シゴタノ!のタスクカフェに参加して思ったこと

Pocket

シゴタノ! ―    週次レビューを習慣化させたい人のための「タスクカフェ」、始めます(w/ @sawonya)

だいたいの流れは日刊のほうに書いたので、こちらでは最初のセミナーを受けている最中に私が思ったこと(→で表示)を記録しておきます。

162タスクカフェに参加してきました – 日刊はま

1.大橋さんのお話

(1)週次レビューは、ToodledoのTodayに上がってきたものを淡々とこなす。
→淡々とこなせるような仕掛けづくりが大事ですよね。

※佐々木さんより「チェックリスト作成時のアドバイス」あり。「このタスク(行動)が終わったら、次のタスク(行動)にすぐ移れる」ように設定しておくことが大事とのこと。 

→これは大事なことだと思う。考える余地や移動のムダなどが生じると、タスク遂行の勢いが止まってしまうので良くない。
→これはタスクの粒度とも関連する。タスク名を見たときに何をするか?を迷わないレベルまで粒度を下げるべき。

※セミナーの最後に参加者から「タスクの粒度をどこまで細かくすればよいのか迷う」という質問がありました。

これに対する佐々木さんの答えは「できるだけ細かく」でした。佐々木さんは例えば爪を切るにしても、右手の爪をきる、左手の爪をきる、と分解することがあるようです。

(2)ルーチンタスクは頻度の調節が大事
→これも同意です。見返してもほとんど変化がないと、時間の無駄ですし、飽きます。

(3)「~~して、どうする(出口)」をしっかり決めておくことが大事

→出口というのは、例えば「手帳を見返してブログのネタをEvernoteに回収する」など。

→これが「手帳を見返す」だと、なぜそのルーチンを行っているのか、という意識が段々薄れ、作業が風化していく。

→また、これはプロジェクトを分解してタスクに落としこむときにとても重要。

→さらに言うと、その出口は物理的行動にすべき。そうでないと、タスク実行のときに考える余地がでてしまう。

2.佐々木さんのお話

(1)私が週次レビューで大事にしているのは、これでちゃんと回っていくのかどうかを確認すること。円のイメージ。

→これは独特の考え方だと思います。現状よりもはるかに高みを望む(無理する)ことなく、大きく落ちる(苦しむ)こともないことを理想とされていると解釈しました。

→私はこの言葉を聞いて、人生を無理なく継続できる仕組みを自分は作っているか?を自問するのも大事かなと思いました。

→何にしても継続できることが最重要です。高みを目指すために自分に課題を課し続けたとしても、継続できなければ意味がありません。

(2)タグやフォルダ名が各ツールで横断的に統一されていると楽。なお、共同作業者と命名規則まで共有すれば、とても快適に作業できる。

→会社においても、共有で使用するフォルダの命名規則はなんとか統一したい。どうしたらできるのだろう。

→原案を作成し、一度関係者で集まって腹を割って話すのがいいのかな。

(3)Evernote、OmniFocus、Toggl、Drobox、いろんなツールを人力で同期しています。

→自分の目指すところを達成するためにこういう面倒なことができるかどうか、それが個人の分かれ目になってくるのだと思う。

→自分がそれで「納得できる」ことが大切で、納得できなければどんどん突き詰めればいい。

→突き詰めた結果は誰かが見れば必ず「やりすぎ」という声があがるので気にしなくていい。納得がいくまでやればいい。

3.タスクカフェの効果について私が思うこと

みんなやってるからやらなきゃ、という感じの緩やかなプレッシャーがありますから、かなりはかどります。

また、私のようにルーチンの週次レビューが時間前に終わってしまったとしても、周りがまだ黙々と週次レビューを続けていますから、「何かやらなければ」と思うわけです。

そこで普段きちんと見直すことができていない部分について、じっくりと目を通してみるなどといったこともでき、「進んだ」感があってなかなか良いです。

実はTaskChuteは育児にも役立つんですよ

Pocket

最近、TaskChuteが育児とも相性が良いと思ったので、TaskChuteを育児で使用する際の例を紹介したいと思います。
私がTaskChuteに登録している育児関連のルーチン
・授乳 30分(家に居る3時間毎に1回セット)
・哺乳瓶を洗う 10分(毎日2回)
・娘の洗濯物を洗う 5分(1~2日置き)
・娘の洗濯物を干す 10分(洗うとセットで)
・娘をお風呂に入れる 30分(毎日)
これらのルーチンを全てTaskChuteに入れてみると、どうなるでしょうか。
休日の例
例えば休日に6時に置きて24時に寝る(18時間活動)とします。
授乳(30分)×6回=180分
哺乳瓶を洗う(10分)×2回=20分
娘の洗濯物を洗う→干す×1セット=15分
娘をお風呂に入れる×1回=30分
合計で245分。約4時間も育児関連に割り当てる必要があることを、朝の時点で知ることができます。
平日の例
次は、平日に19時に帰って23時に寝る(活動時間4時間)場合を想定してみます。
授乳(30分)×2回=60分
哺乳瓶を洗う(10分)×1回=10分
娘をお風呂に入れる×1回=30分
合計で100分。帰宅してから寝るまでの約半分の時間を育児関連に割り当てる必要があることがわかります。
食事をして嫁と話したり、娘といっしょに過ごしていると、残りの2時間もあっと言う間に過ぎてしまいますから、平日の夜は自由時間を慎重に扱う必要があることがわかります。
TaskChuteの終了時間の見える化を最大限に利用する
育児では、赤ちゃんに合わせて行動することが多いため、行動のタイミングを選べずにストレスがたまりがちです。
しかし、タイミングがわからずとも、1日に行動を起こす回数ぐらいはわかります。回数がわかるということは、それに必要な時間も見積もれるのです。
予め動かすことのできない時間を見積もっておくことにより、今自分が使える残り時間が明らかになります。残り時間がわかっていれば、今日できること、できないことがわかりますので、後はそれに合わせてやりたいことをセットしていくだけです。
TaskChuteの作業記録も有効に活用する
TaskChuteのもう1つの特徴である詳細な作業記録。これも育児に役立ちます。授乳は3時間に1度の周期でやってくる。これは作業記録をつけたことでわかった周期です。
また、前回の授乳や投薬の記録を見返すことで、次のタイミングの目安を知ることもできます。
編集後記
育児が始まってからは、休日の朝にTaskChuteに育児関連のルーチンと「やるべきこと」をセットしたら、8:00の時点で終了時間22:00なんていう恐ろしいことがよくあります。こういうを人間の頭の中で計算するのはとても大変なので、TaskChuteが本当に役に立っています。大橋さん本当にありがとうございます。

化メ研2011年7月の振り返り

Pocket

ちょっと遅くなりましたが、7月の振り返りを行いました。
アクセス数など
003-1.jpg
7月の初めに@OZPAさんのブログに寄稿させていただいた影響で、アクセス数がアップしました。とてもありがたいことです。その他にも、日次レビューに関して書いた記事などに反応をいただけたことで、少しアクセス数が増えました。
アクセス数TOP10記事
1位:化学系メーカー研究職です
寄稿効果ですね。2位~5位ぐらいの記事の約3倍のアクセスがありました。
2位:新刊.net×Googleリーダー×Evernoteで楽に新刊チェックする方法 | 化学系メーカー研究職です
これも寄稿効果で見直された記事です。
3位:子持ちサラリーマンがEvernoteでGTDを継続するために行っているたった1つのこと | 化学系メーカー研究職です
寄稿効果&いろんな方にシェアしていただいたおかげで、7月に投稿した記事ながらもアクセス数が伸びました。
4位:私のメモのとりかた-三色ボールペンでGTDを楽にする- | 化学系メーカー研究職です
かなり昔に書いた記事なのですが、@shigotanoさんがTwitterで紹介してくださった影響で伸びました。
5位:[foursquare]なぜかメイヤーになれないときにチェックすべきこと | 化学系メーカー研究職です
6位:[Lifehack]なかなか匂いのとれない洗濯物にクエン酸洗濯 | 化学系メーカー研究職です
夏場だからか、検索から辿り着かれる方が増えてましたね~
7位:[GTD][Evernote]子持ちサラリーマンの日次レビュー例 | 化学系メーカー研究職です
8位:[GTD]サラリーマンこそ日次レビューを行うべき!日次レビューをおすすめする3つの理由 | 化学系メーカー研究職です
9位:プライベートでもTaskChuteを使ってみる | 化学系メーカー研究職です
10位:TaskChute記事のまとめ | 化学系メーカー研究職です
その他の記録
・記事エントリー数:7(先月比-2、過去最高:18[2011年2月])
・RSSへの登録者数:206(先月比+102、GoogleReaderのみ)
・Facebookページ:12人(先月比+8)
・Evernoteノート数:7262(先月比+1009)
・Twitterつぶやき数:4776(先月比+507)
OZPAの表4さんに寄稿させていただいた!
とんでもなく参考になりすぎるEvernote使用例 4 ~@Surf_Fish のノートブック超整理術~
・嫁と娘が静岡に帰ってきた。娘は現在月齢1ヶ月と3週間。
・ニトリでソファーを買った。
7月振り返り後の雑感
@OZPAさんのブログに寄稿させていただいたおかげで、アクセス数は先月より大幅にアップしています。これはこれでうれしいのですが、ブログエントリー数は目標としていた10に届いていません。
ネタがなかったわけではなく、執筆中の記事は常に2,3あったのです。思ったようにブログが書けなかった原因は、生活の変化だと思います。7月中旬から嫁と娘が静岡の家で暮らすようになり、育児が本格的にスタートしました。
家にいる間はほとんど娘のために時間を使うことが多くなりました。ブログを書きたいという気持ちからすれば、自分の時間がほとんどなくなってしまった現状はとても心苦しいものです。しかし、仕事はほどほどに、家でずっと娘と過ごせていると考えれば悪くない生活にも思えます。
結局どこに意識を向けるかで人間の幸せは変わってくるという問題にもなってくるのですが、ブログを始めたことで私に起こったたくさんの変化を考えると、これからもブログを続けていきたいという気持ちが強いです。
ブログを書ける時間を再発掘するところから始めるべきかなぁ。

お値段1480円!ローソンの「叙々苑監修 黒毛和牛焼肉重」を食べた!

Pocket

普段なら食事関係の記事は書かないのですけれども、今回はちょっとお高いお弁当を食べたので特別に書いてみました。
002-1.jpg
封を解いた状態。焼肉重、付け合せ、きざみ海苔、コチュジャンがついています。
002-2.jpg
レンジでチン!して、いただきまーす!さぁ、1480円の味を試してやろうじゃないの。
…なにこれ、悔しいけどおいしい。タレはけっこう甘め。
002-3.jpg
コチュジャンをかけてみたり。少しピリッとして味が締まります。
002-4.jpg
付け合せのナムル、ほうれんそう、ゆず大根などをつまむ。こちらも上品な味でおいしかったです。
味のまとめ
・牛肉はほどよく脂が乗っている。柔らかくておいしい。
・ごはんも普通の弁当よりちょっといいものを使ってる感じ。
・味付けは濃くて甘め。コチャジャンをたらすとさらに濃くなり、少しピリッとする。
・ビールを飲みたくなる味。
・漬物も上品な味で、安っぽくない。肉が濃い目の味つけなので箸休めにちょうど良い。
・個人的にゆず大根が○。
・味が濃厚なので見た目よりボリューム感あり。お腹いっぱいです。
総評
お店で1480円で出てきたら納得のお味。ただ、コンビニ弁当としてはやはり高い。980円だったらリピートしちゃうと思うけど!
・おいしいお肉が食べたいなう!でも、お店に行くのが面倒。
・週末に家で飲みながら贅沢する。
とかで食べるなら、かなりいいと思います。味は本当に良いです。
編集後記
実は値段を見ずにこのお弁当を買ったら、予想の遙か上の値段でびっくりしたんです。ただ食べるのも悔しいので、ブログのネタにしてみました…
ちなみにこれを買ったときに「嫁ー!やってもうたー!」と泣きついたら「間違えて高い弁当でも買っちゃったんでしょ」と見事に当てられてしまいました…
娘にもニコニコ顔で笑われてしまう始末です。

[Lifehack]重要な仕事は午前中にやるべきという2つの知見

Pocket

午前中は脳が活発に動く時間帯
東大受験マンガのドラゴン桜1巻の中でこんな台詞があります。
「…朝は思考力を必要とする問題を解くのに適しているからだ。さらに3~4時間後最も脳は活発に動く。」
「脳を活かす!必勝の時間攻略法/吉田たかよし」が参考になっているとのことです。元々のソースは不明ですが、体感でこの理屈はわかります。
朝は認知資源が豊富
また、@nokibaさんの「ライフハック心理学」でこのような一文があります。
「起きて生活を始めれば、「認知資源」は否応なく使われていきます。私達はものを見た瞬間からすでに「カテゴライズ」をしにかかりますし、メールチェックしたりツイッターを読み始めれば、認知的判断せずには済まされません。仕事中はいうまでもなく、対人交渉では消費量が増大するはずです。」
003 計画する前に取りかかるべき仕事 – ライフハック心理学
つまり、朝なら認知資源が豊富にあるとも考えられますね。
だから重要な仕事は午前中にやる
まとめますと、午前中は「脳が活発に動き」「認知資源も豊富」ですので、「何かを思考するのに適した時間帯」と考えられます。
私はTaskChuteにおけるセクションB(9:00~12:00)に思考や判断が必要な重要タスクを毎日セットしています。午後からではなかなかとりかかれない仕事も、こうすることで比較的簡単にとりかかることができます。
もう1つのうれしい効果
重要な仕事を午前中にやると、もう1つうれしい効果があります。それは、午前中に重要な仕事が終わるので、午後はリラックスして仕事ができることです。
・今日やるべき仕事はすでに終わっている。
・あとは自分のやりたいように仕事をし、帰りたい時に帰る。
こんな状態を想像してみてください。楽しいと思いませんか?
編集後記
私は6時起きなのでちょうどセクションBが「認知資源」「脳の活性」共にゴールデンタイムなんですよね。みなさんもゴールデンタイムを意識したスケジュールを考えてみてはどうでしょうか。