TaskChute

TaskChute2のセクションは1.5時間が良いと考えています

TaskChute2_20121202版以降、セクションが6個から12個に増えました。

【機能紹介】 これまでA~Fまでの6個だったセクションをA~Lまでの12個に倍増 – TaskChute動画マニュアル

この変更に大変興奮しています。なぜなら、セクションの単位はデフォルトの3時間ではなく、1.5時間が良いと最近思い始めていたからです。

セクションを3時間としたときの不都合

TaskChuteを使い込んでいくうち、1~5分単位の細かいルーチンタスクが増えてくるはずです。

そうすると、1つのセクションの中にルーチンタスクだけで10~20個並ぶという状況になり、「長いタスクリスト」になりがちなのです。

↑例えば、セクションを2時間にしたとしてもこんな感じです。ここにその日の追加タスクが加わってさらに長くなるわけです。

セクションを1.5時間にする効果

あまりにも長いタスクリストは見た目でやる気を損ないます。なんとなく終わりが遠く感じてしまうからです。

そこで、セクションを1.5時間にしてみましょう。

↑セクションを短く区切ることで、長すぎたタスクリストが適度に分割されました。これは集中力の持続に役立ちます。

1.5時間を選んだ理由

1時間だと、ミーティングなどによる「セクションまたぎ」の問題が頻繁に起こる懸念があります。

2時間の場合でも、3時間のときと同じくルーチンだけで10~20個になってしまうセクションがいくつか生じます。

このようにいろいろと考慮した結果、1.5時間が良いと現在は考えています。

まとめ

・ルーチンが増えてきた人は、セクションを1~2時間にすることをおすすめ。

セクションの開始~終了時刻の決め方ですが、気分が切り替わる時間帯で区切ることをおすすめします。

今回のアップデートから、「セクション覚え書き」というセルも追加されていますので、うまく活用していきましょう!

関連記事

  1. TaskChute

    TaskChuteの作業記録を掘り返すためのマイルール

    TaskChuteで作業記録をとり始めてみたものの、昔の作業記録を見返…

  2. TaskChute

    264「Re: ルーチンの生成について」

    現代ビジネスマンにGTDよりもタスクシュートをおすすめする3つの理由 …

  3. TaskChute

    現代ビジネスマンにGTDよりもタスクシュートをおすすめする3つの理由

    11月12日に、シゴタノ!さんのタスクシュート「超」入門セミナーにゲス…

  4. TaskChute

    TaskChuteを使えば「今日やらないこと」を決めやすい

    タスクを効率よく処理するためのTaskChuteなのに「今日やらないこ…

  5. TaskChute

    359 TaskChuteへのタスクの転記が面倒なときに

    この方法はおすすめです。TaskChuteには「ENのノートを見る」…

  6. TaskChute

    TaskChuteブロガーが増えてきて本当にうれしい理由

    最近、TaskChuteについて書かれた記事を昔よりも見かけるようにな…

SPONSORED LINK




はま中しょうご




化学研究者、ビジネス書作家、セミナー講師、セラピスト修行中、聴覚障害者、抑うつ性神経症患者でもある。

モットーは「現実はいつも甘くて美しい」。

詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。仕事に悩める会社員へ。

Amazonのほしいものリストを公開中です。

はまへの支援物資リスト

ブログで紹介したもの など


仮想通貨口座はbitflyerbitbankcoincheckを主に使用中。 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

↓私も購読中の1分で読める仮想通貨速報(LINE@) CoinPicks
こちらの画像からLINE@の登録リンクに飛べます。

↓私が毎日使っているタスク管理ツールです。 TaskChute
高機能の有料版と、体験用の無料版があります。

↓私も参加している有料オンラインサロンです。 LifeEngine
諦めきれない夢を追う同志が集い、日々語らっています。毎月講師を読んでのオンライン学習や、月末のオフライン定例会、不定期で合宿なども行っています。参加者の自発イベントでの交流も活発です。メンバー約60名。
PAGE TOP