TaskChute

はまの家庭でのTaskChute使用実態(Amazonレビューへの回答)

また、家庭でのタスクシュートの使い方ももう少し詳細に知りたい。家庭でも利用したいと思うものの、パソコンを開きっぱなしにしておくのか、作業のたびに毎回パソコンに戻ってくるのか、等、そんなの自分の好きなように…と言われそうなちょっとしたことで挫折してしまうので、どう実践されているのか知りたい。
via Amazon.co.jp: カスタマーレビュー: 会社員のための究極のタスク管理 「君ならまかせて安心」と言われる仕事術 5つのコツで「時間」と「情報」は自由に使える! (impress QuickBooks)

レビューにいただいたコメントへの返答記事です。

1.パソコンは開きっぱなしです

家にいるときは、パソコンは電源ONかスリープの状態にしています。パソコンの前から30分以上離れるような場合、スリープにしておき、戻ってきたらすぐにパソコンを起動しています。

また、私はノートパソコン(ThinkPadX220)にディスプレイを外付けし、デュアルモニタ環境にしています。メインで見る画面は外付けのモニターで、ノートパソコンのモニターには常にTaskChute2が表示されています。

サブディスプレイにTaskChuteを常に表示していると、作業を脱線してしまったときなどでもすぐに「脱線していることに気がつける」利点があります。また、次に何をするのか?をTaskChuteで確認する際に、画面を切り替えなくて済むのがストレスフリーで良いです。

(ただ、わざわざサブのディスプレイを用意する必要はないと思います。デュアルモニタにしているのはただの趣味です。)

2.作業の度に毎回パソコンに戻るのか?は目的次第

基本的にはパソコンに戻っています。次の作業を確認する必要があるからです。

ただし、次の条件が揃っているときは、パソコンに戻らずに連続で作業しています。
(1)次にやるルーチンがわかっている
(2)そのルーチンは見積時間=実績時間になることがわかっている

やることがわかっているし、このまま連続で作業すれば見積時間通りに作業が終わりますから、全て作業を終えてからTaskChuteに時間を入力します。

この場合、TaskChuteの役割は「作業時間を記録するツール」というよりは「ToDoを管理するツール」に近いです。

なお、TaskChuteの役割は「記録を残す」「やることを管理する」「未来の見通しをつける」といった複数の面を持ちます。

「記録を残す」ことを重視するのなら、作業毎にパソコンの前に戻った方が良いでしょう。

「未来の見通しをつける」だけであれば、好きなときにパソコンに戻り、このまま行くとどうなるのか?という見通しを得る道具にすれば良いと思います。

関連記事

  1. TaskChute

    TaskChuteに関する情報を世の中にもっと増やしたい

    TaskChute1と2の比較表を誰かつくってくれないかなぁ。私はも…

  2. Blog企画

    私の朝のルーチンタスクを晒してみます

    一時期流行ったEvernoteのノートブック晒しの次に来るのは、ルーチ…

  3. TaskChute

    TaskChute超初心者が初心者になるための連載-(6)インターフェイスの解説(その3)

    TaskChute超初心者が初心者になるための連載-(5)インターフェ…

  4. TaskChute

    TaskChuteのお供にGoogleカレンダーはいかが?リマインドが上手ですよ

    TaskChuteはタスク実行日の柔軟なリピート設定が可能です。時間帯…

  5. TaskChute

    TaskChute超初心者が初心者になるための連載-(7)新規タスクを追加する

    TaskChute超初心者が初心者になるための連載-(6)インターフェ…

SPONSORED LINK




はま




化学系、会社員、文筆家、趣味で深層心理学のカウンセラーをやったりもしています。

詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。

Amazonのほしいものリストを公開中です。

はまへの支援物資リスト

PAGE TOP