タスク管理をする人は天才でも頭が良い人でもありません。自分と向き合う人です。

Pocket


タスク管理をされている方とお話をすると、「元々ダラダラしちゃう性格なんですよね」と話す人が多いです。これはガチガチにタスク管理をされている方だったり、私も含めてそうです。


photo credit: Profound Whatever via photo pin cc

タスク管理とは、やるべきことを信頼できるシステムに預け、自分の記憶力ややる気に作用されない仕組みをつくることです。

ですから、タスク管理を行なっている人は、「ダラダラしてしまう自分ときちんと向き合った結果、タスク管理のシステムを構築した人」なのです。


photo credit: Alan Cleaver via photo pin cc

これはタスク管理初心者にとってうれしい事実です。なぜなら、自分にあったタスク管理のシステムを構築することで、自分が憧れている「タスク管理の人」になれる可能性が誰にでもあるということですから。

そしてさらに幸運なことは、タスク管理に特別な才能は必要ないということです。


photo credit: ▓▒░ TORLEY ░▒▓ via photopin cc

今、ネット上にはたくさんのタスク管理の紹介例があります。それらを真似し、小さく少しずつ継続していくうち、誰でも「タスク管理の人」になれるのです。

ただ、1つだけ条件があります。

それは「自分のだめな部分ときちんと向き合う」ということです。この最初の条件さえ乗り越えてしまえば、誰もが「タスク管理の人」になることが可能です。

関連記事

タスク管理を知らなかった私が1年で「タスク管理の人」になった経緯(前編)

タスク管理を知らなかった私が1年で「タスク管理の人」になった経緯(後編)

今日の猫ちゃん


via A Cat Mama’s Unconditional Love

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント 停止中