Blog運営

RSSが廃れたら「ぼくはここにいるよ」と言い続ける必要性が高まるのかも

Googleリーダーの廃止予告と、↓こちらの記事を読んで思ったことを書きます。

Google Reader がなくなるのは実はよいことかもしれない | Lifehacking.jp

(今日の猫ちゃん画像は → Kitty Sees the World the First Time

1.毎日更新の重要性がますます高まるのでは?

更新頻度が低いブログの記事をすくい上げるためにRSSリーダーを利用している人は少なくないと思います。私もその一人です。

RSSが廃れたら、直接ブログをブックマークして読んでくださる方の割合が増えるかもしれません。そうしたときに重要になってくるのは、そのブログの更新頻度です。

訪問してくれたときにブログが更新されていないと、間違いなく読者をがっかりさせるでしょう。それを考えると、ブログを毎日更新することの重要性はますます高まると予想されます。

面白い記事書いてるな!と思って、次の日来てみたら、更新されておらず、その次の日も更新なし。それで、一週間くらいたって、「あ、あのブログ更新されているかな?」と奇跡的に思い出して、ブログを開いてみると、やはり更新されていない……。

こんなブログをまた読もうと考えますかね?
via 当たり前だが、ブログは更新しないと成長しない

2.SNSでの更新通知の重要性も高まる

RSSが廃れたら、SNSを経由してブログを訪問してくれる人の割合も増えそうです。

ということは、SNSを意識したタイトル付けや記事構成はもちろん、自らSNSで声を出すことがますます重要になりそうです。

実際、すでに動き出している人たちもいます。

[Å] あかめ女子のwebメモTwitter公式アカウントを作ってみました! | あかめ女子のwebメモ
ブログ更新通知用のTwitterアカウントを作ってみました。「@info_tamkai」ってアカウントになります。 | 切り抜きジャック

(個人的には、ブログ公式Twitterアカウントを一度試したときの結果を思い出して様子見しています。)

まとめ

RSSがもし廃れたら

・毎日更新の重要性がますます高まる
・SNSを意識したブログ運営の重要性がますます高まる

つまり、「ぼくはここにいるよ!」と自らアピールすることがますます必要になっていくように思います。

自己主張が苦手な当ブログとしてはやっかいな問題です…

この記事と似たような話題として、こちらの記事もおすすめですよ↓
ココに来いよ!と強く言えるようなブログ作りが重要になるんだろうね*frasm

Googleリーダー廃止に関する個人的な思い

今までずいぶんとお世話になっているので、本当に廃止されるなら哀しいです。

しかし、「必ず必要なツールか?」と問われればそうではないので、廃止後のことについては楽観視しています。

関連記事

  1. Blog運営

    目的を思い返した結果、年間298記事更新の目標をやめることにしました

    2016年の年始に、「今年は298記事更新します!」と宣言しましたが、…

  2. Blog運営

    Twitterを活用してブログネタを楽に生み出す方法

    「きのうの自分のツイート」を見返してブログネタを探す習慣はおすすめです…

  3. Blog運営

    予想外の反響があったブログ記事ほど分析すべき理由

    ブログを続けていると、思いがけない記事が大きな反響を呼ぶことがあると思…

  4. Blog運営

    HootSuiteで予約投稿をしている人に朗報!Chrome拡張機能(投稿専用)がすごく便利!

    ブログ記事の更新ツイートを予約投稿するためだけにHootSuiteを使…

  5. Blog運営

    記事にさりげなく画像入りアソシエイトリンクを挿入できる「BabyLink」

    ちょっと応援したい&こういうのを探している人がいるであろうWebサービ…

  6. Blog運営

    書評の書き方について、特にゴールと記事の成功について改めて考えてみた

    普段あまり書評を書かないため、書評記事を書くときはけっこう苦労していま…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

SPONSORED LINK




はま




化学系、会社員、文筆家、趣味で深層心理学のカウンセラーをやったりもしています。

詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。

Amazonのほしいものリストを公開中です。

はまへの支援物資リスト

PAGE TOP