Evernote

[編集後記]「OZPAの表4」様への寄稿

いつもお世話になっている@OZPAさんのご好意により、このたび「OZPAの表4」に寄稿させていただきました。
とんでもなく参考になりすぎるEvernote使用例 4 ~@Surf_Fish のノートブック超整理術~
この記事ではEvernoteを使った私のタスク管理について述べているものの、あの記事の内容だけですと総合的なタスク管理という視点では不完全なんですよね。実際はEvernoteの他にTaskChute、Googleカレンダー、GoogleTasksを併用しています。
TaskChute
デイリータスクリスト&作業記録ツールです。Evernoteだけではプロジェクト内の小さなタスクの把握と、作業時間を見積り・記録が難しいため、このツールを使用しています。
Googleカレンダー
リマインダー&予定表として使用しています。Evernoteだけでは、タスクのリマインダー機能と予定一覧の機能が弱いので、このツールを使用しています。
GoogleTasks
簡単なToDoリストとして使っています。外出先で毎回Evernoteのアプリ(Android)からリストを見るのはけっこう大変なので、簡単なタスクであればスマートフォンのホーム画面から見られるGoogleTasksが便利なのです。
1つのアカウントの中に6つのEvernoteを存在させる
改めて、スタック機能は本当に良いものだとアピールしておきます。
記事の中でも述べていますが、私のEvernote管理のキモは「スタック」です。スタックを使うことで「1つのアカウントの中に6つのEvernoteを存在させている」状態なのです。
1つのスタック内で作業しているときはその他の5つのスタックを見ることはありませんから、作業のときに見るノートブックは多くても20冊しかありません。また、Futureスタックなどは4冊で済んでいますので、Futureスタックを見ているときは「ノートブックが4冊しかないEvernote」で作業している状態です。
私のEvernoteはスタックという機能があるからこそ成立しています。スタックにより得られる「良い分断」効果は本当に素晴らしい。

関連記事

  1. Evernote

    Evernoteのバックアップファイルをインポートする際に絶対やってはいけないこと

    絶対やってはいけないこと。それはEvernoteの同期中にバックアップ…

  2. Evernote

    【連載12:Evernote-タスク管理】タスク実行時に見る資料の管理方法

    これまで、本連載ではタスクの管理方法について重点的に説明してきましたが…

  3. Evernote

    【連載5:Evernote-タスク管理】ノート記述で重宝する4つの機能

    【連載4:Evernote-タスク管理】「入り口」を決めて秩序を維持す…

  4. Evernote

    Evernote全ユーザーのパスワードがリセットされたようです

    日曜日はいろんな意味で驚いたEvernoteユーザーが多かったとおもい…

  5. Evernote

    【連載6:Evernote-タスク管理】ノートの記述形式を定めて視認性UP

    【連載5:Evernote-タスク管理】ノート記述で重宝する4つの機能…

SPONSORED LINK




はま中しょうご




セラピスト。32歳からの人生の生き直し1年生。一児の父、化学研究者、ビジネス書作家、セミナー講師、聴覚障害者、抑うつ性神経症患者でもある。

セラピストとして多くの人達の人生のサポーターをしています。モットーは「現実はいつも甘くて美しい」。

詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。仕事に悩める会社員へ。

Amazonのほしいものリストを公開中です。

はまへの支援物資リスト

ブログで紹介したもの など


仮想通貨口座はbitflyerbitbankcoincheckを主に使用中。 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

↓私も購読中の1分で読める仮想通貨速報(LINE@) CoinPicks
こちらの画像からLINE@の登録リンクに飛べます。

↓私が毎日使っているタスク管理ツールです。 TaskChute
高機能の有料版と、体験用の無料版があります。

↓私も参加している有料オンラインサロンです。 LifeEngine
諦めきれない夢を追う同志が集い、日々語らっています。毎月講師を読んでのオンライン学習や、月末のオフライン定例会、不定期で合宿なども行っています。参加者の自発イベントでの交流も活発です。メンバー約60名。
PAGE TOP