Blog運営

ブログ記事は完成させないほうが「らしさ」が残るんじゃないだろうか[364]

1ヶ月にブログ100記事書いてみて発見したり変わったりしたこと | goryugo

こちらの記事で紹介されていることは、ブロガーの人なら誰しもが思うことでしょうし、折に触れて目にする情報ではあります。

しかし、1ヶ月に100記事書いた人が語ると重みが全然違いますね。

「書くことがない」とは「書く気になる記事がない」ということ

この表現にはグッと来ました。

私も書こうと思っているネタの数だけであれば、大小合わせて300近くEvernoteに保管されています。

しかし、だからといって、すらすらと記事が書けるわけではないです。

これはやはりストックしているネタの「自分の中での鮮度」というか、旬が落ちてしまってるからなんでしょうね。

ただ、「自分の中での鮮度」というのは自分が勝手にそう思っているだけで、ネタのおもしろさ自体は案外変わってないのかもしれません。

「このネタ、思いついたときはおもしろいと思ったんだけどなぁ…」となる前に、さっさと記事にしてしまった方が良いと思います。これを自分もできるだけ徹底したい。

「瞬発力」「70点のレベルでいいから公開」

ブログを書かない言い訳はいろいろあると思うのですが、「書き切るだけの時間がない」というのが主な理由ではないかと思います。

そういう言い訳を自分の中で止めてしまい、「中途半端でも良いから書いてとにかく公開する」というスタンスが実は良いのではないかと最近感じています。

私も昔は「きちんとした記事だと自分が思えるまでは出さない!」のようなこだわりが強かったのですが、時間をかければかけるほど、「中の人らしさ」のようなものが記事から失われていく感じがするのです。

個人ブログの固定読者さんが期待されているのは、「情報」に加えて「その人らしさ」だと思うのですよ。

例え「情報」としての完成度が乏しい記事であったとしても、「らしさ」を定期的に届けられるブログというのは安定感を持ち始めるのではないかと最近考えています。

ですから、「ちょっとでもいいから毎日更新!」を掲げるブログが最近増えてきつつあることがうれしいこの頃です。

関連記事

  1. Blog運営

    感謝!ブログの更新スタイルについてたくさんの方からコメントをいただきました!

    先日書いたこちらの記事に、想像以上にたくさんの方からコメントをいただき…

  2. Blog運営

    Twitterを活用してブログネタを楽に生み出す方法

    「きのうの自分のツイート」を見返してブログネタを探す習慣はおすすめです…

  3. Blog運営

    人気漫画家の東村アキコさんに学ぶ多くの人にブログを読んでもらう方法

    「ママはテンパリスト」「海月姫」などの人気漫画家である東村アキ…

  4. Blog運営

    過去記事紹介用に「Buffer My Post」プラグインを導入してみました

    最近、Twitterの新規フォロワーさんが増える頻度が高まって…

  5. Blog運営

    小出し書評記事というスタイルも良いかも

    ビジネス書などを読んだ際はできるだけ紹介記事を書くように心がけています…

  6. Blog運営

    ブロガーにおすすめのアニメ!「エロマンガ先生」(ネタバレなし)

    (↑Amazonプライム会員ならクリックですぐに無料視聴できます)…

SPONSORED LINK




はま中しょうご




セラピスト。32歳からの人生の生き直し1年生。一児の父、化学研究者、ビジネス書作家、セミナー講師、聴覚障害者、抑うつ性神経症患者でもある。

セラピストとして多くの人達の人生のサポーターをしています。モットーは「現実はいつも甘くて美しい」。

詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。仕事に悩める会社員へ。

Amazonのほしい物リストを公開中です。

贈り主にはまが毎日感謝するリスト

ブログで紹介したもの など


仮想通貨口座はbitflyercoincheckを主に使用中。 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

↓私も購読中の1分で読める仮想通貨速報(LINE@) CoinPicks
こちらの画像からLINE@の登録リンクに飛べます。

↓私が毎日使っているタスク管理ツールです。 TaskChute
高機能の有料版と、体験用の無料版があります。

↓私も参加している有料オンラインサロンです。 LifeEngine
諦めきれない夢を追う同志が集い、日々語らっています。毎月講師を読んでのオンライン学習や、月末のオフライン定例会、不定期で合宿なども行っています。参加者の自発イベントでの交流も活発です。メンバー約60名。
PAGE TOP