Blog運営

ブログの月間まとめって必要なのかな?

以前に@ttachiさんが「ブログは舞台裏を見せるべきではない」という持論を語られていたことがあって、それがずっと心に残ってる。中の人「らしさ」と「舞台裏」は確かに切り離して考えるべきではないかと思う。Sat Mar 03 10:14:06 via TweetDeck


昨日、月間まとめを書きながら思っていた「月間まとめのあるべき姿、そもそも必要なのか?」という疑問についてつらつらと書いてみました。

1.私が他人の月間まとめを見る視点

数字などを公開されていてもそれ自体にはあまり関心がないです。もし数字が気になる場合は、数字を通したその「ブロガーさんの成長」が気になっているということでしょう。

逆に、読みたくなる月間まとめの特徴は、分析ではなく「所感」がちゃんと書かれていること。

数字やどの記事に注目が集まったということより、その月全体を見渡してみてブロガーさんが感じたこと、すごくうれしかったことなどが書かれていると、読みたくなります。

2.私にとっての自分の月間まとめ

自分の積み上げた記録を定期的に見るという意味では楽しいです。記事エントリー数、RSSへの登録者数、Facebookページのイイネ数、などなど。

あとはアクセス数TOP10などの項目を設定することで、どんな記事が読まれているのか?ということを分析するのも楽しいです。

3.いつも気にかかる問題点

問題は、これらの記録をブログ記事として公開できるように整形する作業に時間がかかってしまうこと。

自分は1時間半ぐらいかかってしまうのですが、1時間半もあれば普段のブログ記事が1~4本かけてしまいます。

それだけの時間をかけてこの作業を続ける意味があるのかな、と最近疑問に思っています。なんせ自分が他人だったら特に興味のない内容が多い記事ですからね。

4.私の結論

月間まとめで定点観測している各種数字や、アクセスの多い記事などを紹介するのは止めようと思います。

そして、止めることで得た時間を他の記事で自分と読者さんを楽しませることに使いたい、そう思いました。

月の振り返りを行なうこと自体は自分にとって有益なので、振り返り自体は行います。しかしそのログはローカルで完結させることにします。

今後は振り返った結果の所感のみを記事にするスタイルで試行してみようと思います。

今日の猫科ちゃん

p0304.jpg

関連記事

  1. Blog運営

    目的を思い返した結果、年間298記事更新の目標をやめることにしました

    2016年の年始に、「今年は298記事更新します!」と宣言しましたが、…

  2. Blog運営

    日刊○○ブームは終わったかもしれない。でも日刊がくれたものもあるよね

    ごりゅごさん(@goryugo)周りから始まった日刊ブーム、覚えてます…

  3. Blog運営

    情報発信の喜びは「誰かの喜び」にあり

    ブログ記事をたくさんの人に読んでもらえるのもうれしいけど、役に立った…

  4. Blog運営

    ブログに関するEvernoteの「よく見る」ノートブックの中身を紹介してみます

    Evernoteに「よく見る」と名付けたノートブックをいくつか持ってい…

  5. Blog運営

    大事なことは「ブログ記事にGiftがあるかどうか」ではないだろうか?

    私も同じでした! “@sawonya: ブログを毎日更新にして、今まで…

  6. Blog運営

    記事にさりげなく画像入りアソシエイトリンクを挿入できる「BabyLink」

    ちょっと応援したい&こういうのを探している人がいるであろうWebサービ…

SPONSORED LINK




はま中しょうご




心の援助者。32歳からの人生の生き直し1年生。一児の父、化学研究者、ビジネス書作家、セミナー講師、聴覚障害者、抑うつ性神経症患者でもある。

心の援助者として「今」から人生を生き直したい人のサポートをしている。モットーは「現実はいつも甘くて美しい」。

詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。仕事に悩める会社員へ。


Amazonのほしい物リストを公開中です。

贈り主にはまが毎日感謝するリスト

ブログで紹介したもの など


仮想通貨の口座はcoincheckを使用しています。 ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

↓私が毎日使っているタスク管理ツールです。 TaskChute
高機能の有料版と、体験用の無料版があります。

↓私も参加している有料オンラインサロンです。 LifeEngine
諦めきれない夢を追う同志が集い、日々語らっています。毎月講師を読んでのオンライン学習や、月末のオフライン定例会、不定期で合宿なども行っています。参加者の自発イベントでの交流も活発です。メンバー約60名。

新着VALU速報

PAGE TOP