カテゴリー : 生活の知恵

356 急いでシャワーを浴びるときのコツ

Pocket

1.立ったままシャワーを浴びる
座るとどうしてもゆっくりしてしまうので、シャワーヘッドを一番高い場所にかけたまま、ずっと立ったまま体を洗います。立ってシャワーを浴びると、全身にお湯が伝うので体も温まりやすいです。
2.最後に頭を洗い、一気に洗い流す
最初に顔と体を洗っておき、泡はそのままとしておきます。立ったまま体を洗っていますので、最後に頭を洗うことで、顔や体の泡もいっしょに洗い流せます。
3.浴槽の中で体を拭く
シャワーだと十分に体が温まらないので、少しでも体を冷やさないように、暖かい浴室の中で体を拭きます。意外にベタベタしたりしないので快適です。
今日の猫ちゃん
p0223.jpg

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

捨てられないモノは写真におさめ、思い出を写真に「移す」

Pocket

“こうすることでわりと効果があるのが、ゲームを心置きなく消せること。” Evernoteをゲームのために使う Evernoteの使い方17 | goryugo http://t.co/vxLkAUqbTue Feb 21 03:34:20 via web


↑の記事の中で、ゲーム内のお気に入りのシーンなどをスクリーンショットで残しておくことにより、ゲームを心置きなくアンインストールできるという利点を挙げられています。

[断捨離]物を捨てられない僕が物を捨てることで感じたこと | delaymania
思い出の品は写真に撮って捨てました。 iPhoneで撮ればめんどうじゃなかったし、高画質なので踏ん切りがつきました。 …

↑モノも同様です。思い入れのある品も、写真を残しておくことで捨てやすくなります。

私も服や雑貨などを捨てるときには、捨てる前に写真をとるようにしています。そうすることで、捨てることに対して本当に心が軽くなるんですよね。

思い入れのあるものを捨てるとき、私たちの心は「自分の思い出」も捨てるような気持ちになって葛藤するのかもしれません。

ですから、「自分の思い出」を捨てるわけじゃないと自分に言い聞かすためにも、思い出自体は「写真」や「デジタルメモ」に移すのが良いかもしれませんね。

こちらの記事もいかがですか?

整理収納セミナーに行ってきたのでポイントを12個にまとめてみた

今日の猫ちゃん

p0222.jpg

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

化学者が教えるマウスやマウスパッドをきれいに掃除する方法

Pocket

長く使っていると、マウスやマウスパッドにベタつきやヌメリが出てきませんか?これって気になりますよね…

会社で他人に自分のパソコンをちょっと操作してもらうときなども、できればきれいな状態で渡したいですよね。今日は化学者の私がやっている手入れの方法を紹介したいと思います。

1.マウス、キーボード

0531-3.jpg
※7年間愛用している私のレーザーマウスです。

アルコールティッシュ、あるいは市販の除菌用アルコールで湿らせたティッシュマウスやキーボードの表面を拭いてやると、ベタつきやヌルヌルがとれてきれいになります。

マウスのベタつきやヌルヌルは皮脂汚れが主原因なので、油ともなじみ易いアルコールで汚れを溶かして拭きとってしまうのです。

アルコールの濃度が高いと除菌もできますよ。アルコールティッシュがなければ、フェイシャルペーパーなどでもいけます。

なお、どうしてもとれないテカリは、脂汚れではなくプラスチックが摩耗してツヤを帯びた状態であることが多いです。

2.マウスパッド

0531-4.jpg
※2年以上愛用している私のマウスパッドです。

重曹を溶かした水に漬け込むか、重曹を溶かした水をかけるだけでもOKです。

40℃ぐらいのお湯を使うとより効果的です。重曹の濃度は1%を目安にしてください。(水1リットルに重曹10gぐらい)

重曹によって繊維に染み込んでいた油が固まり、水に浮き出すことできれいになります。

ちなみに洗剤だとすすぎが大変なのであまりおすすめしません。

重曹であれば水に完全に溶けるので、最後のすすぎが楽です。水洗い後は洗濯機で軽く脱水をかけてから干してあげるとすぐに乾きます。

3.マウスパッドの重曹洗いの実例

ちょっと汚い物をお見せすることになりますが…

まずこれは40℃の重曹溶液にマウスパッドを入れる前の状態。

0531-1.jpg

そしてマウスパッドを15分漬け込んだ後の状態。

0531-2.jpg

水が黄色く濁り、脂カスが浮いているのがわかるでしょうか…

3ヶ月間洗浄していなかったので、けっこう汚れちゃってましたね。でも、こうしてたくさん汚れがとれるとけっこう楽しかったり。

マウスやキーボード、マウスパッドは常に手に触れるものですから、なるべくきれいな状態で長く使いたいですよね。みなさんもぜひ試してみてください。

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

お出かけの忘れ物防止によく効くシンプルな方法

Pocket

こんな風に玄関のドアにマグネットクリップとマグネットフックをとりつけるだけです。

0529.jpg

写真に写っているのは、耐荷重5kgの適当なマグネットフックと、耐荷重300gのマグネットクリップ(Daiya Pitatto!)です。(耐荷重は重要です。)

実際に使用するとこんな感じ

0529-2.jpg

マグネットフックは手荷物やお土産を掛けておいたり、濡れた雨合羽を干すのに使ったりします。

マグネットクリップは請求書や投函したい手紙や封筒などを挟んでおきます。

なぜ玄関のドアに貼り付けるのか?

理由は2つです。

・玄関は外に出るときに「必ずぶつかる」場所
・ドアノブ付近は外に出るときに「必ず見る」場所

玄関付近に忘れたくないものを置いておくだけでも効果はあるのですが、無意識で動いていると持っていくことを忘れてしまいます。

その点、必ず見るドアノブ付近に忘れたくないものがあれば、それ自体がきちんとリマインダーとして作用します。リマインダーは自分が気がつくところに設置してこそ意味があります。

見た目にこだわるとちょっと楽しい

クリップなどを見た目にもこだわって用意すると、使っていなくてもちょっと楽しい気分になれます。

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」