講演に向かう電車の中でいつも思うこと

Pocket


今、静岡に向かう電車の中にいます。
今日は静岡ライフハック研究会で「168時間後の自分がわかる時間管理術 – タスクシュート方式」という講演を行うのです。
セミナーの開催者側になるのは何度目かになります。
私は地方に住んでいますので、セミナーに向かうときはいつも電車です。
電車の中では、毎回「憂鬱」と「楽しみ」の両方の気持ちが入り交じっていています。
伝わるだろうか?という不安と、誰かのために情報を発信できる喜びです。
今日は今までの中で最長の講演のため、これらの気持ちがいつもより高まっており、落ち着かない心地です。
ただ、終わってからいつも残るのは「楽しかった!発表して良かった!」という感情だけ。
きっと今日もそうなるのだろうと信じて、これからがんばってこようと思います!

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント 停止中