書籍紹介

TOEICのリスニング対策にツーフィンガー法が超有効でした!

こちらの本を読んで知った「ツーフィンガー法」というテクニックが、TOEICのテストで大変有効だったのでシェアします!

概要としては、リスニングテストのPart3、Part4において、1つのトークから連続出題される3問のうち、2問の回答を指に覚えさせるというものです。

具体的なやり方

私はこれを応用して、スリーフィンガー法にしてやってみました。もし連続3問の解答が(C)(B)(D)だと思ったなら、次のようにします。

1.~~~~~~?

(A)~~~
(B)~~~
(C)~~~(中指でCを押さえる)
(D)~~~

2.~~~~~~?

(A)~~~
(B)~~~(人差し指でBを押さえる)
(C)~~~
(D)~~~

3.~~~~~~?

(A)~~~
(B)~~~
(C)~~~
(D)~~~(親指でDを押さえる)

問題文の読み上げが終わったら、指を見ながら即座に解答用紙に答えをマークします。

そしてすぐに次の設問を確認します。こうすることで、次に読み上げられるトークの中で何が話題にされているのかを事前に知る余裕ができます。

今までは問題1問ごとに解答用紙のマークを塗りつぶしていたため、次の設問の内容を確認する余裕がほとんどありませんでした。

しかし、ツーフィンガー法(スリーフィンガー法)を実施することで、全ての設問で事前に次の問題文のチェックをすることができ、余裕を持って回答することができました!

リスニングテストではすぐにマークを塗らず、レ点にする

合わせておさえておきたいテクニックとして、Part3、Part4ではマークをすぐに塗りつぶさず、レ点だけにしておくというものがあります。

こうすることで問題に集中する時間を少しでも多く稼げます。

レ点部分の解答は、リーディングテスト中に塗りつぶします。Part3、Part4の解答を全て塗りつぶしても2分程度でした。

リーディングテスト75分中の2分を使うことになりますが、リスニングテストの正答率が高まるのなら良い投資です。

その他にもいろいろと役に立ったテクニックがあるのですが、それはまた別の記事で紹介します!

関連記事

  1. うつ病

    落ち込んでいるとき、ぼくは本を読んでエネルギーをもらう

    「やる気がでない」とか「つらい」とか、そういう言葉では言い表せないぐら…

  2. セラピスト

    マンガ名言の考察「お前がそう思うならそうなんだろう、お前ん中ではな」

    ※わずかにネタバレ注意via 少女ファイト(1) (イブニ…

  3. 書籍紹介

    結果を出せば仕事も人生も楽しくなる!書評:最速で結果を出す人の「戦略的」時間術

    MBAを取得し、外資系を含む11社で結果を出してきたとされる理央周さん…

  4. イベントレポート

    応援し合う仲間はやはり必要だと確信しました

    2015年8月29日、ある目的を胸にたずさえて、私はとあるイベントに参…

  5. 書籍紹介

    研究者・技術者なら読むべき!「奇跡のリンゴ『絶対不可能』を覆した農家」

    映画にもなり、以前から話題になっていた本書が、4月のセールで253円に…

  6. 書籍紹介

    Kindleの積ん読が多い人におすすめの読書方法

    Kindleの電子書籍は定期的にセールが開催されるため、興味のある本が…

SPONSORED LINK




はま




会社員/心理セラピスト&ライフコーチ/文筆家/ゲーマー

詳細なプロフィール・連絡先はこちらTaskChute情報


↓著書です。

Amazonのほしいものリストを公開中です。

はまへの支援物資リスト

PAGE TOP