英語

ネイティブのイメージを覚えて英単語を覚えると楽しい

「日本語で訳すと同じ意味になってしまうのに、どうしてこんなに同じ意味の単語があるんだろう?」と思ったことはありませんか?

例)attainとaccomplishとachieveの違い | 違いがわかると英語がわかる

そんなとき私は、ネイティブがそれぞれの単語にどういうイメージを持っていて、どう使い分けているのかを調べるようにしています。

こうすることで単語を覚えやすくなりますし、実際に自分が使うときにも「使い分けられてる!」という感じがとても楽しいです。

ちなみに、「未来形」の「I will ~」と「I’m going to ~」の違いは何かわかりますか?

ざっくり言うと「I will ~」は話し手がその場で思いついた未来の話です。「こうしようと思ってるんだ」という感じ。

それに対し、「I’m going to ~」は計画的に決まっていた未来の話です。「こうする予定だったんだ」という感じ。

私はアメリカの方といっしょにゲームをしているときにこれをよく使い分けるのですが、その度に「フフン♪」と楽しんでいます。

ゲーム開始時に「今回はこういうことやろうとしてるよ」と宣言する場合は「I will ~」。

「もう一試合行かない?」と聞かれたとき、もうゲームを止める時間だったなら「Thank you! but I’m going to log out.」といった感じですね。

関連記事

  1. 英語

    英語学習中の私が初めて英文記事の翻訳記事を書けたポイント3つ

    英文記事の翻訳記事を書くという試み自体は前から取り組んでいたことですが…

  2. 書籍紹介

    TOEICのリスニング対策にツーフィンガー法が超有効でした!

    TOEICテスト900点。それでも英語が話せない人、話せる人 (中経出…

  3. 英語

    iKnow!の課金をライフタイムプランにした3つの理由【英語学習】

    英語学習サービスのiKnow!が年始ごろに期間限定でライフタイムプラン…

SPONSORED LINK




はま




化学系、会社員、文筆家、趣味で深層心理学のカウンセラーをやったりもしています。

詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。

Amazonのほしいものリストを公開中です。

はまへの支援物資リスト

PAGE TOP