[Android]機種変更してまたいれたアプリ33

Pocket

先代のMEDIASの調子が悪くなったため、数日前に新しいMEDIASに交換してもらいました。その際に引き続きインストールした便利なアプリたちを紹介します。
最優先でインストールしたアプリ10
1.Evernote
もはや説明不要の超便利アプリ。一番先にインストールしてノートの同期を始めたいですね。ウィジェットを使えばこのアプリだけでFasteverっぽく使えます。
2.No Lock
環境設定をしている間、毎回ロック画面を解除するのは面倒ですよね。
3.AiWiFi
スマートフォンでとった写真を各種クラウドサービスに自動送信してくれる神アプリ。私はこれを使って、写真をDropboxとEvernoteに二重バックアップしています。AndroidはSDカードのデータが突然消失することがよくあるので、こうしたバックアップが重要です。
4.Foursquare
お出かけが楽しくなるアプリ。チェックイン抜けがあると悔しいので、すぐにインストールしました。
5.GoランチャーEX
ホーム画面のサイズ編集機能のほか、独自ショートカット作成機能、アプリ使用履歴の確認、メモリ解放などの便利機能が多数備えられているランチャーアプリです。@piyohiko0117さんに教えてもらってからずっと使ってます!
6.GoLauncher EX Notification
Gmailの新着メール数をGmailのアイコンに表示するためのエクステンションです。最近不具合でうまく表示されないことがあるのですが、とても便利なアプリです。
7.gReader
Googleリーダーとの連携が容易なのがとてもうれしい。UIだけを比べれば他にもっといいリーダーアプリはありますが、機能面ではやはりこのアプリが1番だと思っています。
8.Tweetdeck
カラム表示がうれしいツイッタークライアント。公式RTも見逃さずキャッチしてくれますし、FacebookとTwitterのタイムラインをいっしょに見ることもできてとにかく便利。Twiccaなども試してみましたが、閲覧のしやすさではやはりTweetdeckが一番だと思います。
9.モバイルSuica
データセンターにいつまでも端末情報を預けておくわけにいきませんので、すぐにインストールして回収しました。
10.ジョルテ
Googleカレンダーとの連携がうれしいスケジュール管理ソフト。ウィジェットも充実していてとにかく便利です。
Android マーケット
また使いたいと思ったのでインストールしたアプリ23
11.AmazonJP
買い物をするとき、Amazonで買ったほうが安いのか、店頭で買うほうが安いのかを即座に知るために使います。Amazonの方が安いならアプリからそのまま買っちゃいます。操作性もGood!
12.AndExplore
ファイルエクスプローラーアプリです。使用頻度は低めですが、たまにSDカードの中をファイルエクスプローラー形式でのぞきたいときがあるので、そのときに使います。
13.BLOCCO
「月~金の8:00になったら自動でマナーモードON」をするために入れています。これに限らず、特定のスイッチに対して何か動作をするという設定が自由にできるのが魅力のアプリです。
14.ChatWork
ChatWork上で進めているプロジェクトがいくつかあります。出先でプロジェクトの進捗を確認するためにいれています。
15.Dropbox
スマートフォンとPCのデータのやりとりを円滑にするために入れています。
16.Facebook
出先でFacebookを確認するために入れています。
17.Ice Galaxy
Coolなライブ壁紙です。消費電力も気にならない程度でGood。
19.iKnow!
有料英語勉強サイトの公式アプリです。すきま時間に場所を選ばず英語が勉強できるところがうれしいです。
20.iPaper
Instapaperへの記事登録と、記事の閲覧・編集が可能なアプリです。出先での暇つぶしに重宝しています。
Android マーケット
21.MirenBrowser
スマートフォン用のタブブラウザです。とにかく動作が軽快です!
22.Nonストレス軽快メール
ワンタップで新規メール作成画面を高速で立ち上げるメールソフトです。書いたメールはSPモードメールとして送信されます。
23.SilentBoot
電源ON時の効果音を鳴らなくするアプリです。地味ですが出先で便利。
24.QuickPic
使いやすいビューワーアプリです。写真閲覧はずっとこれです。
25.Skitch
写メールを送るとき、写真に注釈をつけるために使っています。便利です。
26.Smart Battery Monitor
ステータス画面に電池残量のアイコンを表示するシンプルなアプリです。残量が%で表示されるのが便利です。
27.Smart Rotator
画面のローテーションを行う/行わないをアプリごとに設定できるという便利なアプリです。これがあれば寝転がっての操作も快適になります。
28.SportyPal Pro
ランニング時の経路とタイムを記録するために入れています。
29.Tumblife
ホーム画面から1タップでTumblrのダッシュボードにこんにちは!LikeとReblogのみに特化しているので、動作もすごく軽快でお気に入りです。ひたすらLikeとReblogをしていたい人にはまじでおすすめです。
30.乗換案内(ジョルダン)
東京方面に出かけるときに重宝してます。アプリを一度終了させても、次に立ち上げたときには前回の検索結果が表示される点が地味に便利。
31.PostEver
布団の中で思い付いたことをだらだらとメモするために使っています。単発の思いつきはEvernote公式アプリのウィジェットで事足ります。
32.QRコードスキャナー
ないとどうにもならないので!
33.ShrinkPipe
画像のサイズ(解像度)を小さくしてくれるアプリです。ガラケーの方に写メールを送るときに使用しています。そのまま写真を送ってしまうと相手側のパケ代がえらいことになるので…
Android マーケット

何かと不具合の多かったうちのMEDIASは新品と交換になりました

Pocket

MEDIASに挿入していたPanasonicのSDカードが完全に死んだ。これで半年のうちにだめになったSDカード3枚目。データふっとびが5回。今日はさすがにドコモショップ行ってきますかね!Fri Oct 14 02:44:38 via TweetDeck


ここ数日Twitterでぼやいていた件です。
5ヶ月の間に8回のSDカード不具合
先日、AndroidのMEDIASで使用していたSDカードがまた壊れまして、通算3枚目のSDカード破損となりました。パソコンで読み取ることもできないので、完全に壊れてしまっています。
他にも、起動時に「SDカードが破損しています」というメッセージが出て、強制フォーマットとなったことも5回あり、合わせて8回もSDカードのデータをロストしたことになります。
5ヶ月の間に8回もSDカードに不具合が出るのは流石におかしいので、今日はドコモショップにMEDIASを持ち込んできました。
アプリ・データの不具合?本体の不具合?
店員さんに今回の不具合について説明したところ
「本体ではなく、使っているアプリや保存していたデータの不具合の可能性があり、その場合は保障の対象外となります。」
とまず言われました。この言葉を聞いてちょっと先行きに不安を感じていたのですが、結局は
「短期間で何度もSDカードに不具合が出ていることから、本体の不具合の可能性も否定できないので、修理か交換で対応させてください。」
とのことになりました。
ドコモは購入から1年以内であれば交換を受け付けている
すっかり忘れていたのですが、購入から1年以内であれば、故障でなくても「気になる点がある」だけで新品と交換してもらえるのでした。
故障の原因を知るよりも問題なく使えることを優先したかったので、交換でお願いすることにしました。
機種変更時はおサイフケータイの引継ぎを忘れずに
その場で機種変更する流れになったのですが、ふと思いだしたのはおサイフケータイの引継ぎです。私はモバイルSuicaとiDを利用しているので、すぐに引継ぎを行いました。
モバイルSuicaは問題なく引継ぎ設定をできたものの、iDのほうが何度やってもサーバーと繋がりませんでした。店員さんが調べてくれたのですが、10/12にDCMXのシステム入れ替えがあり、それからどうも新規登録や引継ぎに関して障害が出ているとのことでした。
後日機種変更となりました
DCMX側の復旧見通しが立っていないとのことだったので、今日は旧MEDIASを持ち帰り、DCMXのシステムが復旧次第、機種変更をしてもらえることになりました。
新しいMEDIASになればSDカードの不具合が治る可能性がありますので、とりあえずはそれで様子見してみようと思います。

「引き算の習慣力」を鍛えて習慣を継続させよう!

Pocket

静ラ研Vol.1で披露したLTの資料です。遅くなりましたが公開します。
1.私たちの生活は既存の習慣から成り立っている。
意識・無意識にかかわらず、私達の生活(24時間)は既存の習慣の積み重ねから成り立っています。そのまま新しい習慣を取り入れようとすると24時間の枠を超えてしまいます。
2.新しい習慣を増やすときは、既存の習慣から引き算する必要がある。
新しい習慣を増やすときにはまず余裕をつくることが大切です。すなわち、既存の習慣を何か止める必要があります。では、止めるべき習慣を見つけるにはどうしたらいいのでしょうか?
3.引き算すべき習慣を見つけるためには、行動記録をつける。
何を止めるかを判断するには、まず自分の行動がわかっている必要があります。そのため、自分の行動記録を残します。スライドではTogglやTaskChuteなどのツールを使って記録を残すことを例にあげています。
4.行動記録を見返し「重要でも緊急でもないこと」を止める。
行動記録を用意したら、次はそれを見返します。見返して「緊急でもなく重要でもないこと」を見つけ、それを止めるようにします。例としては長時間のテレビの視聴など。
5.私が最近やめたことの例
・PCでのRSSチェック
・考えながらの作業
・残業
全ては育児の時間を捻出するため!

無事退院できました!入院中にわかったことをシェアします

Pocket

ご心配をおかけしましたが、なんとか退院することができました。当初は虫垂炎が疑われていたのですが、結果としては腸炎だったようです。

はっきりした原因はよくわからないのですが、ストレスかなんらかの原因で腸の壁に穴が空いて悶え苦しんでた感じです。

入院している間にいろいろと思ったことがあるので、それをシェアしていこうと思います。

1.入院中は自分にとって本当に大切なものがわかるかもしれない

自分にとって価値のある行動というのは、家族、健康な体、キーボード、があってこそ可能なんだなーと入院して改めて思った。Sun Oct 09 12:08:08 via TweetDeck


私の場合はこの3つでした。入院でいろいろと制限されている状況だからこそ見えてくるものがあるような感じです。

やることは毎日たくさんあるとずっと思っていたけれど、入院中は何をやるかを常に探しているような状態でした。これはなぜだろうと自分になりに考えてみた結果が上のツイートであります。

毎日たくさんあると思っていた「やること」とはなんだろう?

それは少なくとも「自分にとってやる価値のある行動」だと思うんですよね。

嫁といっしょに同じものを見て笑ったり、娘のために行ういろんなこと。あるいは様々な媒体からのインプットと、ブロガーとしてのアウトプットなど。

で、その価値ある行動に欠かせないものはなんだろうか?と考えた結果行き着いたのが「家族、健康な体、キーボード」でした。

価値ある行動に欠かせないもの

家族がいなければ、私は「夫/父親の役割」を失います。妻や娘と過ごせないのはとても寂しいことです。

健康な体がなければ、私は「行動の自由」を失います。体が自由に動かないと、スマートフォンをいじったり、本を読むことすら困難でした。

キーボードがないと、私は「アウトプットの速度」を失います。何もできないからこそたくさんのことを考えるのですが、キーボードがなくては頭の中に浮かんできた様々なものを記録に残すことができず、かえって歯がゆいばかりでした。

2.その他いろいろと思ったこと

絶食後のごはんはやはりうまいです

111012-1.jpg
治療のため50時間ほど絶食していたのですが、その後に食べるごはんのおいしいことといったら。味のついてないお粥でも全然いけましたね~

ちなみに絶食中はブドウ糖とミネラルを含んだ液体をずっと点滴されてました。1日当たり400kcalの栄養で2日ほど過ごしていたせいか、入院前後で体重は1.5kg減っていました。

山の上の病院は景色がなかなか良いです

111012-2.jpg
市街地を少し離れた山の中の病院の5階だったので、窓からの景色がよかったです。特に夕焼けがたまらなかったですね。

点滴されているといろいろと苦労します

針を刺されている方の腕をうまく動かせないため、スマートフォンを操作するのも本を読むのも基本的に片手オンリーとなり、なかなか大変でした。

操作や読む行為自体が大変なので、なかなか集中力が続かないのも悩みでした。
111012-3.jpg
私は普段マンガよりも本を読むことが多いのですが、このときばかりは本よりもマンガを読みたいと思いました…。ということで家から嫁のマンガを持ってきてもらい、それを読んでました。

本を読むのが好きでも流石に飽きます

本を読むのは比較的好きな方なので、入院前は本さえあれば暇つぶしは余裕だと考えていました。しかし実際は…2,3時間ほど読み続けていると流石に飽きてきますね。

入院中は「人間の土地/サン=テグジュペリ」と「10代の子をもつ親が知っておきたいこと/水島広子」を読んでいました。

後者の本はわたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいるさんの書評を見て買ったものですが、子供を持つ親御さんだけでなくコミュニケーションに悩む人にもおすすめできるスゴ本です。またこの本の紹介記事を書きたいと思っています。

 

3.まとめ

・入院中はいろんなことを考えるのに良い時間のようです。
・入院中の暇つぶしには、ガジェット・本・マンガ・ゲームなどを複数用意するのが良さそうです。

ぴったり重なった紙を楽にめくるためのちょっとした工夫

Pocket

大量に印刷した資料を1枚1枚配っていくときなど、紙が重なっていると配りにくいですよね。そんなときに役立つ工夫があります。
紙を一度丸めて、片端をつかんだまま元に戻す」これだけです。
20111011-1.jpg
1.まず重ねた紙を軽く丸めます
20111011-2.jpg
写真では片手で丸めていますが、両手でやったほうがきれいにできます。丸めたら、紙の外側の端が上になるよう向きを変えます。
2.次に紙の外側の端をぎゅっと押さえます
20111011-3.jpg
これも両手で行ったほうがきれいにできます。紙が動かないようにしっかりと押さえておいてください。
3.最後に端を押さえたまま紙を戻します
20111011-4.jpg
端を押さえたまま紙の丸まりを元に戻すと、紙が1枚1枚等間隔にばらけた状態になります。これで1枚ずつ紙をめくりやすくなりました。
紙にクセをつけたくないとき
ほんの少し紙を丸めるようにしてください。少しずつ紙がずれるので、これを数回繰り返せばOKです。
紙の量が少ないとき
紙の量が少ないと紙のズレ幅が小さいですが、これも数回繰り返すことで解消できます。
紙を配るときだけでなく、数をかぞえるときなんかにも便利です。ご存知でなかった方はぜひお試しあれ。