10年前のフィットからフリードに乗り換えて感動した2つの機能

Pocket

Honda│クルマ│フリード

購入したのは、ガソリン車タイプのGジャストセレクションのフリード2012年モデルです。

10年前のフィットから乗り換えたので、いろいろと便利な機能があることに驚きました。この驚きをシェアしたいと思います。

1.オートクルーズ機能

オートクルーズコントロールとも呼ばれている機能ですね。走行中にオートクルーズ機能をONにすれば、アクセルを踏まずとも走行速度を維持してくれます。

最高で100kmまで設定可能なため、高速道路を使った長距離の移動などが大変楽になりそうです。

試してみました!

制限速度60kmの流れの良い道路で試しに使用してみたところ、アクセルを踏まなくてもよいということが予想以上に快感でした!足が疲れないって素晴らしい…

そして、オートクルーズ中はハンドルについてるボタンをおせばアクセルふかせられるので、手元だけで運転が可能です。

ブレーキを踏めばオートクルーズは即解除されるので、普段通りに運転していれば追突の心配もなさそうです。

2.オートリトラミラー

オートリトラミラーとは、ドアロックの開閉に連動してサイドミラーが開閉する機能です。

この機能の一番便利な点は、鍵が閉まっているか一目でわかるところです。

鍵がしまっているかどうか心配になったとき、いちいち車のそばまで戻らなくてもいいのはとても楽です。

今日の猫ちゃん


via beardedmistress: Claude, my baby boy

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • トラックバック 停止中
  • コメント (3)
  1. はまさんの興味ある話だということで嬉しいです。
    あまり人に読んでもらう文章を書き慣れていないので読みにくいかもしれませんが、ともかく書いてみますね。

    まず、この話は対象者が限られるニッチな話だと思っています。

    ・サービス対象車種のユーザーであること
     (Honda車以外でも同様のことはできるかもしれませんが未調査です。leafあたりはできるのかも)
    ・外出時の出発、到着時刻に興味がある人、有用性を見いだせる人

    それ以外の人にはあまり役に立たないかもしれません。

    Hondaのサービスに「インターナビ・リンク プレミアムクラブ」というものがあります。
    注目されがちなのは双方向通信のカーナビゲーション機能ですが、機能の一部「eco情報」が今回の主役です。

    車が自動で燃費記録を付けてくれて、PC等からもそれを参照できるのですが、燃費だけでなく車のエンジンをON、OFFした時刻もわかる、というところがポイントです。

    この機能の概要を説明すると、ドライブ後エンジンをOFFにした際、そのドライブの燃費データがナビに記録されます。
    次回エンジン起動時にそのデータはサーバに送られ、それらの蓄積データはPC等から参照できるようになります。

    カーナビの画面では燃費そのものの履歴が表示されるだけですが、実はPCからはもっと詳細な情報を得ることができるのです。
    http://www.honda.co.jp/internavi/ecology/result/history/index.html

    この情報をうまく拾ってやれば、出発時刻、到着時刻については手動で記録を残しておかなくても、後から参照することができる、というわけです。
    私はひととおり燃費に興味が無くなった後も、TogglやPaymo等の時間管理アプリを補う用途に使っています。

    例えばA→B→C→Aと移動した場合、A→B、B→Cの移動の出発、到着時刻、所要時間、Bで過ごした時間が算出でき、加えてC→Aを手動で記録しておけば出発、到着時刻とCで過ごした時間も帰ってきてすぐに算出できるという塩梅です。
    (ここ少しわかりにくいかもしれませんね。ご要望があればもう少し具体的な実例を準備します。)

    私は外回りの日課があるので、こういう記録が少ない手間でできるのはとても便利です。
    TaskChuteに記録しているので、AからBまではXX分かかるという情報や、Cでの仕事は短く感じるけれども結構かかっていることが多いな、という情報が客観的に正確なデータとして収集できていると思っています。
    この車で良かった、インターナビプランにして良かったと思う理由の最上位です。

    また、家族で出掛ける際、しょっちゅう私がTogglをポチポチ操作しているのが妻には不評なのですが、そういう面でも自動記録というのはありがたいことです。

    なお、注意すべき制約条件がいくつかあります。
    まず、Honda車であっても車種によってはサービスを利用できなかったり通信に費用がかかること。次に、最後の燃費履歴は反映されないこと(前述のデータ転送時期のせい)。それから、ドライブごとの燃費履歴は30日の保存期間を過ぎると参照できなくなること。

    また、これは経験則ですが、1分未満の短い移動は記録されないようです。分水嶺が1分なのか、はたまた時間ではなく距離で切っているのか不明ですが、短い移動は手動記録でも保険をかけておいた方が無難です。

    個人的には前々から便利に使っているテクニックなのですが、自分はブログ等の情報発信メディアも持っていないので、手元で暖めているだけのネタでした。
    はまさんのフリードの記事を契機に、はまさんの許可も出たので書いてみました。

    もし他の人にも共有すべき価値のある情報であると感じられたら、はまさんの言葉で記事にしていただいても結構です。
    そうなったらとても光栄なことですね。

    • 坂根
    • 2012年 10月8日

    初めまして。TaskChuter歴3ヶ月ほどのTaskChuterです。
    はまさんの記事は実用的なもの、即効性のあるものが多くて、いつも楽しみに読んでいます。

    Honda車ユーザとして便利に使っている機能があるのですが、このコメント欄で紹介させてもらってもいいですか?
    一言で言えば、「Honda車の一部が自動でサーバに送っている時間記録を活用する」という話なのですが。

    • hama73
      • hama73
      • 2012年 10月8日

      >坂根様
      おお!いつも読んでいただいてありがとうございます!
      とてもおもしろそうなので、ぜひご紹介いただければと思います!

コメント 停止中