うつ病

もっと気軽に心療内科に行って、薬をもらおう

「心療内科に行く=なんとなく恥ずかしい」
「薬物療法=対処療法だから良くない」

そういった考えの方が多いので、1年間抗うつ剤と睡眠薬を飲み続け、かつ今もうつ病を治療中の私の考えを少し話します。

結論から言うと、少しでも「最近、精神的に疲れてるな・・・」「なんだかよく眠れない」「将来が心配で泣きそうになる」そういった症状が現れた人はすぐに心療内科、精神内科などに行ってください。

うつは心の風邪は間違い

うつは心の風邪と言う人がいいますが、ぼくはその表現は甘いと思っています。

うつは脳の機能障害であり、怪我です。大げさに表現するなら、手足がパックリと切れて流血していたり、捻挫・骨折しているのに処置しないで無理に動くのと同じことです。

「骨折してるかも?」と思ったら、整形外科に行って、レントゲンをとって確認しますよね?「うつなのかも?」と思ったら、そのぐらい気軽に心療内科などに行って、お医者さんの診察を受けて欲しいのです。

結果的に何もなければ安心ですし、軽い捻挫や打身程度であれば、痛み止めを処方してもらって様子を見ますよね?心療内科でも同じことで、比較的副作用の軽い精神安定剤や、睡眠導入剤などを処方して様子を見るので、もっと気軽に利用してほしいのです。

対処療法は悪なのか?

対処療法よりも根本的な治療が大切であることはぼくも同意ですが、それは日頃からちょっとした怪我をしたり、風邪を引きやすい人に対し、「今すぐ生活態度を見直せ」というのと同じことです。

これは物理的でも、精神的でも、痛みを伴う症状に共通して言えることですが、痛みというのは負の循環に陥りやすい性質を持っています。

例えば腰痛の場合、腰が痛くても無理をして作業を続けると、痛みに反応して筋肉が硬直してしまいます。筋肉が硬直するとますます痛みがひどくなり、さらに筋肉が硬直します。最後には動けなくなるまで症状が悪化してしまうのです。鎮痛剤などはこの負の循環を断ち切る意味で効果的です。

精神に関する痛みでも同じことで、軽い精神安定剤や抗うつ剤、睡眠導入剤を服用することで、いつも通りの生活をおくれるようになるのであれば、うまく利用すれば良いのです。最悪なのは、こうした対処療法の力を借りずに深刻な状態まで病状が進み、根本治療(認知行動療法、セラピー、宗教など)を行わなければ回復できないまでに悪化することです。

病院に行く勇気が出ない人、身内で心当たりがいる人へ

もし自分自身が「病院に行ったほうが良い」と思うなら、自分を信じてすぐに病院に行ってください。

自分が信じられなければ、あなたが信じる人に病院に行ったほうが良いか聞いてください。

誰にも頼れない人は私に聞いてください。
はま(@Surf_Fish) | Twitter
濵中 省吾 | Facebook

身内で心当たりがある人は、本人が納得して病院に行くようにしてあげてください。人の意見を受け入れやすい人であれば、直接提言し、いっしょに病院に行ってあげるのが良いです。

プライドが高い人の場合は、その人が尊敬する人や、実際にうつにかかった経験がある人と少し話をしてみてもらうのが良いと思います。

うつ病の治療には、通常うつの症状が出始めてから治療開始までの期間の2倍必要と言われています。例えば、3ヶ月うつの症状が出ていたなら6ヶ月の休みが必要です。決して、2週間や1ヶ月で簡単に治るものではありませんし、再発しやすい病気です。

ぼくは16年以上、うつの症状を我慢していたので、今かなり苦しんで生きています。私のような人が少しでも減るように、あなた自身、あるいはその周りの人を気にかけてもらえれば幸いです。

関連記事

  1. うつ病

    薬物療法で治療できなかった重度の鬱を私が改善できたきっかけ

    この記事の元のタイトルは、「大泣きし、人生が開けた湘南ワークショップの…

  2. うつ病

    知ってるか?この世はガチで「マトリックス」なんだぜ。

    マトリックスという映画を知っているだろうか?1999年に公開された作品…

  3. TaskChute

    TaskChuteで上から順番にタスクを実行しなくてもいいときもある

    TaskChuteをうまく運用するには、基本的にはタスクの見積時間や、…

  4. うつ病

    腰痛が劇的に改善!レンジでゆたぽん!-うつ闘病記77日目

    うつ治療中の生活模様を雑多に残している記録です。「1.直近の方針」「2…

  5. うつ病

    うつ治療中の人におすすめしたいの3つの集中・休息グッズ

    うつ治療を開始してから2ヶ月が経過した私ですが、本日紹介するアイテムの…

  6. うつ病

    「あなたが死んでも、世界は何も変わりません」と言われた話

    うつ病の疑いで初回のカウンセリングを受けてから、毎週1回、今日で9回目…

SPONSORED LINK




はま中しょうご




セラピスト。32歳からの人生の生き直し1年生。一児の父、化学研究者、ビジネス書作家、セミナー講師、聴覚障害者、抑うつ性神経症患者でもある。

セラピストとして多くの人達の人生のサポーターをしています。モットーは「現実はいつも甘くて美しい」。

詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。仕事に悩める会社員へ。

Amazonのほしい物リストを公開中です。

贈り主にはまが毎日感謝するリスト

ブログで紹介したもの など


仮想通貨口座はbitflyercoincheckを主に使用中。 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

↓私が毎日使っているタスク管理ツールです。 TaskChute
高機能の有料版と、体験用の無料版があります。

↓私も参加している有料オンラインサロンです。 LifeEngine
諦めきれない夢を追う同志が集い、日々語らっています。毎月講師を読んでのオンライン学習や、月末のオフライン定例会、不定期で合宿なども行っています。参加者の自発イベントでの交流も活発です。メンバー約60名。
PAGE TOP