書籍紹介

TOEICのリスニング対策にツーフィンガー法が超有効でした!

こちらの本を読んで知った「ツーフィンガー法」というテクニックが、TOEICのテストで大変有効だったのでシェアします!

概要としては、リスニングテストのPart3、Part4において、1つのトークから連続出題される3問のうち、2問の回答を指に覚えさせるというものです。

具体的なやり方

私はこれを応用して、スリーフィンガー法にしてやってみました。もし連続3問の解答が(C)(B)(D)だと思ったなら、次のようにします。

1.~~~~~~?

(A)~~~
(B)~~~
(C)~~~(中指でCを押さえる)
(D)~~~

2.~~~~~~?

(A)~~~
(B)~~~(人差し指でBを押さえる)
(C)~~~
(D)~~~

3.~~~~~~?

(A)~~~
(B)~~~
(C)~~~
(D)~~~(親指でDを押さえる)

問題文の読み上げが終わったら、指を見ながら即座に解答用紙に答えをマークします。

そしてすぐに次の設問を確認します。こうすることで、次に読み上げられるトークの中で何が話題にされているのかを事前に知る余裕ができます。

今までは問題1問ごとに解答用紙のマークを塗りつぶしていたため、次の設問の内容を確認する余裕がほとんどありませんでした。

しかし、ツーフィンガー法(スリーフィンガー法)を実施することで、全ての設問で事前に次の問題文のチェックをすることができ、余裕を持って回答することができました!

リスニングテストではすぐにマークを塗らず、レ点にする

合わせておさえておきたいテクニックとして、Part3、Part4ではマークをすぐに塗りつぶさず、レ点だけにしておくというものがあります。

こうすることで問題に集中する時間を少しでも多く稼げます。

レ点部分の解答は、リーディングテスト中に塗りつぶします。Part3、Part4の解答を全て塗りつぶしても2分程度でした。

リーディングテスト75分中の2分を使うことになりますが、リスニングテストの正答率が高まるのなら良い投資です。

その他にもいろいろと役に立ったテクニックがあるのですが、それはまた別の記事で紹介します!

関連記事

  1. 書籍紹介

    誰が読んでもおもしろい小説は「なぜ序盤で読者を引き寄せられるのか?」

    今、ライトノベル寄りの小説を書いています。そこで最近のライトノ…

  2. 書籍紹介

    ランニングを始めてみたい人におすすめ(特に女性)のエッセイマンガ「マラソン1年生/たかぎなおこ」

    「普段全然運動をしないけれど、ランニングに興味がある。」「現在ラン…

  3. 書籍紹介

    「アウトライン・プロセッシング入門」は実にけしからん本でした(良い意味で)

    アウトライン・プロセッシング入門: アウトライナーで文章を書き、考える…

  4. 書籍紹介

    自分の趣味(好き)に自信をもてない人に読んでもらいたい1冊のマンガ

    人には堂々と言えない趣味を持っているとか、ふとしたときに自分の趣味にむ…

  5. セラピスト

    マンガ名言の考察「お前がそう思うならそうなんだろう、お前ん中ではな」

    ※わずかにネタバレ注意via 少女ファイト(1) (イブニ…

SPONSORED LINK




はま




化学系、会社員、文筆家、趣味で深層心理学のカウンセラーをやったりもしています。

詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。

Amazonのほしいものリストを公開中です。

はまへの支援物資リスト

PAGE TOP