カテゴリー : Evernoteでタスク管理

【連載6:Evernote-タスク管理】ノートの記述形式を定めて視認性UP

Pocket

【連載5:Evernote-タスク管理】ノート記述で重宝する4つの機能 | はまラボ
前回の記事です

前回はノート記述の際に大変重宝するEvernoteの機能について説明しました。

今回は実際のノート記述形式について紹介していきます。記述形式を定める理由は、ノートを見やすくするためです。


photo credit: joe.ross via photo pin cc 続きを読む

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

【連載5:Evernote-タスク管理】ノート記述で重宝する4つの機能

Pocket

【連載4:Evernote-タスク管理】「入り口」を決めて秩序を維持する | はまラボ
前回の記事です。

今回と次回の連載で「Evernote-タスク管理」におけるノート記述の方法について解説していきます。

今回はノート記述の際に大変重宝するEvernoteの機能について紹介したいと思います。


photo credit: joe.ross via photo pin cc 続きを読む

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

【連載4:Evernote-タスク管理】「入り口」を決めて秩序を維持する

Pocket

【連載3:Evernote-タスク管理】基本のノートブック構成と運用方法 | はまラボ
前回の記事です。

前回の記事で、「作業場」のノートが30を超えたあたりからストレスを感じるという話をしました。今回はその対処方法の1つを紹介します。

結論から言いますと、発生したタスクや資料の「入り口」となる「書類受け(Inbox)」のノートブックをつくります


photo credit: joe.ross via photo pin cc 続きを読む

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

【連載3:Evernote-タスク管理】基本のノートブック構成と運用方法

Pocket

【連載2:Evernote-タスク管理】Evernoteでタスク管理を行う利点 | はまラボ
前回の記事です。

前回の記事で、「Evernoteでタスクを管理すると検索が便利」という説明がありました。

しかし、検索だけを頼りにタスクを見つけ出すことは限界があります。タスクに関係するノートが増えてくると毎回検索を行うことが苦痛になるはずです。

そこで、タスクを整理するためにEvernoteの「ノートブック」を複数使う必要が出てくるのです。


photo credit: joe.ross via photo pin cc 続きを読む

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

【連載2:Evernote-タスク管理】Evernoteでタスク管理を行う利点

Pocket

【連載1:Evernote-タスク管理】概要と基本思想 | はまラボ
前回の記事です。

前回の記事では、 次の2つが「自分の気が済む程度まで」できている状態がこの「Evernote-タスク管理」の目標だと説明しました。

・「気になること」はEvernoteに記憶させ、頭をすっきりさせる。
・「気になること」と「Evernote」を定期的にチェックする。

なぜタスク管理にEvernoteを使うのか?

上記の目標を達成できるツールは他にもたくさんあります。ではなぜここでEvernoteを選ぶのでしょうか?

それは、Evernoteは1枚の紙にまとめる感覚で「記録」「思考」「画像」「ファイル」「リンク」などの情報を添付でき、しかも無数の紙から検索で1枚を見つけ出せるようなツールだからです。

今回の記事ではEvernoteでタスク管理を行う利点について詳しく説明します。
photo credit: joe.ross via photo pin cc 続きを読む

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」