実行しやすい「やること」を書くコツは「他人」と「5W2H」

Pocket

実行しやすい「やること」を書き出すためのコツについて、順序立てて説明していきます。

・なぜそうする必要があるのか?(書き出す目的)
・どの程度までやればいいのか?(書き出す程度の目標)
・どういう手順でやればいいのか?(書き出す方法)

1.目的

・未来の自分に伝わること
・未来の自分が迷いなく行動できること

2.目標

・他人が見てもわかるぐらいのレベル

「未来の自分=他人」です。ですから、「ここまで書き出せば、他人が見てもわかるだろう」というレベルまで書き出すと良いのです。

3.方法:5W2Hを具体的に書き出す

まず自分が思い浮かべた「やること」に対し、5W2Hに沿って具体的にしていきます。

5W2Hとは「だれが・なにを・どこで・いつ・なぜ・どのように・どのぐらい」ですね。

実践例「本を読む」

「本を読む」

という「やること」を例にして実践例を紹介します。

だれが

私は本を読む。

なにを

私はノマドワーカーという生き方を読む。

どこで

私はノマドワーカーという生き方家で読む。

いつ

私はノマドワーカーという生き方を家で朝起きてすぐ読む。

なぜ

私はノマドワーカーという生き方を家で朝起きてすぐ読む(将来独立したいので、その参考としたい)

どのように

私はノマドワーカーという生き方を(家で)朝起きてすぐ布団に入ったまま読む(将来独立したいので、その参考としたい)。

どのぐらい

私はノマドワーカーという生き方を(家で)朝起きてすぐ布団に入ったまま5ページ読む(将来独立したいので、その参考としたい)。

実践結果

朝起きたときに、リマインダーアプリから

本を読む

と表示された場合と、

私はノマドワーカーという生き方を朝起きてすぐ布団に入ったまま5ページ読む。

※将来独立したいので、その参考としたい。

と表示された場合、後者の方が実行しやすいですよね。

まとめ

未来の自分が迷わず実行できるように「やること」を書き出すには、

・他人が見てもわかるだろうというレベルを目標にして
・5W2Hをトリガーにし、目標に到達したと思えるまで書き出す

これを実行すれば良いのです。

なお、毎回丁寧に5W2Hを書き出すと面倒だと思うので、「書き出す労力に見合うところまで」でいいと思います!

何度も目にするリピートタスクなどは丁寧に書きだすことがおすすめですね!

関連記事

実行しやすい「やることリスト」をつくるための2つのポイント

こちらの記事もいかがですか?

私が部下に初めての仕事を任せるときに心がけている3つのポイント
メール効率化講座を始めた理由:現場の人間は仕事術どころじゃない
会社員が本当の自由を得るカギは「他人をどれだけ喜ばせられるか」
良い資料をつくるなら「長い期間で少しずつ」をおすすめする理由
やりたいことを朝にやってから会社に行く3つの利点

今日の猫ちゃん


via An Unexpected New Kitten and Her 2nd Chance

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。

コメント 停止中