書籍紹介

ランニングを始めてみたい人におすすめ(特に女性)のエッセイマンガ「マラソン1年生/たかぎなおこ」

「普段全然運動をしないけれど、ランニングに興味がある。」
「現在ランニングはしているけれど、マラソンの大会ってどんな感じなんだろう。」

たかぎなおこさんの「マラソン1年生」はそんな人におすすめのエッセイマンガです。「マラソン2年生」では駅伝やトレイルランにも挑戦されていますよ!

おすすめポイント
・運動が得意ではなかったという女性著者によるリアルな体験談
・金哲彦さんによる指導内容とQ&A

1.女性著者によるリアルな体験談

小さい頃から運動は決して得意ではなかったという著者のたかぎなおこさんでしたが、運動不足を解消したいと思っていたときにたまたまテレビで東京マラソンを見て、友人とランニングを始めます。

始めはウォーキングからスタートし、そして専門店でのランニンググッズ購入、10kmのマラソン大会への出場決意、金哲彦さんによるレクチャー、友人の東京マラソン応援、最終的にホノルルマラソンに出場するまでが描かれています(マラソン1年生)。

ランニングをこれから始めたい人にとって参考になる情報がきちんと書かれているのに、エッセイマンガなのでとても読みやすいです!また、著者の成長ぶりを見ているとモチベーションもあがります!

2.金哲彦さんによる指導内容とQ&A

ランニングに関する著書を多数持ち、陸上競技・駅伝の解説者なども務める金哲彦さんによる指導内容や、Q&Aもマンガで載っています。

実際にランニングをしたり、マラソン大会に出ている人ならではの疑問について、ゆるイラストの金哲彦さんがしっかり答えてくれますよ!

また、マンガの中で描かれている指導内容ですが、「体幹を使った走り方」「走った後のビールがおいしくなる走り方」などがとても参考になりました!

金哲彦 – Wikipedia

まとめ

・著者の実体験話なので参考になる&モチベーションがあがる!
・プロ指導者が回答するQ&Aや指導内容もあってGood!

マンガなので読みやすい上、ランニングに対するやる気をくれる作品です。ダイエットのためにランニングをしていた私にも、走ることを楽しむためにランニングをするのも良さそうだと思わせてくれる1冊でした。

今回紹介した書籍

私はKindleで読みました!

関連記事

  1. 書籍紹介

    Facebookを楽しむコツは○○の写真をとること!食事でも風景でも家族でもなかった!

    「Facebookって、何がおもしろいのかわからない」「リア充の人…

  2. セラピスト

    マンガ名言の考察「お前がそう思うならそうなんだろう、お前ん中ではな」

    ※わずかにネタバレ注意via 少女ファイト(1) (イブニ…

  3. ライフハック

    読書やセミナーから時間が経つとやる気が失われてしまう理由と対策

    (1)脳は「気力」を使うことを慢性的に制限しているので、なかなか行…

  4. 書籍紹介

    優勝を目的にすると、優勝した時点でその人は弱くなる

    梅原大吾さんの3冊目の本を読んでいます。前作2冊とも読んだ自分としては…

  5. 書籍紹介

    新入社員におすすめの本がセール中なので、6冊紹介します

    基本的に電子書籍の紹介になります。iPhoneやAndroidといった…

  6. 書籍紹介

    「アウトライン・プロセッシング入門」は実にけしからん本でした(良い意味で)

    アウトライン・プロセッシング入門: アウトライナーで文章を書き、考える…

SPONSORED LINK




はま中しょうご




化学研究者、ビジネス書作家、セミナー講師、セラピスト修行中、聴覚障害者、抑うつ性神経症患者でもある。

モットーは「現実はいつも甘くて美しい」。

詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。仕事に悩める会社員へ。

Amazonのほしいものリストを公開中です。

はまへの支援物資リスト

ブログで紹介したもの など


仮想通貨口座はbitflyerbitbankcoincheckを主に使用中。 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

↓私も購読中の1分で読める仮想通貨速報(LINE@) CoinPicks
こちらの画像からLINE@の登録リンクに飛べます。

↓私が毎日使っているタスク管理ツールです。 TaskChute
高機能の有料版と、体験用の無料版があります。

↓私も参加している有料オンラインサロンです。 LifeEngine
諦めきれない夢を追う同志が集い、日々語らっています。毎月講師を読んでのオンライン学習や、月末のオフライン定例会、不定期で合宿なども行っています。参加者の自発イベントでの交流も活発です。メンバー約60名。
PAGE TOP