ライフハック

2分ルールでストレスを減らす

2分ルールとは「やるべきことを思いついたとき、それが2分以内に終わることであればすぐにやる」というルールです。

GTDを実践されている方ならおなじみのルールですね。

2分ルールを導入するとストレスが減るというのは主に2つの理由があります。

(1)気になることが片付くのですっきりする。
(2)やるかどうかを迷わなくて済むのですっきりする。

1.片付くのですっきりする。

「気になることがある」という状態は、多かれ少なかれ心にストレスを抱えた状態です。

なぜかはわからないけど集中できない、心に余裕がない、といった精神状態はいくつかの「小さな気になること」によって起こっていることがあります。

ここでいう「小さな気になること」というのは、

・机の上が少し散らかっている。
・ゴミが1つ床に転がっている。
・携帯メールの返信をしていない。

とか、その程度のことです。これらに気がついたとき、2分ルールですぐに片付けてしまいましょう。

そうすると「気になること」を処理した満足感が得られるだけでなく、「気になること」に使っていた心のリソースも回収できるので、思いの外気持ちがすっきりします。

あとは2分ルールで得た「モチベーション」と回収した「心の余裕」を「大きな気になること」に注ぎ込めばよいのです。

2.迷わなくて済むのですっきりする。

何かを決めようとして迷い、精神的に疲れたことってありませんか?

あまりにもたくさんのやるべきことが目についたとき、どこから手をつけて良いのかを迷い始めると、行動を起こす前から疲れてしまいます。

しかし、2分ルールに基づいて行動すると決めていれば、すぐに行動を起こすことができます。

迷うことで物事が停滞し、自分自身も疲弊してしまうぐらいなら、2分以内にできるところから片付けてしまいましょう。

そうすれば物事は確実に進み、見えていなかった景色も見えてきます。

タスクの細分化にも役立つ

2分ルールを意識することはタスクの細分化にも役立ちます。

「机の上を片付ける」では2分以内に終わりそうにないですが、

・空のコーヒーカップを片付ける
・出しっ放しの資料を引き出しに戻す

などのように細分化すれば、2分で終わるタスクになりますね。

編集後記

2分ルールを導入して数ヶ月が経ちますが、大げさに言うならば生活が変わりました。

特に実感するのは掃除や片付けです。これに関しては「日刊はま」の方で書いています。
2分ルールってすごく生活を変えると思うんだ – 日刊はま

関連記事

  1. ライフハック

    ハードルの高さは自分の調子に合わせてください

    "結局「こんなに沢山できっこない」と二の足を踏み、結局予定に入ってい…

  2. ライフハック

    ToDoリストで「待ち」タスクを区別する方法・改

    以前、Evernoteでタスク管理をする方法まとめの連載記事の中で、待…

  3. ライフハック

    よく打ち間違える単語は間違ったまま単語登録する

    「よく打ち間違えているなぁ」そう思う単語があったなら、打ち間違…

  4. ライフハック

    270良いものを使うと毎日が楽しい

    むむむ… 街のパン屋さんで買ったちょっと高い食パンがめっちゃうまい。…

  5. ライフハック

    土日に休むためにメンテナンス的ルーチンの見直しをしてみた

    以前、休みを残務処理に当ててはいけないという記事を書きました。今日はそ…

  6. ライフハック

    361 私の読書のこだわり(その1)

    ああ、もう11月のことでしたか。JMさんからこの企画のお誘いを受けたの…

SPONSORED LINK




はま




化学系、会社員、文筆家、趣味で深層心理学のカウンセラーをやったりもしています。

詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。

Amazonのほしいものリストを公開中です。

はまへの支援物資リスト

PAGE TOP