ライフハック

オンラインゲームのために私が英語を勉強する5つの理由

少し前から、妻や友人数名とLeague of Legendsという5対5の対戦型オンラインゲームをやっています。

このオンラインゲームを始めたことで、結果的に私の英語学習のモチベーションはかなり上がりました(現在TOEIC500~600点のレベルなので、もう少しレベルアップしたいのです)。

今日はその理由を紹介します。

1.英語のゲームである
2.英語が話せないと悔しい思いをする
3.英語を理解できれば強くなれる
4.生の英語に触れている感覚が味わえる
5.海外の友人ができる

1.英語のゲームである

このゲームはアメリカの会社のオンラインゲームのため、ゲーム内での言語はもちろん、関連サイトも全て英語です。

プレイする分には中学レベルの英語能力があれば問題ないのですが、外人さんと会話をしたり、攻略サイトを見るとなるとそれなりに英語の能力が必要になります。

ゲームをプレイしていると必然的に英語を使わざるをえないので、英語に対する意識が刺激されます

2.英語が話せないと悔しい思いをする


photo credit: Adam Foster | Codefor via photopin cc

外人さん達はかなりはっきりとモノを言います。ミスをしたら責められますし、指示もドンドン出してきます。

そんなとき、適切な英語がすぐに思い浮かべられないと、何も言い返せません。やり方が間違っていると思っても自分が指示を出すこともできません

はっきりいってこれは相当悔しいです。自分がうまく伝えられていれば勝っていたと思える試合もあり、英語の瞬間的な会話能力が欲しいと思わされます

3.英語を理解できれば強くなれる


photo credit: Jeff Kubina via photopin cc

ゲームの関連サイト、掲示板、攻略サイトなどは全て英語で記述されていますから、最新の情報やトッププレイヤーの戦術などを学ぶには英語のサイトを熟読する必要があります。

これはつまり、英語さえできればネット上でゲームに関するあらゆる有利な情報が得られ、強くなれるということです。

やるからには勝ちたいですから、義務感などなく、勝ちたい一心で英語のサイトを読み漁っています

4.生の英語に触れている感覚が味わえる


photo credit: vanessa_hutd via photopin cc

「YOLO」

この前プレイしていたら言われた言葉です。この省略語の意味、わかりますか?

アメリカで一番流行っている省略語YOLOって何の意味?|Entertainment Now
YOLOの意味とは ハリウッドスターが手に彫ったタトゥーのスラング | 英語 with Luke

ネット上のスラングではなく、リアルでも普通に使うスラングのようですね。日本の中だけで普通に英語を勉強していたら、ずっと出会うことはなかった言葉だろうと思います。

海外でもオンラインゲームをプレイしているのは10代~20代の子が多いですから、こういった言葉に出会える機会が多くて本当にワクワクします

5.海外の友人ができる

これまでアメリカ、中国、台湾、ニュージーランド、EUなどなど、いろんな国や地域の人たちといっしょにプレイしてきました。

良い試合をきっかけに友情が生まれることもありました。こうした海外の友人達と話すときは、もちろん英語を使います。

英語を通じて自分の思っていることを伝えられたとき、相手に英語で褒められていることがわかったときなど、最高にうれしいです

英語ができると世界が広がると教えてくれたのはオンラインゲームだった

思えば、10年前にもDiablo2というオンラインゲームでアメリカ人や韓国人と英語で会話し、ゲームをしていました。

あの頃はこんなにも深く考えたことはなかったけれど、海外のプレイヤーとやりとりする楽しさは同じように感じていました。

「英語ができれば世界が広がる」

社会人になってから英語の学習を再開したときは、↑の言葉はぼんやりとしか想像できませんでした。

でも、今はオンラインゲームを通じて、英語が自分の世界を広げてくれることをリアルに体感できています。

私にとって、英語が使えることの楽しさを教えてくれたのはオンラインゲームでした。

まとめ

英語の能力を高めることを目的に英語を勉強している人は多いと思います。実際、過去の私もそうでした。

でも、それだけだとやはりどこか虚しくて、勉強にもあまり身が入らないんですよね。

英語が目的ではなく何か楽しい目的を達成するために英語を使う、この状態に持っていくことが楽しい英語学習につながるんでしょうね。

言葉の壁を超えてでも楽しみたい何か、それを見つけられれば、案外英語学習は楽しくやれるのかもしれません。

私の場合は、それがたまたまオンラインゲームだったようです。

追記(2013/04/24 8:00):招待用リンク

いっしょにLeague of Legendsをやってみたいという友人用に招待リンクを貼っておきます。

新規アカウント作成 | ゲーム内特典付き

↑ゲーム内通貨を多く持った状態でゲームを始められます。

関連記事

  1. ライフハック

    眠れないときに考え事を書き出す利点を改めて考える

    夜眠れないとき、それは何か考え事をしてしまっているときではないでしょう…

  2. ライフハック

    嫌な出来事で気分がモヤモヤしているときの穏やかな対処法

    失敗したり、誰かと喧嘩になったときなど、その後「なんとなく嫌な気分」を…

  3. ライフハック

    @bamka_tに学ぶイイ男の条件

    先週末に@bamka_tさんにお会いして、彼が間違いなくイイ男であるこ…

  4. ライフハック

    [Lifehack]なかなか匂いのとれない洗濯物にクエン酸洗濯

    しっかり洗ってるはずなのに洗濯物の嫌な匂いが落ちないときってあります…

  5. ライフハック

    マインドマップで作業記録をとる2つのメリット

    あなたはここ数ヶ月にやった作業をすぐに思い出せますか?いくつかは思い出…

  6. ライフハック

    「GTDとは何か?」をタスク管理の人たちでトークしてみました(その2)

    その1の記事はこちらです。合わせて読まれたほうが楽しめると思います。…

コメント

  • コメント (4)

  • トラックバックは利用できません。

    • sysq
    • 2013年 4月 25日

    LoLとか懐かしい。かなーり前にやってました(笑)
    私もFPSゲームで外人と交流するようになってから英語学んだな~。

    • hama73
      • hama73
      • 2013年 4月 25日

      sysqさんお久しぶり!こっちのブログも見てくれてたとかうれしいわー!
      また何かの機会でごいっしょできたらいいなー!

    • おぎりん♪
    • 2013年 4月 24日

    Ricaball32を是非登録よろっす!

    • hama73
      • hama73
      • 2013年 4月 24日

      おにぎり!おにぎりじゃないか!さっきフレンド登録飛ばしたよ!
      またいっしょに遊べるなー!

SPONSORED LINK




はま中しょうご




心の援助者。32歳からの人生の生き直し1年生。一児の父、化学研究者、ビジネス書作家、セミナー講師、聴覚障害者、抑うつ性神経症患者でもある。

心の援助者として「今」から人生を生き直したい人のサポートをしている。モットーは「現実はいつも甘くて美しい」。

詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。仕事に悩める会社員へ。


Amazonのほしい物リストを公開中です。

贈り主にはまが毎日感謝するリスト

ブログで紹介したもの など


仮想通貨口座はbitflyercoincheckを主に使用中。 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

↓私が毎日使っているタスク管理ツールです。 TaskChute
高機能の有料版と、体験用の無料版があります。

↓私も参加している有料オンラインサロンです。 LifeEngine
諦めきれない夢を追う同志が集い、日々語らっています。毎月講師を読んでのオンライン学習や、月末のオフライン定例会、不定期で合宿なども行っています。参加者の自発イベントでの交流も活発です。メンバー約60名。
PAGE TOP