TaskChute

TaskChute2で365日分の日付区切りを作成するときのメモ書き

↑日付区切りというのはこういうやつですね。これをつくることで、明日以降のタスクが把握しやすくなります。

ProjectとModeを空欄にすれば日付区切りになります。

1年分の作り方(5分程度)

1.日付区切りを365個複製する

作成済みの日付区切りを選択した状態で、TaskChute2の複製コマンド(Ctrl+Shift+R)を実行します。

「複製する行数を指定してください。」と聞かれたら、「365」と入力します。

2.日付を書き換える

「月日」を1日ずつ書き換えます。

あとは、↑の画像なら4/4、4/5、4/6となっているところを選択して、選択範囲の右下隅をクリック→365日分をドラッグします。

マウスのボタンを放すと、選択範囲の日付が変わります。

3.土日の区切りはいらない場合

曜日をフィルタリングし、土日だけを抜き出します。

土日の日付区切りの「月日」と「曜」を削除します(Delete)。

フィルタリングを解除し、並び替えを行います。土日の日付区切りだった行は自動で消えます。

(TaskChuteのダウンロードはこちらから)

会社は大人の遊園地だ!「20代は勉強に狂いなさい!/中島孝志」前のページ

新入社員におすすめの本がセール中なので、6冊紹介します次のページ

関連記事

  1. TaskChute

    TaskChute2から13ヶ月分のログを消したら動作が速くなりました

    タイトルのまんまなのですが、2011年11月~2012年12月の間の1…

  2. TaskChute

    TaskChute2のコメント機能は「感情の受け口」として良い

    実はTaskChute2のコメント機能については、実装当初は否定的な立…

  3. TaskChute

    TaskChuteで昨日の作業記録(ログ)を見るにはCtrl+↓を押す

    TaskChuteを使っていて、「昨日の作業記録(ログ)が見たい」と思…

  4. TaskChute

    プライベートでもTaskChuteを使ってみる

    プライベートにもTaskChuteを取り入れてみるという提案Tas…

  5. TaskChute

    279「わずかな自由時間に集中するためにルーチンを把握する」

    シゴタノ! ―    人生の「ルーチン」…

SPONSORED LINK




はま




会社員/心理セラピスト&ライフコーチ/文筆家/ゲーマー

詳細なプロフィール・連絡先はこちらTaskChute情報

Amazonのほしいものリストを公開中です。

はまへの支援物資リスト

PAGE TOP