ペニーボード

ミニクルーザー(ペニースケートボード)のプッシュを練習するコツ(2日でできるようになりました)

本日で2日目のペニースケートボード(以下、ペニーボード)の練習ですが、「プッシュ」と呼ばれる技術がある程度できるようになりました!

「プッシュ」とは、軸足をペニーボードの前側のビス(ホイール)の上に乗せて、利き足で地面を蹴って助走することです。

PUSH | プッシュ 【スケボー スタート HOWTO】

軸足1本でペニーボードに乗ったまま、勢い良く地面を蹴ってスピードを出せるようになりました。

1日目と合わせて実質30分程度でできるようになりましたが、おそらく私はスノーボードで似たような動作を経験しているためでしょう。

地面を蹴り上げたときに、軸足の足の裏に体重(体幹)をきちんと乗せて、片足1本でバランスをとるようにするのがコツと感じられました。あとは目線を足元ではなく、前に向けることですね。この辺りもスノーボードと似ています。

今後はこの「プッシュ」を力みなく、自然に行えるようにしたいですね。今非常に楽しい時期なので、毎日10分でも練習していこうと思います!

追記:2017/09/23

プッシュの練習は、なるべく路面がツルツル(表面が凸凹していないコンクリートの上など)しているところがおすすめです。

もしアスファルトの上で練習する場合、平面ではなく、上り坂でプッシュの練習をしましょう。そうすると、遠慮なく蹴る練習になりますし、前に倒れる可能性が少ないです。仮に後ろに倒れても、ボードが上っていくだけなので、ボードを追いかけずとも、勝手に戻ってきます。

後は、天候にも注意してください。向かい風に対してプッシュするのはかなりしんどいです。逆に、追い風の場合は、軽いプッシュですいすい進むので楽です。雨で路面が濡れているときは、初心者は絶対にプッシュの練習をしないでください。スケートボードよりも板の上が滑りやすいので、それによる転倒で恐怖心が植え付けられてしまうと今後の挽回が大変です。

1回のプッシュで進む距離を増やしたいときは、ボードに乗せている左足の膝を、右足で地面を蹴り出した後にぐっと上に伸ばしながら、つま先~土踏まず~かかとに重心が移動する感覚を意識してみてください。

ボードに乗せている足の膝をぐっと伸ばすことでも加速することがわかると、右足のキックに無駄な力が入らないので、わずかな力でプッシュができるようになります。

※Amazonだと12000円台でしたが、楽天であれば10000円前後で購入できました。(2016/04/16時点)
※ペニーボードが売り切れている場合は、こちらからミニクルーザーを検討ください。→Amazonで調べる

関連記事

子供と公園に行く際のお供にペニーボードを購入しました!
ミニクルーザー(ペニースケートボード)のプッシュを練習するコツ(2日でできるようになりました)
ミニクルーザーがスケートボードの入門におすすめな理由

関連記事

  1. モノログ

    カフェインレスコーヒーの作り方を化学者視点で解説してみたよ!

    最近、カフェインレス(デカフェ)コーヒーに興味を持ったので、その作り方…

  2. モノログ

    のどスプレーの真価は予防に使えることにある

    のどスプレーの真価は「予防に使える」ことにある!喉が痛くなってきたら噴…

  3. モノログ

    Xperia Z5に機種変更しました。実質負担額1万円以下のメモ。

    docomoでXperia Z1を2年使いきったので、ドコモショップで…

  4. モノログ

    本当にリンスがいらないシャンプーの時短&ストレスフリー感がすごい

    本当にリンスがいらないシャンプーってあるんですよ。むしろ、髪の毛が傷ん…

  5. モノログ

    スマホでブログを書くためにモバイルキーボードを買いました

    2016年は年間298記事更新を目標にしています。この目標を掲…

  6. モノログ

    私のairpenの使い方-Evernoteとの連携が便利-

    airpen MINIを使ってるんで、購入を考えてる人の参考になれば。…

SPONSORED LINK




はま




化学系、会社員、文筆家、趣味で深層心理学のカウンセラーをやったりもしています。

詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。

Amazonのほしいものリストを公開中です。

はまへの支援物資リスト

PAGE TOP