ネイティブのイメージを覚えて英単語を覚えると楽しい

Pocket

「日本語で訳すと同じ意味になってしまうのに、どうしてこんなに同じ意味の単語があるんだろう?」と思ったことはありませんか?

例)attainとaccomplishとachieveの違い | 違いがわかると英語がわかる

そんなとき私は、ネイティブがそれぞれの単語にどういうイメージを持っていて、どう使い分けているのかを調べるようにしています。

こうすることで単語を覚えやすくなりますし、実際に自分が使うときにも「使い分けられてる!」という感じがとても楽しいです。

ちなみに、「未来形」の「I will ~」と「I’m going to ~」の違いは何かわかりますか?

ざっくり言うと「I will ~」は話し手がその場で思いついた未来の話です。「こうしようと思ってるんだ」という感じ。

それに対し、「I’m going to ~」は計画的に決まっていた未来の話です。「こうする予定だったんだ」という感じ。

私はアメリカの方といっしょにゲームをしているときにこれをよく使い分けるのですが、その度に「フフン♪」と楽しんでいます。

ゲーム開始時に「今回はこういうことやろうとしてるよ」と宣言する場合は「I will ~」。

「もう一試合行かない?」と聞かれたとき、もうゲームを止める時間だったなら「Thank you! but I’m going to log out.」といった感じですね。

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント 停止中