情報の源流を訪ねる[268]

Pocket

“よく「どうやってそんなに情報を集めているのですか?」と聞かれるので答えてみることにします。” 情報収集のアンテナを高める方法 | IDEA*IDEA http://t.co/3t4ynsYISat Nov 26 02:59:51 via web


私が定期的に見返している記事の1つです。

良い情報に出会ったら、その情報を最初に流した人は誰なのか?早いうちから流した人は誰なのか?を探し出します。そうすると、次からはダイレクトに情報を受け取ることができます。

ちなみにこれはTumblrでも同じで、自分好みの画像やテキストを多く流してくれる人を見つけたら、そもそもその人は誰からリブログしているのか?どんなサイトからリブログしているのか?を考えます。

そうやって源流へ源流へと辿っていくと、良い情報に早く辿りつける仕組みができてきます。

紹介している記事では、最終的に「情報が早い人」をメールでナンパして「2人でディスカッションできる状態」に持っていくとされています。

メールはちょっとハードルが高いようにも思いますので、もし私だったら

・Twitterでさり気なくその人のメンションにかかるようなつぶやきをする。(RTでコメント付与など)
・その人のアンテナにひっかかるような情報を自分も流す。

などして、お互いに意識しているような関係になったら、メッセンジャーツールやオフ会に誘って距離を縮める感じにすると思います。

自分と好みの合う人と仲良くなれるようにあれこれ考えるのって、恋愛のドキドキみたいなのがあってまたそれも楽しかったりしますね~

267「そう、TaskChuteならね。」

Pocket

仕事に飽きてきても、タイムアタックゲームとして楽しめるんです。そう、TaskChuteならね。Thu Nov 24 22:36:27 via TweetDeck


TaskChuteを使って仕事をしていても「うーん、仕事飽きてきたなー」と思うときはあります。
そんなときはちょっと思考を変えて、「目の前のタスクを見積時間よりもいかに早く終わらせるか?」というゲームのつもりでタスクにとりかかることがあります。
そうすると、いつもよりさらに早くやれる方法がないかを意識することになるので、ルーチンの改善点が見つかることも。
さて、@shigotanoさんにちょっと語呂がもたつくと言われてしまったので、改善するとしたらこんな感じでしょうか?

仕事に飽きても、ゲームとして楽しめるんです。そう、TCならね。Thu Nov 24 22:36:27 via TweetDeck


いっしょに考えてくれた方々のツイート

繰り返してやりたくなるタスクが、きっと見つかる。そう、TaskChuteならね。|“@Surf_Fish: そう、TaskChuteならね。でみんないい言葉を考えてくれないかな~”Fri Nov 25 04:06:59 via Twitter for iPhone


お前の仕事にタスクシュートッ!的なのは
RT @Surf_Fish そう、TaskChuteならね。でみんないい言葉を考えてくれないかな~Fri Nov 25 04:18:44 via TwitBird

266「とりあえず服を脱ぐ」

Pocket

疲れてるときは「お風呂に入る」のが面倒でたまらないのだけど、「とりあえず服を脱ぐ」に思考を切り替えた途端にお風呂に入れてしまうという不思議。Thu Nov 24 12:37:18 via TweetDeck


お風呂に入ることの手順はもうわかりきっているので、あとは本当にやる気の問題だけ。
だからこそ逆に「あーお風呂に入ったらあれもやって、これもやって…めんどくさい」となるのかもしれませんね。
「お風呂に入る」のトリガーアクションを考察してみたところ、「服を脱ぐ」なんですよね。服を脱いでしまったら、
・一日来ていた服をもう一度着直したくはない。
・体を洗わずに新しい服を着たくない。
・寒いから、迷ってる暇があったら暖かいお湯を浴びたい。
という感じで逃げ場がない状態になるので、お風呂に入ってしまう。
手順はもうわかっていて、「あとはやる気の問題なんだけどなー」というときは、一番初めの手順だけ手をつけるとか、トリガーとなる行動だけやってみる、と自分に言い聞かせて行動させるのはやっぱり効果的なんですねぇ。
今日の猫ちゃん
p1125.jpg

265「TaskChute愛」

Pocket

私、Twitter検索結果のフィードをRSSでよく読むんですが、最近になって「TaskChute OR タスクシュート」の検索結果フィードがぽこぽこ流れてくるようになってとてもうれしいです。Tue Nov 22 22:47:53 via TweetDeck


簡単に言うと、TaskChuteあるいはタスクシュートについてTwitterでつぶやく方がかなり増えたようなんですね。
これまでは数日に1回程度のペースで言及されるレベルで、しかもその発言者のほとんどは@shigotanoさんか私。その状態から、最近では1日に数回~多いときでは20回ぐらい言及されているんですね。
11月12日のタスクシュート「超」入門セミナーの後から特に増えている感じがしますので、おそらくはセミナーの参加者とその周辺の方々がつぶやいてくれているのかもしれません。あとは、TaskChute2とブラウザ版TaskChuteの発表でTaskChute業界が賑わったこともあると思います。
いずれにしろ、TaskChuteについて発言される機会が多くなって本当にうれしいです。私は開発者ではありませんが、TaskChuteを世の中に広めることが自分の使命の1つと最近は感じていますのでなおさらです。
今後もTaskChuteの魅力を伝えていけるようにがんばろうと思います。いつか「もう見るのが疲れた!」と思うぐらいTwitterで言及されるようになるといいな~
今日の猫ちゃん
p1124.jpg

264「Re: ルーチンの生成について」

Pocket

現代ビジネスマンにGTDよりもタスクシュートをおすすめする3つの理由 | 化学系メーカー研究職です
GTDはタスク処理の「状態」管理は得意だが、「時間」管理は苦手。 TaskChuteはタスク処理の「時間」管理は得意だが、「状態」管理は苦手。 …
相互補完がおすすめです。

先日書いたこの記事について、コメントをいただきました。例の記事は確かにちょっとわかりにくい部分があると思いましたので、コメントに返信する形で補足してみます。
Re: ルーチンの生成について
コメントありがとうございます。ご質問の点などにお答えしますね。
> タスクシュート未経験のため理解できなかったのですが,
> > タスクシュート方式は1日のほとんどの行動をルーチンで形成させ
> とのことですが,タスクシュートでは,タスクをルーチン化させる何か技術/仕組みがあるのでしょうか?
ツールのTaskChuteの場合、ルーチンタスクの自動生成が非常に柔軟で楽なのです。 TaskChuteに表示されるルーチンタスクを処理しているだけで、延々と未来のルーチンタスクが予め設定した時間と順番で生成され続けます。
GTDでルーチンタスクを処理する場合は、レビューのタイミングで毎回ルーチンタスクを自分で作成するか、「ルーチンタスク」のリストを参照しにいく必要があると思います。これは少し面倒ですよね。
また、タスクシュート方式ではうまくいった過去を未来に転用することが根本の思想にあります。
「うまくいった方法をまた使う→またうまくいく」となれば、それを繰り返したく(ルーチン化したく)なりますよね?そういう意味でもタスクシュート方式というのは、タスクをルーチン化させるようにうまくできています。
> そもそもルーチンの割合が多いようならば,GTD方式でもうまく回るだろうし,
> ルーチンの割合が少ないようならば,タスクシュート方式でもメンテナンスは大変なのではないか,
> と思った次第です.
おっしゃる通り、ルーチンの割合が少なければタスクシュート方式もメンテナンスは大変になると思います。
ただ、タスクシュート方式を使い込んでいくうちに、1日のほとんどをルーチンタスクで固めていくことになると思います。 「うまくいくとわかっているやり方」で1日を固めると、とても効率的なためです。
この場合に注意していただきたいのは、タスクシュート方式はルーチンタスクを新たに増やすのではなく、
これまでルーチンだと認識していなかったタスクをルーチンタスクとして認識できる形にするのです。「日々行なっていること」をルーチンタスクとしてしまうことで、良い1日の再現性を高めることができます。
ルーチンの割合が多いようならばGTD方式でもうまく回るというのはちょっと想像がつかないです。GTDというのはそもそもルーチン外の「気になること」にすぐとりかかれるようにするタスク管理法だと思います。
とすると、わずかな自由時間にやれることは限られていて、「気になること」のみがどんどん増えていく状態になるのではないかと思います。タスクシュート方式というのは、この「気になること」を処理するための自由時間をつくりだすために効果的なやり方なのです。
私は、タスクシュート方式で「日々行なっていること」を効率的に処理し、そこから得られた自由時間を無駄なく使うためにGTDを利用する、という相互補完的なやり方が一番良いと考えています。
私がGTDとタスクシュート方式を併用してタスク処理を行なっているのはそのためです。
今日の猫ちゃん
p1123.jpg