タスク管理

GTD(タスク管理)との出会い(3)GTDとは生き方だ

GTD(タスク管理)との出会い(1)挫折からはじまる | 化学系メーカー研究職です

GTD(タスク管理)との出会い(2)EvernoteをGTD仕様に | 化学系メーカー研究職です

これまでの記事で、GTDを始めるに至った経緯、GTDを本格的に活用するためにEvernoteをGTD仕様にしたことについてお話しました。

今回は、GTDを習得したことによって私の生き方が変わったことについて話したいと思います。

1.私に起こった2つの変化

(1)「考える」というタスクは存在しなくなった。
(2)目的が発生した瞬間に「次のアクション」を考えるようになった。

GTDの整理のステップにおいて行われる「これは何か?」「次にすべき行動は何か?」という問いがあります。

この問いを日常生活の中で呼吸のごとく行うようになり、私の生き方は変わりました。

(1)考えるというタスクは存在しない


GTDの教科書にも書いてありますが、タスクというものは物理的な行動であるべきです。

なぜかというと、例えば「~について考える」では定量性と再現性がありません。

定量性も再現性も無い。つまりどの程度で終わるのかわからないし、同じ事をまたできないようなタスクは、とてもとりかかりづらいのです。

「~について考える」は、関連文献を調査する(情報収集)、今持っている情報を表にまとめてみる(情報整理)、などの物理的行動に置き換えられるはずです。

(2)目的が発生した瞬間に「次のアクション」を考える

何かをやろうと思い立ったとき、人から何かを頼まれたとき、その目的・目標を達成するために「次に何をすべきか?」をすぐに考えるようになりました。もちろん物理的行動を、です。

物理的行動に徹する限り、プロジェクトは進んでいく。

これはGTDの根本の思想の1つではないかと思います。私はGTDを通してこの思想を身に着けたことにより、生き方が変わりました。

2.GTDとの出会いまとめ

現状を変えたかった→GTDに出会う→GTDが生き方に変化した。
これで「GTD(タスク管理)との出会い」企画の記事は最後です。何度か口頭でお話したことはありましたが、改めて文章にしてみると自分の中でより整理されたため、良い機会でした。

@Moyoriさん、素敵な企画をありがとうございました!

今日の猫ちゃん

p0414.jpg

関連記事

  1. タスク管理

    311 タスク管理について@rashita2さん@Moyoriさんと語りました

    それは1/7のらしたさんのメンションからはじまりました。 @Moyo…

  2. タスク管理

    はまの24時間の時間割

    タスク管理や時間管理についての講演の際に「24時間の過ごし方」について…

  3. タスク管理

    目標が大事なのは髪のセットも仕事も同じ

    1.目標が明確になっていないと迷走する髪のセットは時間がかかる?…

  4. タスク管理

    私が初心者に何かを教えることが苦痛でない3つの理由

    私はTaskChuteの使い方や、Evernoteの運用方法、その他タ…

SPONSORED LINK




はま中しょうご




心の援助者。32歳からの人生の生き直し1年生。一児の父、化学研究者、ビジネス書作家、セミナー講師、聴覚障害者、抑うつ性神経症患者でもある。

心の援助者として「今」から人生を生き直したい人のサポートをしている。モットーは「現実はいつも甘くて美しい」。

詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。仕事に悩める会社員へ。


Amazonのほしい物リストを公開中です。

贈り主にはまが毎日感謝するリスト

ブログで紹介したもの など


仮想通貨口座はbitflyercoincheckを主に使用中。 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

↓私が毎日使っているタスク管理ツールです。 TaskChute
高機能の有料版と、体験用の無料版があります。

↓私も参加している有料オンラインサロンです。 LifeEngine
諦めきれない夢を追う同志が集い、日々語らっています。毎月講師を読んでのオンライン学習や、月末のオフライン定例会、不定期で合宿なども行っています。参加者の自発イベントでの交流も活発です。メンバー約60名。
PAGE TOP