Evernoteにリマインダ設置!RTMを連携した@neunz19 の使用例

Pocket

ブログを書き始めて約2ヶ月の新米ブロガー、neunzehn(@neunz19)と申します。「流れるような一日を」というブログを運営しています。

はまさんの企画の募集項目の一つに「Remember The Milk」があったので、思い切って寄稿してみることにしました。(以後、「Remember The Milk」は「RTM」と略します)

これまでに寄稿された方の記事は「Evernote→タスク管理ツール」という観点の記事が多かった印象ですが、私は実行フェーズ寄りの「タスク管理ツール→Evernote」という切り口を紹介します。

紹介する内容はシンプルで「タスクからノートを呼び出す」というものです。

1.RTMとEvernoteを組み合わせる利点

(1)RTMでタスクを探す方がEvernoteで探すより早い

Evernote単独で目的のノートを探そうと思うと、ノートの置き場所を工夫するか、検索を行う必要があります。

一方、RTMではコンテキストや日時でタスクを絞り込んでおけるので、目的のタスク=ノートをすぐに見つけることができます

(2)適切なタイミングでノートをリマインドできる

Evernote単独ではノートをリマインドしてくれるような仕組みはありませんが、ノートリンクで繋ぐことによってRTMのリマインド機能でEvernoteをリマインドできる、という形になります。

これはタスクの参考情報としてのノート、という捉え方でなく、ノートをリマインドするためにタスクを用意する、という考え方です。

2.Evernoteのノートリンクを活用する利点

タスクとノートをノートリンクで繋げてあれば、タスクであれノートであれどちらかに改変を加えても、タスク・ノート間の結合が保たれます。

タスク名やノートタイトルは目に付きやすいところなので、変えたいときにすぐ変えられるのはストレスフリーに繋がります。

3.具体的な手順

やることは、Evernoteのノートリンクを取得して、RTMのタスクの「URL」欄にペーストする、これだけです。

これによりURL欄がノートへのリンクになり、クリックするとWindowsやAndroidのEvernoteクライアントでノートが開けるようになります。

Evernote側の便利な設定

ノートリンクを開いたとき、Evernoteの設定がデフォルトのままだと、ノート参照画面が強制的にリンクしていたノートと入れ替わってしまいます。

新しいウィンドウでノートが開く方が便利だと思うので、はまさんのこの記事「[Evernote]ノートリンクのヘビーユーザーにうれしい機能が追加されたようです(はまラボ)」を読んで設定を変更しておくと良いと思います。

4.RTMとEvernoteの連携によるタスク実行の具体例

では、私の活用例をいくつかご紹介します。

(1)保育園かばんの準備チェックリストを呼び出す

見てのとおり、保育園かばんに入れるもののチェックリストです。適切な時間にリマインドさせると忘れ物が無くなります。

(2)トラブル対応の記録をEvernoteに記録する

解決したい事柄をタスクに登録、同時に同名のノートタイトルのノートを作成し、そのノートリンクを貼り付けておきます。

また、タスクには、「パソコン」「スマホ」等のコンテキストをタグで設定しておき、時間のあるときに調査を進めます。

例)PhraseExpressにて..で:が変換されない件

PhraseExpressというツールが思うような動作をしてくれなかったことのノートです。

なお、この問題は最終的に解決に至り、その鍵になった情報もこのノートに残してありました。

この(2)のやり方のメリットは、

・コンテキストに沿った作業ができること
・複数回に分けて調査をしても、調査結果がバラバラに散らばってしまわないこと

特に後者は、ついつい調査の度ごとに新規ノートを作って書き散らかしてしまいがちですが、それを防ぐことができます。

(3)作業の拠点ノートを作っておきすぐに作業にとりかかる

週イチ、月イチ程度のスパンが空いてしまう作業で、ある程度の複雑さを伴う作業は、拠点となるまとめノートを作っておくと便利です。

作業に使うアプリがあれば、そのショートカットを貼り付けておくと作業にスピーディーに取りかかれます。

例)家計簿入力 週次

私は月曜日の夕方に、先週一週間分の家計簿入力をしています。

この作業を快適に実行するために用意しているのがこのノートです。

4.と5.は未来の自分用メモです。

タイムリーなところでは、お歳暮の記録や親戚の子供達に渡すお年玉の額、年賀状プロジェクトの全体の流れなどをまとめておく来年の今頃(12月)に助かるのではないかと思います。

4.まとめ

では、この寄稿記事のまとめです。
・タスクと紐付けておくと、ノートを探すのが楽になる
・タスクとノートが繋がれば、ノートににリマインダが付けられるのと同じこと
・ノートリンクで繋いでおけば、柔軟な運用ができる
・ノートリンクをURLに貼るだけで、タスクからEvernoteのノートを呼び出せる
・具体例1)チェックリストをリマインド
・具体例2)トラブル対応の記録を上手に残す
・具体例3)作業の拠点ノートを作っておき、スピーディーにとりかかる

注意点

今回紹介した方法はノートリンクが切れると機能しなくなります。

ノートリンクの結合が切れるパターンとしては、「ノートの削除」をしてしまうとリンク切れになります。

リンクするようなノート=使う予定のあるノートをゴミ箱に入れることはそうそう無いと思いますが、うっかりやってしまうのがノートの「マージ」です。

ノートの「マージ」を行うと古いノートはゴミ箱へ入り、新しいノートが作成されてノートリンクも新規に生成されるため、リンク切れの原因となります(参考記事:[Evernote]マージのデメリット(流れるような一日を))。

また、同期ノートブックからローカルノートブックにノートの移動をした場合にもノートリンクが切れます。(Evernote無料ユーザーなら絶対知っておくべきローカルノートブック機能(はまラボ)

5.編集後記

実ははまラボへの寄稿は2回目です。

一度目は飛び込み寄稿とでも言うべき寄稿で、はまラボのフリードの記事(10年前のフィットからフリードに乗り換えて感動した2つの機能)のコメント欄に、スパムフィルターにひっかかるような長文のハックを送信し、はまさんがそれを加工して記事にしてくれたのでした(Honda車ユーザーなら移動記録を自動で残せるかも!インターナビの「eco情報」がポイント!)。

今となっては思い切ったことをしたものだと思いますが、それをきっかけに自分でもブログを書くようになり、いろいろな出会いにも恵まれました。良い思い出です。

最後に、記事の中でよくわからなかった部分があれば、Twitter等で尋ねて下さい。できるだけわかるように努力します。お気軽にどうぞ。

関連リンク:[RTM]Evernoteにリマインダ設置!で削った部分を寄せ集めてみました。 – 流れるような一日を


Author : neunzehn(@neunz19
blog : 「流れるような一日を

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント 停止中