[Evernote]私の生活は3つの脳で成り立っています

Pocket

3つの脳
1つ目の脳はもちろん「自分の脳」
2つ目の脳はご想像の通り「Evernote」
3つ目の脳は「嫁さん(配偶者)」です。
2つ目の脳(Evernote)の特徴
・「記録しておいてね」と言ったことは何でも記録しておいてくれる。
・記憶力がはんぱない。
・導入コストは数分、無料から始められる。
・しばらくかまってなくても文句を言わない(けど、かまいまくってる人が多数でしょう)
・「記憶しておいてね」と言わないと記憶してくれない。
・自分からは情報を提供してくれない。
3つ目の脳(嫁さん)の特徴
・「覚えておいてね」と言ったことを忘れていることがある。
・記憶力は人間の域を出ません。(うちの嫁さんはけっこう良い方)
・導入コストは数ヶ月~数年、値段はつけられません。
・しばらくかまっていないと機嫌が悪くなったりする。(第2の脳に嫉妬することも)
・「覚えておいてね」と言わなくても覚えておいてくれたりする。
・「あのときはこうだったよね」など自分から情報を提供してくれる。
どちらもすばらしい
Evernoteは記憶力が素晴らしいですし、嫁さんは自分が忘れていたことを自発的に情報提供してくれます。私の生活はこの2つの脳によって支えられています。そして、嫁さんは自発的に私に働きかけてくれるところが特に良いところです。体調や機嫌が悪いとき、Evernoteは私が求めなければ情報をくれませんが、嫁さんは不調を察して対処法を教えてくれたり、愚痴を聞いてくれたりします。
3つの脳が組み合わさった生活は快適
自分の脳に加え、それぞれ特性の違う2つの脳が合わさることで、我が家の生活はいろいろと快適になっています。それと、以前は第2の脳に対してあまり良い印象を持っていない嫁さんでしたが(※主に私が原因ですが)絶大な記憶力を認めて最近は理解してくれています。嫁さん自身も第2の脳を使い始めました。
結局何がいいたいかというと
自分の記憶を預ける先はEvernoteだけじゃない。嫁さんに預けるのも楽しいですよ。ということ。それと、嫁さんへの「いつもありがとう」

Evernoteの企画に参加したら何かを悟った気がした

Pocket

@nori510さん、@goryugoさん達の企画に参加してみました!ちょっと長いですが、どうしても話したい今回の経緯から…
@nori510さんとのものすごい偶然
EVERNOTE 発掘!オレオレ大辞典『見返して気がつく!!自分の新事実』ファーストノート | GoTo Number
@nori510さんのこの記事を読む数日前に「自分が初めて作成したノートってなんだったんだろうなー」と思って、それをちょうど確認したところだったのです。これが1つ目の偶然。
Evernote 発掘!オレオレ大辞典 Ⅱ – 初めての画像ノート編 | GoTo Number
さらにこの記事!実は自分も初めての画像ノートがゴミカレンダーだったので、@nori510さんに「自分もゴミカレンダーでした!」とつぶやいてしまう程うれしかったです。こんな感じで偶然が重なり、@nori510さんに勝手に親近感を抱いてしまった次第です。
そして@goryugoさんの企画もスタート
@nori510のEvernote企画が神すぎるからマネする | goryugo, addicted to Evernote
airpenの件でお世話になった@goryugoさんも同様のネタで企画をスタートさせたということで「これは自分も乗るしかない!」と思って今回の記事を書き始めた次第です。
初めて作成したノート
だいぶ前フリが長くなってしまったのですが、ここから私のノート達を紹介していきます。「全てのノート」を「作成日」でソートした結果、私が「Evernoteに初めて作成したノート」は仕事関係のメモだったということがわかりました。初めてノート、全然おもしろくなかった…
1stEver.jpg
そして、初めて作成した画像ノートがこれ!
1stEver-image.jpg
この画像ノートを晒して、@nori510さんとの共通事項を改めて確認しただけでもうだいたい満足。ゴミカレンダーをいれとくのはかなりおすすめです!
さて次は初めてのWebクリップノート。
1stever-webclip.jpg
初めてのWebクリップは、@nokibaさんの「ライフハック心理学」の記事だと勝手に思っていたのですが、@goryugoさんのブログの@OZPAさんの寄稿記事だったようです。確かに「仕事」にしかEvernoteを使っていなかった当時の自分にとって「ラーメン」にEvernoteを使うという発想は衝撃的だった記憶があります。
過去のEvernoteから当時の自分を読み取る
こうして過去のノートを見返してみると、当時の自分のことがいろいろとわかって楽しいですね。初期のノートは「仕事関係」「あとで見返す前提」のノートが多いことから、そのころの自分にとってのEvernoteは「仕事」「重要な情報」を保存するためのものだったということがわかります。
今はいろんな情報に溢れているEvernoteとなっていますが、きちんと自分なりに整理ができていますし、昔より自分にとって楽しいEvernoteであることは間違いありません。
自分だけの楽しいEvernoteをつくる
入れるにしても、見返すにしても、とにかく楽しい!そんな自分だけのEvernoteをつくること。それがEvernoteをうまく活用していくコツなんだろうなーと、今回の企画に参加して改めて思いました。
@goryugoさんや@OZPAさんも「Evernoteを楽しむことが大事」と言っています。GTDの提唱者のデヴィッド・アレンさんも、ツールに「”楽しい”の要素がないと使うのが面倒になる」と言っています。だから、そういうことなんでしょう。
今度「Evernoteをどう使っていいかわからない」という人に出会ったら、「自分だけの楽しいEvernoteをつくる」ことを目指していろいろやってみるようにアドバイスしてみようと思いました。
おまけ -こんなのでてきた-
仕事関係ばかりの初期ノート群にこんなのが紛れていました。
1stever-shiba.jpg
多分これはpixivか何かに投稿されてた柴犬の絵だったと思います。すごく可愛かったので保存しちゃったんでしょうね。職場でEvernoteを使っているときに、この犬のアイコンがちらちら映ってちょっと恥ずかしかった記憶があります。
max2
これは嫁さんの実家の犬。何が言いたいかというと、自分は柴犬がとても好きだということ。ただそれだけ。

Twitterの伝播力のすごさを実感した2月13日

Pocket

きっかけは@goryugoさんのRTから
化学系メーカー研究職です  私のairpenの使い方-Evernoteとの連携が便利-
この記事をたくさんの方に読んでもらえたのは、Twitterに依るところが大変大きいです。といいますのも、今回の記事を@goryugoさんがRTしてくれたことから全てが始まりました。今回はその経緯と、そこから感じたことを書いていこうと思います。
検索キーワード:airpen
ブログのアクセス解析の結果から、「airpen」を検索して私のブログに辿りついている方が数人いることをわかっていました。私の小さなブログにこうして来ていただけるぐらいですから、airpen情報を求めている人はけっこういるんだろうなと思っていました。実際、自分が購入を検討していたときも、検索で十分な使用レポートを見つけられなかったことを覚えています。
情報が無いなら自分が発信しちゃおう
そう思ったのが始まりで、どうせなら少しがんばって、なるべく役に立つ情報として発信しようと思って記事を書き始めました。記事を書きながらふと思い出したのは、「そういえば@goryugoさんがairpenに興味を持ってたなぁ」ということ。
そして@goryugoさんに向けてつぶやいた
そしたらこうなった
0218-1.jpg
mixiyou.jpg
最初に目に入ったのが@goryugoさんからの公式RTでびっくり!返信をいただいてさらに感激。
そして@goryugoさんのRTが@EvernoteJPに拾われて、また誰かにRTしてもらって、それを拾った各種ニュース配信BOTにRTされ、ニュースサイトのヘッドラインにのり、はてなブックマークにエントリーし、後日また
[link]DungeonRaidタイム再び!!! | goryugo, addicted to Evernote
で紹介していただき、もうなんか自分的にすごいことになった。初めてのことだったので、うれしさのあまりに放心状態。この前日は初めての訪問者3桁超えに歓喜していたところだったんですが・・・
Twitterの伝播力のすごさを感じた
よく「Twitterは伝播力(速度)がすごい」という話を聞いていましたが、今までは「ニュースより情報が速い」ぐらいにしか感じられていませんでした。それが、実際に情報を運ばれる側に立ってみたときに感じられる「速さ」といったら・・・もう本当にすごい。
この速さを知って、自分の中でTwitterがもっとおもしろくなりました。
情報を発信する人になるほうがもっとTwitterを楽しめる
今回の出来事を通して改めて思ったことは、おもしろそうな人をフォローして情報を受信する楽しみ方も良いけれど、自分が情報を発信することでその反応を受け取るのもすごく楽しいことなんだということ。
なんとなくつぶやいているだけでも、たまに誰かから反応をもらえることはあります。でも、誰かに何かを伝えたいという意思をもって情報を発信するほうが、きっと反応をもらいやすい。そんでもって自分の発信した情報がいろんな人に広がって、いろんな反応をもらえればもっともっとTwitterが楽しくなっていく。
だから、もっとTwitterを楽しみたい!という人は、私といっしょに「情報を発信する人」になりませんか?

TaskChuteの(repeats)を活用した作業記録の取り方

Pocket

この手法のおすすめのシチュエーション

少し長めのタスクの作業記録をきちんと取りたいけど中断が多い、というときなどにおすすめです。例えば…

・会社のデスクで仕事をしているとき
・自宅で作業するとき(参考記事:プライベートでもTaskChuteを使ってみる

1.作業記録をとりたいタスクに(repeats)をつけるだけ

0215-1.jpg
↑長時間にわたって作業をする予定のタスクの末尾に「(repeats)」を付け、見積時間を「25分」とセットします。

25分は例ですので、もちろん自分に合った時間に変更していただいて問題ありません。合間に入れる5分休憩もつけてみました。

2.次回は「0」日後とする

0215-2.jpg
↑タスクを実行し、終了時間を入力すると「次回は何日後ですか?」と聞かれますので「0」を入力してください。

0215-3.jpg
↑これにより先ほど終了したタスクがまたセットされます。

0215-4.jpg
↑これを繰り返していくとこうなります。

中断したいときに中断しても正確に記録が残る

会社員の方はいきなり同僚から話しかけられても大丈夫!プライベートで家族に話しかけられても大丈夫!

「誘惑」「中断」「休憩」なんでもござれ!実績時間はきちんと残ります!再開すべきタスクも自動で生成されてます!

あれ?「終了予定」はどうなった?

この方法は作業時間の記録には大変良いものの、TaskChuteの利点である「終了予定」が見えないという問題があります。

私はこれを回避するために「親タスク」と「子タスク」を用意しています。

0215-5.jpg
↑終了予定を把握するための親タスクを準備しておき、

0215-6.jpg
↑終了予定を確認したくなったタイミングで

0215-7.jpg
↑親タスクの見積時間から子タスクの実績時間を引く。

あと、中断を繰り返していると「1日の見積り時間」がずれて来ます。

これが気になる場合は、実行済みの子タスクの見積時間を実績時間と同じ値に修正することで対応可能です。

まとめ

・(repeats)→「0」日後を利用することでタスクの複製を楽に行う。
・中断してもOKなので作業記録が楽になる。

合わせて読みたい

TaskChuteを使うなら覚えておきたい4つのExcelショートカット

私のメモのとりかた-三色ボールペンでGTDを楽にする-

Pocket

[GTD]×[三色ボールペン]
私はGTDの一環としていつでもどこでも紙にメモをします。このとき、三色ボールペンを使ってメモをとるのですが、その際の自分ルールを紹介してみようと思います。
あとで楽に見返したい
一生懸命メモをとったのはいいけれど、あとで見返すときに苦労したことはないですか?例えばこういうメモだと苦労します。
gtdmemo-sirokuro.jpg
黒字がびっしり詰まっていて、いかにも文字のかたまり。「Evernote」や「TaskChute」にタスクとして落としこむには文章をしっかり読みなおして内容を確認する必要があります。それではこういうメモはどうでしょう。
gtdmemo2.jpg
三色でメモがとられていることで、色ごとに何らかの意味を持っていそうなことが視覚的に感じられると思います。
三色にGTD的な意味を持たせる
私は以下の自分ルールに従って三色を使い分けています。
黒・・・思いついたこと(プロジェクト)
赤・・・次にとるべき行動
青・・・参考情報(アクションをとる必要がない)
思いついたこと(プロジェクト)は忘れないうちにまず「黒」でメモします。次にプロジェクト達成のために今考えつく限りの「次にとるべき行動」を「」でメモします。その際にプロジェクトの「参考情報」を思い出した場合は「」でメモします。「次にとるべき行動」の頭には□(チェックボックス)もつけます。
三色メモは情報の整理を視覚的にサポートする
三色メモを見返しながらこのメモの内容を整理していきます。
「黒字部分」は「Evernote」や「Googleカレンダー」のタイトルに使用。
赤字部分」はタスクとして「Evernote」や「TaskChute」に落し込みます。
青字部分」はプロジェクトの参考情報として「Evernote」に落し込みます。
三色メモだと、全て黒字のメモより情報の整理が楽だと思いませんか?
まとめ
・色を駆使してなるべく楽にGTDを実践したい。
色で何かを分けること自体は全く珍しくない手法です。しかし、このようなありふれた手法であっても、自分ルールを加えてやることで自分にとってGoodな手法に化ける可能性にあふれていると思います。