WordPress

【FC2からWPへの移行】WordPressのデータベース内のリンクURLを一気に置換する方法

1.ブログの移行で一番悩ましかったのはリンクの書き換え

FC2からWordPressにブログを移行するにあたって一番悩ましかった点は、自分のブログ記事から自分のブログ記事に貼っているリンク(a href=”~~/blog-entry-XXX.html”)を書き換えることでした。

移行した時点で300記事あったため、これらの記事を1つ1つチェックしながらURLを書き換えていくなんて正気の沙汰ではありません。

しかし、のりさん(@nori510)が紹介しているプラグインを使うことで、300記事分のリンクの書き換えを1時間で終えることができました。

【WordPress】全記事から検索して一括置換出来るプラグイン「Search Regex」が素晴らしい | nori510.com

Search Regex – WordPress search with regular expressions | Urban Giraffe

2.リンク書き換えの手順

まず、「Search Regex」をインストールします。(使い方の詳細はのりさんの記事をご覧ください。)

次に「ツール」から「Search Regex」を選択し、「Search pattern」と「Replace pattern」に↓のように入力します。

FC2側の「blog-entry-XXX.html」とWP側の「XXX」は恐らく違うはずです。しかし、数字は1ずつ増えているはずですから(私は一応50ずつずらして確認してみました。)、この画面で数字をずらしていくことで簡単に置換が可能です。

置換しても問題ないことを確認できたなら、「Replace&Save」コマンドを押して置換と保存を実行します。

後は、XXXの数字を1つずつ増やしていきながら、リンクを修正していきます。300記事の修正は、Twitterで雑談しながら65分でした。

3.置換後はプラグインでリンク切れをチェックする

置換が終わったら、「Broken Link Checker」というプラグインでリンク切れが残っていないかチェックします。

Broken Link Checker for WordPress | W-Shadow.com

インストールし、プラグインを有効化させた後は、「ツール」から使用することができます。

今日の猫ちゃん

関連記事

  1. WordPress

    [WordPress][Tips]アイキャッチ画像をサッと使いまわすための工夫

    ブログで使うアイキャッチ画像の管理ってどうされていますか?私は…

  2. WordPress

    [WordPress]ブログ移行直後のリンク切れをチェックするために入れたい2つのプラグイン

    ↓前回の記事で、ブログ移行直後にリンクURLを一気に置換する方法を紹介…

  3. WordPress

    有料WordPressテーマ「MAG」実装時の注意点

    約5年WordPressで無料テーマ+プラグインでブログを運営してきま…

  4. Blog運営

    過去記事紹介用に「Buffer My Post」プラグインを導入してみました

    最近、Twitterの新規フォロワーさんが増える頻度が高まって…

  5. WordPress

    WordPressのプラグインを一気に更新したら、ブログが見れなくなったときの解決方法例

    レンタルサーバー(私の場合はロリポップ)で使っているphpのバージョン…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

SPONSORED LINK




はま




化学系、会社員、文筆家、趣味で深層心理学のカウンセラーをやったりもしています。

詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。

Amazonのほしいものリストを公開中です。

はまへの支援物資リスト

PAGE TOP