ライフハック

まず問題意識を共有する-妻にEvernoteを受け入れてもらえた理由


元々、うちでは買い物は私の役割でした。しかし、最近はネットスーパーを利用して妻が買い物をするようになったので、買い物はほとんど妻の役割になりました。
「何か、他に買っておくものはない?」
最近妻からよく聞かれるようになった言葉です。私は昔からEvernoteに「次に買うべき消耗品リスト」を作成していますので、聞かれたときはそれを参照しながら答えていました。
きのう、ふと気がついたのです。今、自分と妻は「買い物を効率化したい」という同じ問題意識を持っていることに。
そこで私は、私のEvernoteの「次に買うべき消耗品リスト」を二人で共有することを提案しました。(私のすすめで妻にもEvernoteのプレミアムアカウントを持たせています。)
私の提案を妻も快く受け入れてくれました。その結果が冒頭のツイートなのです。
1.問題意識が共有されていない状態で提案していたら?
もし、買い物が私の役割のままで、「買い物を効率化したい」という意識が妻になかったとしたら、おそらくこの提案は「面倒くさい」の一言で一蹴されていたことでしょう。
今回、買い物リストを夫婦で共有するという私の提案を受け入れてもらえた背景には、この「問題意識の共有」の要因が大きいと思います。
2.まとめ
人に何かを提案するときは「ツール・方法」ありきではなく、「問題意識の共有」から始める。そうすることで提案を受け入れてもらいやすくなる。
よく言われることですが、今回良い実例を体験したのでシェアしてみました。
今日の猫ちゃん
p0323.jpg

これは楽しいおもちゃだ!「自動掃除機ルンバ」を使ってみた!前のページ

お皿にクッキングペーパーを乗せると片付けが楽です次のページ

関連記事

  1. ライフハック

    ハードルの高さは自分の調子に合わせてください

    "結局「こんなに沢山できっこない」と二の足を踏み、結局予定に入ってい…

  2. ライフハック

    冬のお風呂あがりを暖かく過ごすたった1つの工夫

    それは「浴室で体をふいてから出る」です。showering d…

  3. ライフハック

    341 日常にも型(スタイル)を持ち込む

    決まりごとやルールが定まっていない分野に関しては、自分なりの型(スタイ…

  4. モノログ

    シゴタノ!さんの「マンガでわかるスピードハックス」のおすすめポイント3つ

    マンガでわかるスピードハックスあの「スピードハックス仕事術」がマン…

  5. ライフハック

    メール効率化講座を始めた理由:現場の人間は仕事術どころじゃない

    メール効率化講座全7回のまとめアシタノレシピで連載していた「メール…

  6. ライフハック

    [Lifehack][連絡]やらないことを決めたら宣言する

    「突然ですが、仕事の方に注力したいので1週間ほどブログの更新を停止しま…

SPONSORED LINK




はま




会社員/心理セラピスト&ライフコーチ/文筆家/ゲーマー

詳細なプロフィール・連絡先はこちらTaskChute情報


↓著書です。

Amazonのほしいものリストを公開中です。

はまへの支援物資リスト

PAGE TOP