モノログ

USB充電式カイロは良い買い物だった!使用後レポート

317 USB充電式カイロを購入してみました

2週間ほど充電式USBカイロを使ってみたので使い心地をレポートしてみようと思います!

結論から言いますと、これは良い買い物でした!

はまの使用例

1.出勤直後に手を温める

充電カイロを会社の机の引き出しに入れています。ですので、会社に出勤したらまず自分の机に行き、パソコンと共に充電カイロのスイッチをON!

更衣室で着替えてから机に戻る(3分)と、充電カイロはすでにほっかほか。朝のルーチンをこなす合間に充電カイロを握りしめていれば、冷えた手が温まってちょうどよいです。

私は自転車通勤&冷え性なので、本当に助かってます!

上着のポケットに入れて持ち歩く

午前中に実験室で長時間作業する際にも、上着のポケットにいれて持ち歩いています。手が冷えてきたなーと思ったらスイッチON。

3分後はほかほかなので、ポケットから取り出して、握りしめて手を温めます。使い終わったらスイッチを消せば良いので、お手軽に使えていい感じです。

ほぼ日はらまきにはさむ

ほぼ日刊イトイ新聞_ほぼ日ハラマキ2011冬 3ROOMS

私はほぼ日はらまきの愛用者です。ほぼ日はらまきは伸縮性がバツグンなので、このUSB充電カイロをはらまきに挟んで使っています。

立ち仕事で腰が冷えてしょうがないときにとても良い感じです。あと思ったのは、普通の大判ホッカイロなどと比べて、充電カイロは軽いのも良いところです。

ほぼ日はらまきには、お腹にポケットがついたタイプもありますので、そちらと共に利用すればなお良さそうですね~

お昼になったら充電タイム

お昼ごろになったら、充電カイロがなくとも過ごせるようになります。ですので、午前中に使ったUSB充電カイロをパソコンで充電します。

後は帰宅する前に充電カイロをUSBケーブルから取り外し、机の引き出しに収納するだけです。これでまた次の日の朝から使うことができます。

午前中に使用→午後は充電のサイクルとすると、いい感じで継続利用ができそうです。

こちらの記事もいかがですか?

ほぼ日ハラマキをガチでおすすめする5つの理由!愛用歴5年の私が教えます!

今日の猫ちゃん

p0129.jpg

関連記事

  1. モノログ

    意外に簡単&安い!ブロガー名刺の自作にチャレンジしました!

    かん吉さん(@kankichi)のこちらの記事を参考に、私もブ…

  2. うつ病

    うつ治療中の人におすすめしたいの3つの集中・休息グッズ

    うつ治療を開始してから2ヶ月が経過した私ですが、本日紹介するアイテムの…

  3. モノログ

    腰・脚がすぐ張る方におすすめ!オムロンのクッションマッサージャー

    立ち仕事が多かった日は、腰や太もも、ふくらはぎが張って痛くなっ…

  4. モノログ

    ロジクールのワイヤレスヘッドセット(H600)がうまく接続できないときに見る記事

    Bluetoothよりも音声がクリアかつ遅延もないという無線ヘッドセッ…

  5. モノログ

    フルHDのモニターってすごい!特にTwitterが快適!

    1920×1080のディスプレイつないだらTweetdeckが快適…

  6. モノログ

    Amazonでロキソニンを購入してみた。購入数制限があるんだね。

    AmazonでロキソニンSが購入できるようになったと聞いたので、早速購…

SPONSORED LINK




はま中しょうご




セラピスト。32歳からの人生の生き直し1年生。一児の父、化学研究者、ビジネス書作家、セミナー講師、聴覚障害者、抑うつ性神経症患者でもある。

セラピストとして多くの人達の人生のサポーターをしています。モットーは「現実はいつも甘くて美しい」。

詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。仕事に悩める会社員へ。

Amazonのほしい物リストを公開中です。

贈り主にはまが毎日感謝するリスト

ブログで紹介したもの など


仮想通貨口座はbitflyercoincheckを主に使用中。 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

↓私も購読中の1分で読める仮想通貨速報(LINE@) CoinPicks
こちらの画像からLINE@の登録リンクに飛べます。

↓私が毎日使っているタスク管理ツールです。 TaskChute
高機能の有料版と、体験用の無料版があります。

↓私も参加している有料オンラインサロンです。 LifeEngine
諦めきれない夢を追う同志が集い、日々語らっています。毎月講師を読んでのオンライン学習や、月末のオフライン定例会、不定期で合宿なども行っています。参加者の自発イベントでの交流も活発です。メンバー約60名。
PAGE TOP