Evernote

Evernoteを1年使った私の5つの変化

2011年4月2日でEvernoteを使い始めて1年になりました。4月2日の時点のノート数は2849。ここでEvernoteを使い始めてから私に起こった変化を考えてみたところ、次の5つがあがってきました。
1.アウトプットが盛んになった。
2.やりたいことができるようになった。
3.こまめに作業を記録するようになった。
4.資料を探す時間が短くなった。
5.感情を制御しやすくなった。
1.アウトプットが盛んになった。
これは「思いついたアイデアを失うことがないので積極的にアイデアを出す」という循環と、「たくさん集めた分たくさんアウトプットをする」ようになったということです。
思いついたアイデアをEvernoteに保存しておくと、検索で「何度でも」「好きなとき」にそのアイデアと出会えます。これを知っているから、アイデアを忘れる心配をせず、楽しくアイデアを出せるようになります。
これは穴の開いた袋で収集品をこぼしながら集めていた状態から、Evernoteという便利な収納ケースに収集品を貯めこんでいく楽しみを覚えた段階ですね。
そして、いざアウトプットするときにはその貯めこんだ収集品をどんどん使っていけるため、アウトプットが増えたということです。
2.やりたいことができるようになった。
Evernoteを使い始めてから、ずっとやりたいと思っていた家の片付けを実行し、ランニングを始め、5年後の旅行の計画もできるようになりました。また、休日にはスマートに買い物と食事ができるようになりました。
これもEvernoteに「やりたいこと」の計画や記録が残っているおかげです。
やれる時間が限られている場合でも、途中の記録が残っていれば再開/継続しやすいですし、実行が「いつか」であったとしても、準備だけしておけばそのチャンスにすぐに動き出せます。
そして、「こういう記録が残っていれば作業は再開できる」と脳が覚えたことで、やっかいな仕事のとりかかりのハードルが下がり、こなせる仕事の量も増えました。
3.こまめに作業を記録するようになった
これは、「作業をしたら記録をとる→何かあれば過去の記録を参照する→見つかる→作業が効率よく進む→だからまた記録をとる」という循環によるものですね。
具体例としては、「実験条件や実験時の気づきをEvernoteにメモしておく→報告書を書くときにすぐ参照できる。」「イベント参加時には準備したことやモノを記録しておく→次に同様のイベントに参加するときの準備が速い。」などです。
私はEvernoteを使うことで記録することの大切さを知りました。作業記録は「たまにしかない作業」などで特に役に立っています。
4.資料を探す時間が短くなった。
一度見た資料や情報はEvernoteに記憶させるようにしているので、また見たいときには検索ですぐ見つけ出すことができ、資料を探す時間が短くなりました。また、紙の資料がほぼ無くなりました。その結果、行動できる時間とスペースが増えました。
一度見た情報をWEBからさがすには情報が膨大すぎるときがありますし、自分のパソコンからさがすにはpdfや画像内のテキストまで検索してくれないので不便です。Evernoteは欲しい情報をピンポイントで探し出せる可能性が高いところが良いですね。
5.感情を制御しやすくなった。
不安なときや怒っているときなどは、普段通りに思考することが困難です。そうした状態で行動してトラブルを起こさないためにも、私は平常心を取り戻すためのトリガーリストをEvernoteに常備してあります。
トリガーリストだけではなく、見るだけで楽しい気分になれる画像などを保存した「HAPPY」という名前のノートブックもあったりします。これには、大好きな柴犬の画像や、誰かからいただいた褒め言葉といった厳選されたポジティブ素材を詰めてあります。見ると本当に元気になります。
編集後記
ちなみに私はプレミアムにアップグレードしています。1日あたり10円程度のコストでこれだけ快適な生活を送れるのですから大満足です。
この記事が「Evernoteを始める人」や「Evernoteの使い方に迷っている人」の参考になればうれしいな~と思います。また、すでに自分なりのEvernoteの使い方をもっている人であれば、@Surf_Fishに「そういうのあるある!」とかリプライしてくれるととても喜ぶと思います!

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

関連記事

  1. Evernote

    子持ちサラリーマンがEvernoteでGTDを継続するために行っているたった1つのこと

    子持ちサラリーマンの私がEvernoteでGTDを継続するために行って…

  2. Evernote

    【連載17:Evernote-タスク管理】レビューでストレスフリーを維持する(その2)

    この連載で最初にレビューについて説明してから、ノートブックや整理の仕組…

  3. Evernote

    【連載15:Evernote-タスク管理】ダブルインボックスシステムの概要

    ダブルインボックスシステムとは、Inboxを2つ用意しておき、…

  4. Blog運営

    仕事と育児をしつつ1日30分でブログを更新するためにしていること

    1記事の執筆にかける時間はだいたい20~60分のはま(@Surf_Fi…

  5. Evernote

    【連載12:Evernote-タスク管理】タスク実行時に見る資料の管理方法

    これまで、本連載ではタスクの管理方法について重点的に説明してきましたが…

SPONSORED LINK




はま中しょうご




人間セラピスト。会社員兼作家。作業効率化、タスク管理、時間管理のプロでもあります。
モットーは「現実はいつも甘くて美しい」。詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。仕事に悩める会社員へ。

会社員のための究極のタスク管理 「君ならまかせて安心」と言われる仕事術/浜中省吾

Amazonのほしい物リストを公開中です。超感謝します。

贈り主にはまが毎日感謝するリスト

ブログで紹介したもの


↓私が愛用しているタスク管理ツールです!無料版もあります!

  1. TaskChute

    TaskChuteの高速操作についてかなり詳しく説明してみた
  2. 書籍紹介

    お金を払ってでも人に読ませたい本
  3. 育児

    多少なめられたとしても私が娘を怒鳴らない理由
  4. イベントレポート

    一生に一度立ち会えるかどうか!「仏前式」に参加してきました!
  5. TaskChute

    275「すでに書かれている」という安心感
PAGE TOP