり文字を書いてみる。
airpenで実際にかいてみた1-1
これを読み取った結果がこれです。
airpenで実際にかいてみた2
最後の「!」以外は全部読み取れてますね~
じゃあ次は出来る限り早く書いてみます。
airpenで実際にかいてみた1-2
airpenで実際にかいてみた3
これも最後の「!」以外は読み取れてますね…これは予想外でした。
ということで、多少下手な字でもairpenは読み取ってくれることがわかりました。
Evernoteとの連携(アップロード)
けっこう楽です。airpenで筆記した後、airpenのデータを専用ソフトで吸いだすと、まず筆記画像が出てきます。これを「文字認識」させてテキストが打ち出されます。
(※吸いだした際に同時に文字認識するようにも設定できます。私はそうしてます。)
あとは上の画像にもうつっている「Evernote」アイコンをクリックすれば、自動でEvernoteにノートを作成し、画像をアップロードしてくれます。ちなみに、このとき作成されるノートのタイトルは「ファイル名.拡張子」になります。
[airpen]×[Evernote]私の使い方
どんなときにairpenを使うのか
私はノートにメモをとるときにairpenを使用しています。紙に書いたメモはそのままスキャンすればいいですが、ノートは連続スキャンできないからです。ノートにメモをとる状況は、
・ミーティング
・箇条書きで頭の中を整理したいとき
などです。
airpenの「データ」と「残った紙」の使い分け
ちなみに筆記している最中に「メモ書き」を残すときは、「普通の赤ボールペン」で紙に書き、airpenには記録しないようにしています。これは、airpenのデータは「Evernote向けの記録」、残った紙は「レビュー材料」として使い分けているからです。
※メモ書き=GTDでいうところの「次にやるべきこと」などを思いついたら書く。
テキストを付与してEvernoteの検索精度を高める
airpenの文字認識で打ち出されたテキストは、ほとんどそのままEvernoteのノートにコピペします。認識の際に生じた誤字が多少あっても気にしません。要は「画像内検索」に「テキスト検索」を付与することで、Evernoteの検索精度が高まればそれでいいからです。
airpenを使う際の注意点
小さいメモなどには使えない
RHODIAような小さいメモなどに筆記する場合には基本的に使えません。その理由は以下のとおり。
・airpenの起動は3秒かかる。
・airpenは紙の各端から内側に2cmのデッドゾーン(認識しづらい)がある。
紙が不安定な状態で書かない
平らな机やバインダーの上など、しっかり安定しているところで書かないと「自分が不安になる」からです。実際はそこまできっちりしていなくても読み取ってくれるのではないかと思いますが、不安を感じながら筆記すると集中できませんので…
まとめ
・Evernoteとの連携はとても便利
筆記した文字がデータに残る&テキスト化ってなんか便利そう!という考えで購入すると持て余す危険がありますが、使い方をきちんと意識すればかなり便利なツールです。

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

[airpen]第1回 使用レポート

Pocket

先週の出張でairpenを積極的に使ってみたので、その結果をレポートしてみます。
(1)手書きとパソコン出力のいいとこ取り
airpenを使って筆記すれば、筆記と同時に文字のテキスト化が行われますし、手書きで文章をまとめることで頭の中も整理しやすいです。図の追加や行間のメモ書きも容易です。まさに手書きとパソコン出力のいいとこ取り。
(2)筆記記録の精度はばっちり
ばっちりでした。文字だけじゃなく、図を書き足したり、一度電源を切ってからまた書き足しても、紙に書いた内容と同じように記録されています。
(3)OCRの精度はぼちぼち
これは私の文字がそんなに上手でないことも関係していると思うのですが、誤認識がまぁまぁあります。特に、専門用語や数字が多い文章だったり、箇条書きのような断片的な文章だと誤認識が多いような気がします。きちんとした文法で書いてあげればそれなりに精度が高いです。あとで少し修正してやればOKな範囲。
あと気をつけないといけないのは、紙に対して少し斜めに文章を書き連ねていたりすると、違う行の文章が混ざってしまうことがある点です。きちんと横一列に文章を書いてあげないとだめですね。
(4)Evernoteとの連携は良好
データ編集用ソフトに「Evernoteにアップロード」ボタンがあるのでそれなりに快適です。OCRした文字は直接アップロードできないっぽいのだけ不便です。一度WordかNotepadに出力し、それをEvernoteにコピペしてます。
また使っているうちに何か気がついたらレポートしていきます。

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」