記念

振り返りの素晴らしさを感じた2011年37週のまとめ

p0912.jpg
2011年37週の振り返りまとめ
Twitterに何かをつぶやく気力が全く無くなるぐらいにこの週は仕事漬けで過ごしていたのですが、振り返ってみるといろいろと良いこと、楽しいことがあったようです。
多分こうして1週間の振り返りを行わなければ、この1週間がなかなか素晴らしかったことを認識できなかったと思います。今回の振り返りは、1週間の振り返りの良さをすごく実感できました。
毎日記事や日記を書いている方は、1週間に1度自分のアウトプットを見返してみてはどうでしょうか!
日刊の振り返り
この猫画像は特にかわいいなーと思うものは★をつけてみました!
192ソフトボールの試合日でした – 日刊はま
久々に運動をしたのですが、思いの外体をうまく動かせて楽しかったです。筋肉痛も軽く済んだのでうれしい。
193久々にEvernoteJPに紹介されました! – 日刊はま
これは本当にうれしかった!こういうのがあると、Evernote関連の記事をまた書きたくなっちゃいますね~
194「シゴタノ!―すぐに片づく部屋に変えるための3つの条件」は良記事 – 日刊はま
日刊ではだいたい「この記事を読んでこう思った」という形式の記事紹介が多いのですが、今回紹介した記事は本当に良いと思ったので、この記事の何が良いのかを語る内容になりました。
195何これかわいい! – 日刊はま
yuka-hiyoko.jpg
いやー親ばか記事です。でもこれを見たとき本当にかわいいと思ったもんで、迷わず日刊の記事にしちゃいました!(日刊は基本的にその日一番グッときたことを書いてます。)
196ブロガー名刺作成中です – 日刊はま
たった一度の普通の名古屋オフに参加表明したので、それをきっかけにブログ名刺作成にやっと着手しました。手をつけるまでは面倒臭がってたけれど、やりはじめるとワクワクしてきますね~!
197「issue」を意識する – 日刊はま
「手を抜く」のと「最短ルートを行く」のは違うものだと思うんですよ。仕事を効率化するにあたって、そのへんの認識が違ってくると全然違う結果になると思います。
198いろいろ済ませた週末って楽しいよね – 日刊はま
久しぶりの日常系記事。でもそれだけこの日の生活が充実していたってことなんですよ。なんせ私の日刊はその日一番グッと来たことをテーマにしてますから!

関連記事

  1. 記念

    Tipsが多めだった2011年38週のまとめ

    1週間の振り返り出勤日数はたった3日間だったのですが、業務がなかな…

  2. 記念

    はまラボ2周年!ブログ2年目のトピックスベスト3などまとめてみました!

    はまラボは本日で2周年となります!2010年12月19日にブロ…

  3. 記念

    はまラボ3周年!振り返ると大きな変化が3つありました!

    2013年12月19日で、FC2ブログで更新していた「化学系メーカー研…

  4. 記念

    化メ研2011年11月の振り返り

    ブログ関係の数値記録・記事エントリー数:14(先月比+4、過去最高:…

  5. 記念

    ブログは「海釣り」、ゲームは「釣り堀」

    ブログもゲームも両方やってますが、両者を楽しい趣味としてみた場合に、今…

  6. 記念

    化メ研2011年12月の振り返り

    ちょっと遅れてしまいましたが、2011年の12月の振り返りを行います!…

SPONSORED LINK




はま中しょうご




セラピスト。32歳からの人生の生き直し1年生。一児の父、化学研究者、ビジネス書作家、セミナー講師、聴覚障害者、抑うつ性神経症患者でもある。

セラピストとして多くの人達の人生のサポーターをしています。モットーは「現実はいつも甘くて美しい」。

詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。仕事に悩める会社員へ。

Amazonのほしいものリストを公開中です。

はまへの支援物資リスト

ブログで紹介したもの など


仮想通貨口座はbitflyerbitbankcoincheckを主に使用中。 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

↓私も購読中の1分で読める仮想通貨速報(LINE@) CoinPicks
こちらの画像からLINE@の登録リンクに飛べます。

↓私が毎日使っているタスク管理ツールです。 TaskChute
高機能の有料版と、体験用の無料版があります。

↓私も参加している有料オンラインサロンです。 LifeEngine
諦めきれない夢を追う同志が集い、日々語らっています。毎月講師を読んでのオンライン学習や、月末のオフライン定例会、不定期で合宿なども行っています。参加者の自発イベントでの交流も活発です。メンバー約60名。
PAGE TOP