書籍紹介

優勝を目的にすると、優勝した時点でその人は弱くなる

梅原大吾さんの3冊目の本を読んでいます。前作2冊とも読んだ自分としては、即座に購入してしまいました。

この本からも、かなり良い刺激をもらいました。元々ゲーマーなこともありますが、最近人生に対して慢性的な行き詰まり感があったためです。

読んでいる途中ですが、気になった点をシェアします。

好結果を得ることを目的にしてはいけない

目的が「優勝」になると、優勝した時点でその人は急激に弱くなる
via 1日ひとつだけ、強くなる。 (中経出版)

本の中では、10年以上も1つのゲームをプレイしていたのに、大きな大会で優勝してしまったことをきっかけにプレイをやめてしまった人のエピソードが出てきます。

この部分を読んだときに、ハッとさせられた気がしました。

元々仕事があまり得意でなかった私は、より効率よく仕事を進めるため、また他人に認められたいために仕事術などに力を入れていた側面があります。

そして少し前に納得のいく仕事術のスタイルを確立し、業績もはるかに良くなりました。

しかしその頃から、このさきの成長を意識できなくなり、…むしろこのさきの成長を考えることが少し苦痛になってきていました。

自分の成長の喜びをシェアすることが楽しくてブログを続けていましたが、「成長している」と感じられなくなった時期から、ブログを書くことも苦痛になっていました。

今後どうするか?という部分はまだ不明瞭ですが、「なぜブログを書くことが苦痛になったのだろう?」という疑問に対する答えが見えてきた感じがしたのは大きな収穫でした。

まだまだもがいてる途中ですが、少し光がさした気分です。

関連記事

大きな目標は無くとも、より良く生きたい人におすすめの1つの習慣
↑梅原大吾さんの以前の著書に関する記事です。

関連記事

  1. Blog企画

    はまの2015年に読んでおもしろかったマンガ10 #manga2015

    連載開始時期などを問わず、単に2015年に読んでおもしろかったマンガを…

  2. 書籍紹介

    自分の趣味(好き)に自信をもてない人に読んでもらいたい1冊のマンガ

    人には堂々と言えない趣味を持っているとか、ふとしたときに自分の趣味にむ…

  3. 書籍紹介

    生産職なら必読!コミック版「ザ・ゴール」は良書でした!

    ザ・ゴール コミック版posted with ヨメレバエリヤフ・ゴール…

  4. ライフハック

    読書やセミナーから時間が経つとやる気が失われてしまう理由と対策

    (1)脳は「気力」を使うことを慢性的に制限しているので、なかなか行…

  5. 書籍紹介

    真面目に生きてきた人ほど笑える日常系漫画!「働かない二人/吉田覚」

    『働かないふたり(4)』読んだ。無職でオドオドしている妹と無職なのを意…

  6. 書籍紹介

    仕事は得意な部下に任せよう!「部下を持ったら必ず読む「任せ方」の教科書/出口治明」

    ライフネット生命の代表取締役会長兼CEOの出口治明さんの本です…

SPONSORED LINK




はま




化学系、会社員、文筆家、趣味で深層心理学のカウンセラーをやったりもしています。

詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。

Amazonのほしいものリストを公開中です。

はまへの支援物資リスト

PAGE TOP