ライフハック

認知リソースは仕事効率化のカギ

認知リソースの節約は重要です。これは起きているだけで減っていくデリケートな資源です。 予定や作業を管理することは果たして「面倒」なのか?ーアシタノ・ハックス第2回 http://t.co/AOJcoPBFSat Dec 17 03:20:01 via web


認知リソースについては、私は佐々木さん(@nokiba)にならって認知資源と呼んでいます。

認知資源は起きているだけで消費される

人間は起きているだけで、目や耳からいろんな情報を「認知」しています。

これは無意識に行われている行動ですが、その無意識の中で「認知資源」はどんどん消費されているのです。

車がアイドリング状態でもガソリンを消費することを思い浮かべてもらえれば良いかと思います。

認知資源を多く消費する行動

「認知資源」を多く消費する行動というのは、「物事を考える」です。車だとアクセルを踏んで走っているときですね。

ですから、心配事があったり、頭の中で何かを考えながら別のことをしていたりする状態では、認知資源を常に多く消費していることになります。

記録は認知資源の節約に役立つ

認知資源が枯渇してくると、ひどく疲れを感じたり、ミスをすることが多くなったりします。

ですから、物事を効率よく進めていくためには、必要なときだけ認知資源を使い、それ以外ではなるべく認知資源を節約することが大切です。

予定や作業を管理したり、記録をとったりしておくというのは、認知資源の節約にとても役立つのです。

頭の中だけで処理することは認知資源の無駄遣い

また、マジックナンバーという言葉があるのですが、人間が同時に頭の中で覚えていられる物事は「5±2の数」までだそうです。

ということは、頭の中でいくつものことを同時に考えていると、マジックナンバーからあふれた物事については、何度も何度も考えなおす必要があります。これはまさしく認知資源の無駄遣いです。

記録をとっておけば、勝手にその記録が消えてなくなるようなことはありませんので、予定や作業を管理したり、記録をとったりすることは認知資源の節約につながるのです。

認知資源を回復させるには

佐々木さんも言っておられますが、回復させるには「寝る」しかありません。ですから、睡眠時間の確保はとても重要です。

今日の猫ちゃん

p1218.jpg

関連記事

  1. ライフハック

    やる気をあたためて仕事につなげる休憩の仕方

    Wordで落書きして休んでください。Wordでかくという潜在記憶を活性…

  2. ライフハック

    元ネットゲーム廃人が教えるゲーム中毒に陥らないための3つのコツ

    2013年9月14日にモンスターハンター4が発売されましたね。…

  3. ライフハック

    「頭の中の言葉を書き出す時間」を持つ3つの利点

    取り入れて良かったなと思った最近の習慣の紹介です。その習慣とは「毎朝、…

  4. ライフハック

    初めての仕事でも物怖じせずに取り組むためにやっている1つのこと

    ※シゴタノ!の初投稿においてボツにした記事です。ところどころ文面がおか…

  5. ライフハック

    私が部下に初めての仕事を任せるときに心がけている3つのポイント

    初めての仕事をやり遂げた部下の顔は満足気です。自信に溢れ、自ら提案して…

  6. ライフハック

    私がタスク管理をはじめたきっかけ-日刊298

    "この話を聞いていただくことで、自分に合ったタスク管理を考えることの…

SPONSORED LINK




はま中しょうご




化学研究者、ビジネス書作家、セミナー講師、セラピスト修行中、聴覚障害者、抑うつ性神経症患者でもある。

モットーは「現実はいつも甘くて美しい」。

詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。仕事に悩める会社員へ。

Amazonのほしいものリストを公開中です。

はまへの支援物資リスト

ブログで紹介したもの など


仮想通貨口座はbitflyerbitbankcoincheckを主に使用中。 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

↓私も購読中の1分で読める仮想通貨速報(LINE@) CoinPicks
こちらの画像からLINE@の登録リンクに飛べます。

↓私が毎日使っているタスク管理ツールです。 TaskChute
高機能の有料版と、体験用の無料版があります。

↓私も参加している有料オンラインサロンです。 LifeEngine
諦めきれない夢を追う同志が集い、日々語らっています。毎月講師を読んでのオンライン学習や、月末のオフライン定例会、不定期で合宿なども行っています。参加者の自発イベントでの交流も活発です。メンバー約60名。
PAGE TOP