Evernote

【連載13:Evernote-タスク管理】日常的に見る資料の管理方法

【連載12:Evernote-タスク管理】タスク実行時に見る資料の管理方法

前回の記事では、タスク実行時に見る「特定の資料」をノートリンクで管理するという話でした。

今回は、「日常的に見る資料」の管理方法について説明します。


photo credit: joe.ross via photo pin cc
すべての連載記事を見るならこちら→Evernoteでタスク管理

1.資料管理における2つの資料分類のおさらい

前回、資料は大きく2つに分類されることを説明しました。

・タスク実行時に見る「特定の資料」
・電話帳、アドレス帳などの「日常的に見る資料」

今回説明するのは「日常的に見る資料」の管理方法についてです。

2.「日常的に見る資料」の2つの管理方法

日常的に見る資料の管理方法としては、2つの方法が考えられます。

1つは「専用のノートブックをつくる」方法であり、もう1つは「お気に入りバーに登録する」方法です。

2.1.専用のノートブックをつくる

専用のノートブックに入れておくことで、そのノートブックを開けば効率良く資料を見つけることができます。

検索で見つけることに対して有利な点は次の2つです。

・視覚的に見つけられる
・検索ノイズが減る

なお、「よく見る資料」のノートブックに入る資料は、実績に基づく「よく見る」であるべきです。

「よく見そう」という予想段階の資料を入れることはおすすめしません。

2.2.お気に入りバーに登録する

Evernote for Windows アップデート: お気に入りバー登場

2012年9月時点ではまだまだ不具合が多いこの機能ですが、正常に働いてくれるときは本当に便利です。

よく見る「ノートブック」、よく見る「ノート(資料)」、よく見る「保存された検索」などを登録しておけば、即座にアクセスが可能です。(詳細は↑の公式記事を参照ください)

もし正常に動作しない不具合が生じたときはこちらの記事を参考ください。
Evernoteのブックマークバーの整理/削除の方法

3.まとめ

・日常的に見る資料は「よく見る資料」ノートブックにいれる
・あるいは「お気に入りバー」に登録しておく

関連記事

  1. Evernote

    【連載8:Evernote-タスク管理】今すぐやらなくてもいいタスクの取り扱い

    【連載7:Evernote-タスク管理】返事待ちのタスクをどう管理する…

  2. Evernote

    GTD(タスク管理)との出会い(2)EvernoteをGTD仕様に

    GTD(タスク管理)との出会い(1)挫折からはじまる | 化学系メーカ…

  3. Evernote

    【連載15:Evernote-タスク管理】ダブルインボックスシステムの概要

    ダブルインボックスシステムとは、Inboxを2つ用意しておき、…

  4. Evernote

    第3回 @Surf_Fish(Hama73)のノートブック晒し

    @rashita2さんのブログ企画に参加させていただきます。R-st…

  5. Evernote

    Evernote全ユーザーのパスワードがリセットされたようです

    日曜日はいろんな意味で驚いたEvernoteユーザーが多かったとおもい…

  6. Blog企画

    Re:Evernoteの整理好きに聞きたい3つのこと

    R-style » Evernoteの整理好きに聞きたい3つのこと…

SPONSORED LINK




はま中しょうご




化学研究者、ビジネス書作家、セミナー講師、セラピスト修行中、聴覚障害者、抑うつ性神経症患者でもある。

モットーは「現実はいつも甘くて美しい」。

詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。仕事に悩める会社員へ。

Amazonのほしいものリストを公開中です。

はまへの支援物資リスト

ブログで紹介したもの など


仮想通貨口座はbitflyerbitbankcoincheckを主に使用中。 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

↓私も購読中の1分で読める仮想通貨速報(LINE@) CoinPicks
こちらの画像からLINE@の登録リンクに飛べます。

↓私が毎日使っているタスク管理ツールです。 TaskChute
高機能の有料版と、体験用の無料版があります。

↓私も参加している有料オンラインサロンです。 LifeEngine
諦めきれない夢を追う同志が集い、日々語らっています。毎月講師を読んでのオンライン学習や、月末のオフライン定例会、不定期で合宿なども行っています。参加者の自発イベントでの交流も活発です。メンバー約60名。
PAGE TOP