チョッカク、├、&#9492

Evernoteでタスク管理

Evernoteでサブタスクを管理するときの便利Tips(TaskChuteにも良い)

タスクには主となるメインタスク(あるいはプロジェクト)があり、そこにぶらさがるサブタスクが存在することが多いですね。

Evernoteのタスク管理では、そのようなサブタスクを管理する際は「行頭を下げてチェックボックスをつける」とこれまで説明してきました。

しかしこの方式では、改行した後「スペースを入力し、Ctrl+Shift+Cでチェックボックスを入力する」と一手間が必要でした。

記号を使うことで視認性を維持しつつ快適に入力

そこで、「チョッカク」「├」「└」のような記号を使います。

チョッカク、├、&#9492

これらを使ってサブタスクを入力すると以下のようになります。

タスクリストが見やすくなりましたね。スペースで行頭を下げていないので、改行するだけで自動的にチェックボックスが生成されて入力が楽です。

単語登録やGoogle日本語入力との併用がおすすめ

これらの記号は単語登録やGoogle日本語入力のサジェスト機能と共に使うとさらに便利です!

私は「└」を「さげ」と単語登録し、「さ」と入力したらGoogle日本語入力のサジェスト機能ですぐに呼び出せるようにしています。

TaskChuteでも便利に使えます

TaskChute上でこのTipsを使っても便利です。

まとめ

・罫線記号を使うことでタスクリストの視認性をアップさせる
・Evernoteのタスク管理の場合、サブタスク入力が楽になる
・TaskChuteの視認性アップにも使える

今回の記事を書くにあたって参考にした本はこちら。Kindle版は62%OFFセール中です。(2013/04/04現在)

こちらの記事もいかがですか?

【連載6:Evernote-タスク管理】ノートの記述形式を定めて視認性UP
【連載5:Evernote-タスク管理】ノート記述で重宝する4つの機能
よく打ち間違える単語は間違ったまま単語登録する

今回紹介した罫線記号についてさらに詳しく知りたい人はこちら。
けい線素片(ruled line.)

関連記事

  1. GTD

    WinGTDがTaskChute2と相性が良い理由

    TaskChute2には、タスク開始時に予め設定しておいたハイパーリン…

  2. TaskChute

    279「わずかな自由時間に集中するためにルーチンを把握する」

    シゴタノ! ―    人生の「ルーチン」…

  3. TaskChute

    時間入力に便利!Excelのオートコレクト機能を使って「:」を押す手間を省く

    Excelのオートコレクト機能を使うことで、時間の入力で「:」…

  4. TaskChute

    私のTaskChuteの使い方

    今回は私が普段TaskChuteをどのように使っているかを晒してみよう…

  5. TaskChute

    PDCAは失敗を重ねるのに対し、タスクシュートは成功を重ねる。

    PDCAサイクルとタスクシュート方式は似て非なるものです。そのことにつ…

  6. TaskChute

    [TaskChute]ハイパーリンクを使い倒せ!5つの活用例も紹介します!

    概要方法:TaskChuteの「タスク」と「Webサイト・…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

SPONSORED LINK




はま中しょうご




化学研究者、ビジネス書作家、セミナー講師、セラピスト修行中、聴覚障害者、抑うつ性神経症患者でもある。

モットーは「現実はいつも甘くて美しい」。

詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。仕事に悩める会社員へ。

Amazonのほしいものリストを公開中です。

はまへの支援物資リスト

ブログで紹介したもの など


仮想通貨口座はbitflyerbitbankcoincheckを主に使用中。 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

↓私も購読中の1分で読める仮想通貨速報(LINE@) CoinPicks
こちらの画像からLINE@の登録リンクに飛べます。

↓私が毎日使っているタスク管理ツールです。 TaskChute
高機能の有料版と、体験用の無料版があります。

↓私も参加している有料オンラインサロンです。 LifeEngine
諦めきれない夢を追う同志が集い、日々語らっています。毎月講師を読んでのオンライン学習や、月末のオフライン定例会、不定期で合宿なども行っています。参加者の自発イベントでの交流も活発です。メンバー約60名。
PAGE TOP