夜にやりたいことをやるのはおかしい。そう感じたので4:30起きにシフトしました。

Pocket

今日から4:30起床に切り替えてみました。きっかけはたちさん(@ttachi)の記事です。
即実行! なぜかお金が貯まる人が「朝」にしている 10 の習慣 | No Second Life
朝の時間帯に自分を高める活動、自分がやりたいことを目一杯やり、充実した気持ちで仕事を迎える。 そして仕事を定時に終えたらさっさと帰宅して、夜は翌日のために自分の心と身体を休めることに使う。 …

こちらの記事の10項目目で、「朝にやりたいことをやり、仕事は早く帰る、夜はルーチンをこなしてすぐ就寝」というスタイルについて書かれていました。

1.夜にやりたいことをやる違和感

これまでの私は6時起きで、朝の準備のほかはブログ執筆と勉強にあててていました。

つまり、朝は「やりたいルーチン」をこなしていたわけです。そして夜はメンテナンス的な意味合いの強い「やるべきルーチン」と「やりたいこと」をこなす日々を送っていました。

しかし、私は仕事から遅く帰ることが多いため、夜になると「やる気」がほとんど無くなっていることが多いです。

せっかく「やりたいこと」をやる時間を用意していても、「やる気」があまりにも低いと何もできなくなってしまいます。あるいは、やったとしてもキレが悪いんですね。

よくよく考えると「夜にやりたいことをやる」というのはとても非効率的な話でした。やる気がないこともそうですが、夜は娘の面倒を見ながらの細切れの時間しか用意されていないのです。

2.超朝型にシフトすることでしっくりくる予感がした

今回たちさんの記事を呼んで、就寝時間を調整すれば睡眠時間を保ったまま「やりたいことをやる時間」をそのまま朝にシフトできることに改めて気が付きました。

4:30起きにシフトするには、21:00~22:00ごろには寝る必要がありますが、この時間帯はちょうど娘を寝かしつける時間帯です。

娘を寝かしつけて自分もそのまま寝ればいいじゃないか!」と気がついたときに道が開けた気がしました。

・夜の行動はすでにルーチン化されている。
・現在の生活リズムが早めの就寝に適する形になっている。
・やりたいことをやる理由がある。

これだけ材料が揃っているんです。4:30起き、やるしかないでしょう。

3.ということで4:30に起きました

予想通り、すこぶる快調です。

起きて1時間半の間に、朝の準備のほとんどと、やりたくてもやれていなかったことを済ませてこのブログ記事を書いています。

とても清々しい気持ちです。出勤まであと2時間、まだまだやりたいことをやれます!

今日の猫ちゃん

p0524.jpg

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。

コメント 停止中